最新鋭のシェルドライ登場!

こんにちは。 マエダサチコです。

今日明日の志賀島はとてもいい海況の中、RIOさんは志賀島です。

志賀島の様子はまた明日以降にお伝えします!

 

さてさて、昨日メーカーの方が新製品の案内に来てくれました。

今年、器材展示会に行けなかったので、新製品をチェックし、新しいフィンやライトなど色々購入してしまいました♪

そして、一番気になったのが、このシェルドライ!

以前シェルドライ好きのRIOさんがシェルドライの事をブログに書いていましたが、

今回ご紹介するのはTUSAさんから出ているスウェーデンWATERPROOF社の最新のドライスーツです。

かっこいいですね。

しかも、このシェルドライには極寒地でも潜れる様な専用のインナースーツが開発されています。

まぁ、志賀島で潜る時はこのインナーじゃなくてもいいんですけど、

サンプルがあったので、前田が試着することにしました。

残念ながら男性用のMサイズだったので、ぶかぶかです。

後ろはこんな感じ。

なんか、私が着るとずんぐりむっくりでかっこ悪いですが・・・

モデルさんが着るとこんな感じでとてもカッコイイのです。

 

つなぎなので、着易く、ごわつきません。

それになんと言っても超暖かいです。

それに、暖かいだけではなく、このインナーは通気性のいいメッシュ素材でできていて、

空気の流れをも確保している万能インナーです。

 

インナーを着たら、いよいよこちらのドライスーツを着てみます。

これまた男性用のMサイズですが、こんな感じです。

後ろから見るとこんな感じ。

またまた私が着るとゴワゴワして妙に短足ですが、モデルさんが着るとカッコイイです。

このドライスーツは、耐久性に優れていて、ISS(インテグレイテッド シリコンシール)という下記の様な

画期的なシリコンシールを使用していています。

最大の特徴である このISS(インテグレイテッド シリコンシール)は、今までのシール素材とは桁違いの

伸縮性と耐久性を持っていて、突然発生したシール損傷にもその場で自分で簡単に交換ができます。

ドライスーツの最大の弱点であったネック・リストシールの強化はドライスーツメーカーとしての

重要な課題だったらしいのですが、このISSの登場で解消されています。

さらに分厚い手袋での操作も楽にできる様に細かい配慮もされていて、

こんなにコンパクトにまとまるので、持ち運びにも超便利です!

こんな画期的なシェルドライスーツ!

お値段は定価で294,000円ですが、前田は妥当な値段かなと感じました。

商品がきになる方は是非、スタッフまでどうぞ。

そーそー、

他にも新製品のマスクなどたくさん入っていますので、商品が気になる方はお店に来てね♪