6/25 雷雨を恐れながら呼子で前田さんとダイビング

ハローみなさん、ふーみんです。

今日は家康ポイントで潜りました。

唐津に来たのは、プールで素潜り講習があったためですが、その様子はまた明日RIO先生が書いてくれます。

 

そしてなんと、ファンダイブは僕だけ。

なので、前田さんと二人で潜るという贅沢満喫コースでした。超ラッキー!

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子

前田さんの後を追って、色々学ばせてもらおうと思っていたものの、

ただただ楽しませてもらったというオチ。

 

どんな風に楽しんだのか書いていきましょうかね。

 

まずは、エントリー直後に壁に張り付いていたオトシゴ。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子

小さめの個体で可愛かった。

最近オトシゴ見れていなかったので嬉しかった。

 

あなたはアナハゼに食べられない様に気を付けて生きていってね。。。

 

ウミウシ天国のようなイメージの家康ポイントですが、今の時期は魚も増えて見ごたえ十分。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子

イサキの群れに囲まれました。

 

しかり、見ごたえはいいんだけど、暗い。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子

軽くナイトダイビング気分が味わえるほどでした。

 

そんな暗い鉄柱のポイントは、少し前まであれだけたくさんいたトゲトゲウミウシは姿を消していました。

一匹もいないことはないと思いますので、また今後じっくり探せたらいいな。

目につくのはシロ、アオの普通種ばかり。

そしてその普通種を狙う肉食系のウミウシも。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子

捕食シーン好き二人で潜っているため、せっかくなのでじっくり観察することにしました。

シロウミウシが可哀想な気もするけれど、海の中で我々人間はよそ者ですからね。

 

シロウミウシを吸って、キヌハダウミウシの体内の血管みたいなところが白くなっていく姿が印象的でした。

恐らく、対象がアオウミウシだと青くなっていくのだろうな、と想像しながらの観察。

次また機会があれば観察してみたいものです。

 

しばらく捕食シーンを観察していて、横に目をやると…

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子

アッチッチタイム♡

なくなる命もあれば、盛んに子孫を残す行動も見ることができる。

こういうところがやはり非常に面白いなと思います。

 

アオウミウシもアッチッチ。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子 アオウミウシ 交接

接合部。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子 アオウミウシ 交接

こりゃまた。

イイモン見させてもらいました。

 

赤ちゃんのこぶし程の大きさのショウジョウウミウシも産卵中でした。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子 ショウジョウウミウシ

 

レアなウミウシは居ませんでしたが、夏っぽいウミウシも増えてきて、季節の変化を感じます。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子

色とりどり。

 

季節の変化と言えば、この時期はやはり、魚たちの繁殖行動。

ウミウシに負けず、魚たちも頑張っておりました。

 

岩場を見るとスズメダイの卵。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子 スズメダイの卵

オオスジイシモチの口内保育も。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子 オオスジイシモチ

なかなか内を開けてくれないのでじれったい思いをしながらの観察です。

卵を守らなければいけませんからね。

そう簡単に見せられるものではありません。

 

ニジギンポも貝殻の中で卵を守っていました。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子 ニジギンポ

可愛い顔。

 

生物の行動をゆっくり観察できてよい時間を過ごさせてもらいました。

ホームグラウンド志賀島の生物も活発に活動していることでしょう。

早くまた潜りたいですね。

 

という事で、今日も楽しいダイビング終わり。

最後はタコでお別れです。

 

タコかわいいな~。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子 タコ

タコを見るとふじこを思い出さずにはいられません。

 

前田さんは、タコと心を交わせるようになっているようです。

ダイブショップサンライズ 唐津 呼子 タコ

(ライト当てずに撮ったので分かりづらいですが…)

逃げ回っていたタコが前田さんの手で大人しくなりました。

 

前田さんはダイビング界のナウシカですね。

僕もいつかそんな風になれるように、海の生物に敬意を持ってダイビングを楽しみたいと思います。

 

それでは、また。

さようなら~。

 

P.S.

宝箱の中身が一新されたそうです。

銀宝箱がアツイそうです。チェケラです。