ライトのこと

さわでぃーかっぷ。

RIOかっぷ。

今日は水中ライトのことについて書いてみようと思います。

僕がダイビングを始めたころ、水中ライトといえばこれ。

ご存知東芝ライト。

長さは35センチで結構重くて、明るさはというと
今のLEDライトからすると、びっくりするほど、、、。
もちろんLEDじゃないので、黄色い光。

昔はこれが普通だったので、特に違和感はありませんでしたが、
どんどん進化して今ではびっくりするくらい明るいライトが登場して
きました。

SORAライトシリーズの最高ルーメン数はなんと4000!!

ちょっとでも光をみてしまうと目がチカチカして
かなり危険なライトです。

ていうか普通4000ルーメンのライトは水中でくらいしか
使う用途ないですので普通その辺には売ってないと思います。

これ使って夜潜ったら昼間の海に見えるはずです。
それはそれであじけないですが、
明るいライトの本当の目的はビデオ用です。

普通に写真撮るように照らすのであれば、500ルーメンもあれば充分です。

今、流行はナイトダイビングに使う蛍光発色ライト。

マスクにこのフィルターをつけて、ライトを照らすと

こんな風に見えます。

こんな風に景色が変わったら面白い!!
もちろん、カメラにこのフィルターつけると、このように撮れます。

周りが暗くて、魚が浮かびあがってくるので幻想的な写真
が簡単に撮れるわけです。

僕が今使っているライトは明るいですが、単3電池8本入れて
約1時間で切れます。

毎回、電池を買っていたらもったないのでエネループで充電。

めんどくさい。

もちろん、このライトは全部内臓バッテリーなので
充電簡単。

普通に使えてお手ごろでおすすめなのがこれ

明るさは700ルーメンあるし、付属のヘッド(別売り)を変えれば
蛍光発色ライトに早変わり!
自転車にも取り付け可能。もちろん完全防水。
ちなみに、普通水中ライトは陸上で使うと熱くなって壊れます。

お徳感満載のライトは今期おすすめ。

そんなわけでライトのご紹介でした。

それではまた。