サルパサルパサルパ。

こんにちは。 マエダサチコです。

GWも明けて、漸く長い冬が終わった感じがします。

やっと新規の問い合わせや来店が増えてきました。

今年は冷夏になるとか言われているけど、どんどんダイバーが増えてくれればいいなと思いますね。

さて、ゴールデンウィーク明けの5月9日、久々にわっくん登場です。

ダイブマスター(DM)コースに入った時期くらいから仕事が忙しくなり、なかなか海に来れず・・

久々にDM講習にやって来ました。

サンライズのDMコース、今年から内容が変わり、簡単に言うと少し優しいコースになりました。
これまではDM取得後、スタッフとしてがんがん海に潜ってアシスタントやガイドをしてもらう予定にしていたので、厳しく講習していたのですが、いざ蓋を開けてみるとみんな本業が忙しかったり、DMをとって満足してしまったりと、残念ながらせっかくDMとってもあまり海にこれないというのが現状で。。
そこで、今年からは、DM講習内容をPADIの基準にのっとり実施することになりました。
ミヤッチの時の様なRIOさんのドS講習ではなくなったと言うわけです。笑
ちょっと興味があるな~と言うMSD取得者は、スタッフにお声かけ下さいね。

と、いうわけで!!!
わっくんのDM講習で志賀島白瀬にやって来ました!!

ん?

なんか浅瀬が白い・・?

寄ってみると・・・泥?

さらに寄ってみるとその正体が判明します。

わかります?

これ全部サルパ。
モモイロサルパをはじめとするオオサルパやトガリサルパした。

そもそもサルパとは、胃腸などの消化器官や心臓、簡単な脳までもある複雑な体制の動物で、脊索(せきさく)動物門の中に分類されます。
寒天みたいな質感で浮遊生活をしていることからクラゲに良く似ているんですが、クラゲとは全くの別 種で分類学的にはホヤとかに近くて、大きく分類するとクラゲよりも魚に近い動物となります。
南極海を含む全世界の外洋に広く分布していて、今 回、大量発生したモモイロサルパやトガリサルパは、日本近海で最も一般的なサルパのみたいです。
海水中のプランクトンを食べて暮らしていて、子供は作らず、無性生殖を繰り返し、自分の分身を増やして増えていくそうですが、、、どーしてこんなにここだけに増えたんだろう?
なんでここに大量に流れ着いたんだろう?
急に暖かくなったことも影響しているのかな。 海流や、他のなんらかの影響でここに流れ着いたのだろうけど、それにしてもすごい量で、ちょっと気持ち悪い。
浅瀬のサルパは全て死骸なので、港のお掃除屋さんフナムシは暫く食べ物に困りませんね。

と、驚いたものの、、、まぁ、浅瀬だけだろうと潜ってみると・・・

サルパに混ざってウリクラゲやオビクラゲもうじゃうじゃで、、水中がゼリー状。。。。

沖に沖に泳いでもまだサルパ地獄からは抜け出せず・・・・

P8まで泳いでもこのありさまで、講習どころではない状態。

市内のショップの情報を見てみると、5/7の白瀬は透明度10mもあり、超キレイ。

翌日5/8にはサルパが発生し視界が悪くなる。

そして、翌日のこの日5/9には白瀬がサルパで埋め尽くされる事態に。。。

たった2日で大変なことになりました。。。

なので、気を取り直して黒瀬からエントリーすることに。

黒瀬まで来るとサルパも少なくなり、

魚達の姿も観察できます。

よかった。

2mはあろう大きなアカエイの姿や

アズキウミウシも見れ、わっくんの講習も動き出しました。

暫く白瀬は潜れないかな~

あ、サルパと一緒に泳ぎたいという方はサルパ好きのDMミヤッチまでどうぞ。笑