PCR検査について

最近では、新型コロナウイルスの軽症者には「PCR検査」を行わないなどというよく意味のわからない風潮になっている。

風邪をひいてしまったら、なにはともあれPCR検査で陽性かどうか調べないと感染拡大するじゃないかと思うのが普通の感情である。

専門家は国民がパニックになるからとか、色々問題があるからなどと言っているが実はちがうのだ。

 

そもそもPCR検査というのは遺伝子の検査であり、同じような遺伝子をもった親戚連中も全部検出してしまう。

つまり「新型コロナウイルス」も「土着(もともとあった)のコロナウイルス」のどちらも検出されて「陽性」になるということだ。

WHY NOT?

そんな検査で陽性かどうかを判別していたなんて驚きである。

 

コロナウイルス、アデノウイルス、ライノウイルスといった土着のウイルスに感染する日本人は年間で1000万人。

割合的に、土着のコロナウイルス感染者は400万人もいるのだ。

ちなみにインフルエンザウイルスもおなじく1000万人。

なので、PCR検査で陽性が出たからあわてて入院させられたものの、ちょっとした熱や鼻水しか出ずに退院する人があとを断たない。

なぜなら、新型コロナウイルスの1000倍ちかい土着のコロナウイルス感染者がいるのだからそうなるのもうなずける。

そう考えると、本当の新型コロナの感染者は、現在の患者数9000人中、何人いるのだろうか。

おそらく半分もいないのではないだろうか。

もし半分だと見積もれば、新型コロナの感染者数は4500人。

インフルエンザの感染者は1日で80000人。年間で1000万人。

うーん。これはどう考えても感染する確率は低いような気がする。

しかも今年はインフルエンザも含めた風邪の病気で亡くなる死亡者数は、国民が新型コロナを警戒したおかげで、平均10000人から大幅に減って4000人前後になる予想だ。

コロナで死ぬ患者は多くて400人くらいだろうから結果的には総死亡者数は激減する。

なぜなのかはわからないがコロナのおかげで大勢の命が助かったことになる。

 

日本は自粛をしたことで感染者は増えたという事実もある。

自粛をする前の1日の感染者数は50名前後だったのが、学校閉鎖を行なった直後からグッと増えた。

非常事態宣言を出した後からはなんと10倍の500人に増えたのだ。

これはどう考えても、日本人にとって自粛は必要がないという事実である。

自粛をしていなければ、もっと感染者が増えていたと言う人がいるだろう。

しかし世界を見渡してみると、都市封鎖をした国では感染者が増えて、しなかった国は増えないという事実もあり、

衛生観念がしっかりしていない不潔な国では都市封鎖が効果がある場合もあると言われてはいるが、日本のように清潔な国に自粛なんて必要ないのだ。

 

他にもテレビでは報道しないことをあげてみよう。

SARSが世界中で大流行したときには日本人感染者数ゼロだったことからわかるように、渡り鳥を介して中国からやってくるウイルスにはもともと強い民族である。

新型だから危ないなんてテレビなんかで言っているが、これまで流行ってきたインフルエンザも鳥インフルエンザもSARSもMARSも元々は全て新型である。

武漢の研究所で開発されて間違って流出した可能性が高い。

新型コロナの遺伝子の中にはエイズの遺伝子も入っているなんて言われているけれど、調べてみるとエイズウイルスのどうでもいい部分が入れられている。

実際には軽症の人が大勢いて、回復者も大勢いる。

インフルエンザでは子供が20%死ぬが、コロナの場合は70代以上、もしくは免疫力がない持病を抱えた人しか死んでいない。

4月に入り、昼間の時間が長くなってきて(ウイルスは温度や湿度だけでなく日光にも弱い)ウイルス自体の活動も弱まってきている。

感染者数は「爆発的」には増えていない。なぜならインフルエンザの場合は感染者が週に50万人くらいになると厚生省は「注意報」を出すからだ。

それだけの患者をさばいてきた日本の医療機関は、日に500人くらいの患者数の増加で医療崩壊などありえない。

 

そういえば、こんなことを言う人たちもいる。

感染リスクがある医療に携わる人たちは大変だ。かかったら死んでしまうかもしれないのによくやってくれている。素晴らしい。日本の鏡だ。

それはそのとおりなのだが、それを言うのであれば、消防士だって一酸化中毒で死ぬかもしれない。

刑事だって流れ弾に当たって死ぬかもしれない。

自衛隊員だって訓練中に崖から落ちて死ぬかもしれない。

海猿だって船のプロペラに巻き込まれて死ぬかもしれない。

つまり「専門職」というのはいつだって仕事中に死ぬ確率があるわけだし、その確率は誰にもわからないのだ。

リスクがあるから専門職なのであって、そのリスクを負うのが嫌な人は普通の仕事につけばいいだけのことである。

 

福岡県の感染者数はたったの530人。福岡県の人口は510万人。

本物の新型コロナ患者は200人もいないかもしれない。

では、新型コロナウイルスをもらって重症になろうと思った場合のシュミレーションをしてみよう。

まずは、どこに新型コロナのウイルス患者がいるのかを調べないといけない。

病院にはまず間違いなくいると思うので、その関係の人を探し出す。

そして病院に向かう。

厳重に隔離されているので一般人は近づけない。

しかたがないので、その病院の壁やてすりを手当たり次第に触る。

トイレの壁をさわる。(今の気温でもおそらくウイルスは2日間くらいは生きている)

免疫力を下げておかなければ、かからないかもしれないし、軽症になるかもしれないので、睡眠不足で、大酒を飲み、過度な筋トレをして、食事の量を減らして、なおかつ薄着になって体温を下げておく必要もある。

なかなか大変。

 

国民が一斉に騙される背景にはテレビ(それに付随したネット)の視聴率を稼ごうという姿勢にある。

あきからかに嘘だとわかっていても平気で嘘をつく。

意図的に大袈裟な言い回しに変えて脅そうとする。

深刻そうな顔でアナウンサーがしゃべる。

同じことを何度も繰り返し放送する。

通常では使わないデータをもってきて説明する。

すべては国民を脅して、広告費を稼ぎ、販売部数を伸ばそうとする経営戦略なのである。

人間はネカティブなことに、ポジティブの7倍反応するようにできていることも彼らは知っている。

 

日本人に限らず、人間というのは「事実を簡単には認められない生き物」だと言われている。

それは人間の頭脳に欠陥があるからで、どれだけ事実が出揃っていても「納得できる理由がないと納得できない」のだ。

(たとえば、癌患者に癌を告知をすると納得するまでに平均で1ヶ月かかる)

ちなみに僕は並み外れた柔軟性を備えているので、事実を知った瞬間にその事実を完璧に認める。

なんでそうなるのか、なんてことは関係ない。

いい意味でのあきらめというか、ひらきなおりがいいとでもいうのだろうか。

だって人間が考えることには限界があるのだし、それが事実ならさっさと認めた方がいい。

 

事実としてはコロナに恐れることなんてなにひとつとしてないが、日本は民主主義の国だ。

大勢の意見に従うのが民主主義のやり方なので、マスクをしたり、業種によっては短縮営業に変えたり、休業にする必要があるにはある。

ただダイビングという業種はそういった部類に属さないので普通に営業しているだけだ。

そういえば、ほとんどのダイビングショップが5月6日まで自粛に入ったけれど、サンライズはいつも通りぼちぼち営業していきます。

どうせ5月6日まで自粛してもじわじわと感染者は増えていくだろうしね。

 

 

RIO