ポスト

こんにちは  篠原さおりです。

今日は勤労感謝の日。

普段は土曜日もお仕事の人は、今日くらい良い休日を過ごしてほしいものです。

さて、今日はニュースで知った、あかちゃんポストならぬ「おさかなポスト」について書こうかなーと思います。

テレビ番組やニュースでも話題に上がる、外来種の増加。

外来種がどんどん増えて、もともとそこに住んでいた生きもの達が危険にさらされています。

外来種とは、本来その場所にいなかった生き物達のこと。

日本にもともといた生き物でも、環境の違う場所(その生き物が生息していない場所)に放されてしまえば外来種になってしまうのです。

外来種が増えていってしまった原因の多くは、人間が自分勝手に自然の中に放してしまったこと。

もともとは可愛いとペットとして買ってはみたものの、大きくなりすぎたり増えすぎたり・・・。

または住宅の事情なんかもあるかもしれません。

昔はたくさんいて、ワタシは家でも飼育したことのあるめだかでさえ現在は絶滅の危機にさらされています。

めだかが生きられる環境が減ってしまったこともありますが、外来魚が増えたことも大きな要因です。

めだかより大きな外来魚は小さな魚や幼魚、卵まで食べてしまいます。

自然の中での捕食は当たり前のことですが、外来魚が入ってきたことによってその場所の生態系が崩れてしまうのです。

本題の「おさかなポスト」は、多摩川に放流されそうだった金魚を引き取ったことから始まったそうです。

多摩川の生態系を心配していたそうで、外来種の増加を減らすことができればと「おさかなポスト」を作ったとのこと。

今ではさまざまな種類の生き物達がそこで暮らしています。

「おさかなポスト」の効果で、まわりの川では外来種が減っているそうです。

実際に効果が出ていて、素晴らしい活動だなぁと思いました。

今ペットを飼っている方も、これから飼おうかなと考えている方も飼い主としての責任を是非感じて大事に飼って欲しいですね。

今日は珍しく真面目なこと書いてみました!

文章ばかりになってしまいましたね。。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!!!