プール講習。

こんにちは。

RIOです。

今日から、さわでぃーかっぷやめました。

日本人として、日本語で行こうと決めました。

今日は、ヨガTTの模擬レッスンと公開レッスンで、
同じ仲間ががんばってました。

緊張とプレッシャーでいつもの様にいかなかったかもしれないけど、
テンパッた数だけ、人は成長するので、どんどんテンパッたらいいと思います。

そして、反省しない。

反省しないで、失敗を面白がっていれば、自然と次のステージにいくので、
そしたら、なんだあんなことで緊張してた自分ってあほやんて思えるようになります。

それの繰り返しでいつの間にか結果もついてくるので、
まずは結果を求めず、面白がる。

そして、上手くいった自分、かっこよかった自分を面白がる。

成功した自分って、なんか素直に認めれないときあるけど、
それを受け入れる。

やっぱ自分ってすごいやん。

そんな風にすると、失敗も面白いし、
成功も面白い。

そんなことを思った今日一日。

そして、昨日はプール講習でした。

僕と同じ名前、中島親子。

このプールに中島3人。

親子なんだけど、なんか娘さんの方がお母さんみたいな雰囲気。

これは不思議。

ねっ?わかります?

左おかあさん、右むすめ。

ヨガから帰ってきてから、今日お店にアマゾンから届いていた本
「あのね、ママをプレゼントしてって、お願いしたんだ。生まれる前の記憶」
を読んでたら、その答えが書いてありました。

子供は生まれるときに、空からママのおなかから生まれることを決めて、
びゅーんってやってきて、胎児になるらしい。

生まれるときは、光のおじさんに名前や生まれる日、今度やることを全部勉強して、
記憶して、許可をもらわないと、生まれてこれないんだそうです。

そして、ほとんどがママを助ける為に生まれてくるんだって。

でも、ママと赤ちゃんは、前世では恋人同士だったり、戦争の仲間だったり、
兄弟だったり、どっちが上とか下とかないらしく、結局は空では全てつながって
同じところからくるし、光のおじさんもなんもかんもつながってるんだってよ。

しかも、赤ちゃんって時間の感覚がないから、
ママのおばあちゃんから生まれようか、ママから生まれようかとか
決めれるらしく、今回はママを助けようと思ってくるんだって。

なので、障害を持った子供も今回は障害を持ってみようと思って生まれてくるらしいよ。

魂になると、この苦しいとかきついとかそんなことも愛おしくなって、
味わいたくなるらしい。

すごいよね。

なので、サンライズTシャツに書いてる「WE ARE ALL ONE」=「全てはひとつ」

がこの本に書いてあったことにつながった。

ちなみに、お父さんはっていうと、ほとんど関係ないらしい、、、、。
ママから生まれるために、お父さんを利用してとか書いてあるから。

そんな、わけで中島親子はどんな学びを得るために、
サンライズに来て、中島に教えてもらってるんだろうね。

あたいは、首、肩がめっちゃいたくて、ヨガどころではないけど、
これも味わいたくてきてるんだろうね。

そんなことかんがえて生きると、何でも面白いよね。

生まれる前に、どんな人生になるか決めてても、ゴールはたくさんあるらしいので、
ゴールは自分で決めようっと。

RIO