サビハゼ。

こんにちは。 マエダサチコです。

今日・明日の1泊2日でRIOさん率いる宮崎ツアーが開催されています。

寒い中、出かけていきました。 日南は暖かいでしょう♪

ツアー報告お楽しみにぃ~♪

前田も行こうと楽しみにしていたのですが、色んな事情が重なり・・

今回はお店に残ることとなり、暇をもてあましていますので、天神に来たらみんなサンライズにお立ち寄り下さいね。

 

そんな暇をもてあました今日は・・・、サビハゼにスポットを当ててブログを書く事にしました。

そーそーアゴヒゲが何とも言えないこの子です。

これだけ地味なので、あんまりダイバーに興味を持ってもらえないこの魚。サビハゼ。

でも、ダイバーなら誰でも一度は見たことがあのではないでしょうか?

魚の見分け方や、フォト講習でよく使われたりもしますしね。

今日はこのサビハゼのちょっと面白い生態をご紹介しますので、お付き合いください。

 

ではでは、まずは驚きの繁殖時期!

これが、冬~春、水温が12~14℃の時なのです。

南から来た魚の姿も殆ど消え、志賀島の地元魚も元気がなくなる中、サビハゼだけは至って元気なのです!!

雄は巣作り・求愛・卵保護と忙しくしてて、雌はたくさんの餌を食べ、お腹を大きくし始めているんです。

殆どの魚は水温が上がりだした初夏頃が繁殖時期なのに対して、

サビハゼはなぜ、こんな寒い時期に繁殖行動を行うのかと言うと・・・、

 

夏の繁殖しやすい時期に繁殖しやすい場所を、クツワハゼ(別名サングラスハゼ)や

ホシノハゼに占領されると、

ここで闘うより時期をずらすだけで繁殖行動が容易になるからみたいです。

繁殖時期の隙間に上手く入り込んだ様ですね。

そして、更に、砂地の優占種になる為に、もう一つ工夫しました。

その工夫とは・・卵を大きくすること。

冬の寒くて餌の少ない時期に稚魚を確実に大きくするには大きな卵の方が断然有利ですからね。

卵の数を極力少なくして、大きさは海水産ハゼの仲間ではトップクラスのサイズにまでなりました。

さらに、この卵の形が面白く、いなか っぺ大将の涙にそっくりな、こん棒状。

大きな卵を狭い産卵所にびっしり産み付け、酸素の供給を十分にするにはこの形しかない、

と言わんばかりのイクメン。

こんなアイディアで勝ち取った冬の帝王サビハゼは求愛もまた愉快なのです。

 

相手に頭突きを食らわせたり、のしかかったり、口を大きく開き、体中の鰭を立てて相手に迫ったり・・

はたから見たらこれは完全に縄張り争いにしか見えません。

とても夕暮れの海で追いかけっこをしている、これからいいことしようと言うカップルには見えないですよね。(笑)

 

無事にカップルが巣穴に入ると岩の裏面に産卵します。

産卵は朝に行われることが多いそうですが、一度見てみたいものです。

産み付けられた卵はオレンジ色から銀色へ変化し、無事に成長するとこんな風にキュートな目が確認できます。

あ、キュートじゃないかな・・?きもちわるい・・?(笑)

 

成長すると単独行動するのですが、おチビの頃は群をなして、水中を這ったり、遊泳してたりします。

その数はすさまじく、かなりの広範囲で砂地一面サビハゼって感じになりますよね。

中層の群と違って、何か怪しげな集会のようで、ちょっと不気味です。

 

と、いう事で、志賀島でサビハゼ観察に付き合ってくれるダイバーを探しています!(笑)