7/26 梅雨明け前の雷山へ

今日のブログは、日曜日の登山の様子です。

今回は、雨が降ったり止んだりの雷山に登りました。

雷山とえば、昔スキー場があった場所として知られていますが、千如寺大悲王院でも有名ですね。

 

小雨決行の我が登山隊ではカッパは必須です。

誰でも足が短く見えるタワレコイエロー雨がっぱ(コンバット所有)がよく似合っているまゆこんぐ。

今度からカッパを持ってきてね。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

こちらは、カンガルーひろこ。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

部長からルートの説明です。

ヤマップだけではなく、現地の地図も頭に入れておきます。

とてつもなく頼もしい。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

ブリーフィングを聞いたら、お揃いの赤い靴で出発です。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

まずはてくてくと両の足でアスファルトを歩きます。

最初のアスファルトは体が慣れていないので、案外きついものです。

毎回そう思います。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

川の横を歩くので、カニも歩いていました。

ダイブショップサンライズ 雷山

サワガニかな。

川のカニはさっぱりわかりません。

 

増水気味。

清賀の滝から流れてきているんでしょうか。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

開始20分で沢登りの雰囲気になってきました。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

川を濡れずに渡るには、70センチ以上の股下とバランス感覚が必要です。

どちらも持っていない人でも濡れない登山靴を履いてください。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

清賀の滝に到着しました。

ここまで思っていたよりも楽でした。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

この滝、大きくはないけれど、天然のミストが肌に心地いい。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

このあとは、滑り落ちたら助からない崖道を歩き、険しい山道をのぼっていきました。

のぼること2時間30分。標高955Mの山頂に着いてみるとそこは霧と風と雨の嵐でした。

ダイブショップサンライズ 雷山

ちなみに、ここに来るまでにひろしは2000キロカロリーほど消費していたのに対し、店長は1000キロカロリーくらいでした。

同じ山道を登っても、体重によってこんなに違うんですね。

 

誰もいない、なにも見えない山頂でお昼ご飯。

ダイブショップサンライズ 雷山

たっちゃんとトミーはこんなときでもアウトドアを忘れません。

椅子を広げて、お湯を沸かして、ラーメンやうどんを作って食べていました。

 

ここは長袖がないと結構寒かったです。

11月の終わりを思い出しました。

ダイブショップサンライズ 雷山

シェリーは富士山ビールで体を温めます。

 

いけたら、富士の山、井原山への縦走を考えていた部長でしたが、初心者を連れては危険と判断。

すぐに、下山を開始することにしました。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

下山ルートは登頂ルートの反対方向です。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

トゲトゲの草に覆われたぬるぬるの坂道を降りていくと、そこには草原が広がっていました。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

僕たちは、昔話に出てくる世界に放り込まれた気分でした。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

ダイブショップサンライズ 雷山

 

おそらく、ここは昔スキー場があったところだと思います。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

草原を抜けると、お揃いの登山靴(色違い)についた泥がすっかり落ちていました。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

バラバラ登山靴組の泥も落ちていたみたいです。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

糸島半島を一望できる展望台がありました。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

斜めに設置された天空の滑走路から一歩でも踏み外せば命はありません。

ダイブショップサンライズ 雷山

鳥になりたい。

 

アスファルトの登山道を下ると、閉業している雷山国際キャンプ場がありました。

廃屋のバンガローの中に25mプールがありました。

ダンサーインザダーク

ダイブショップサンライズ 雷山

これは入賞させたい一枚です。

誰が撮ったのかな。

 

そのあとは、グリコをしたり、石投げしたり、雨にふられたりしながら、仲良く下山。

 

雷(いかづち)神社のくすのきが見えてきました。

ダイブショップサンライズ 雷山

大きい木は大きいというだけで満足します。

色や形なんてどうでもいいんです。

そこに理屈も道理もありません。

 

せっかくなので、御参拝。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

ん??

ダイブショップサンライズ 雷山

 

 

そして、15時30分、351分で完全踏破。

疲労困憊していない片足ポーズ。

ダイブショップサンライズ 雷山

ひとつ残念だったのは、あやかちゃんのおばあちゃん姿は見れなかったこと。

 

そのあと、部長おすすめの千如寺大悲王院に行きました。

400円を払うと、像高463.6cm「木造十一面千手千眼観音立像」や500体の「羅漢像」なんかが見れます。

ダイブショップサンライズ 雷山

写真禁止なので詳しくはこちら

 

入り口付近は写真OK。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

今更ですが、あやかちゃんの肌の黒さが引き立っていました。

腕なんかもう長袖を着ているみたいに見えてしまいます。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

ぺたぺたと裸足で歩く木の床は、靴で縛られていた足には新鮮でした。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

ここに住んだら、なにか特別なことを思いつきそうな気がしました。

セミの鳴き声と香ばしい畳の匂いがそう思わせました。

天神の街は雑多すぎるんでしょうね。

50までにはなんとかしたいですね。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

僕はおにいに「もしも」のことがあったらいけないので、数珠を購入しました。

紫金石です。

ダイブショップサンライズ 雷山

8000円でした。

きちんとした数珠を買ったのは初めてです。

相場がいくらなのか知りませんけど、住職さん直々に勧めてくれたので間違いないと思います。

これで、安心しておにいの行く末を見守れます。

 

帰りにどしゃぶりのゲリラ豪雨に会いましたが、温泉に入ってすっきりしてから、家路につきました。

正確には部長たちと小さな打ち上げをしてから帰りました。

ダイブショップサンライズ 雷山

 

次回はいつになるのかな。

8月は忙しい時期ですが、必ず開催します。

 

RIO