佐多ツアー Vol.1

さわでぃーかっぷ。

RIOかっぷ。

今日は海なかったので、事務作業の日。

そして、今日から長々ブログの佐多岬ツアーブログvol.1
どこまで増えるかは書きながら調整です。

サンライズのブログはリアルタイム感がないな~って
思われてますが、これは僕が年取ってダイビングのお仕事やめた
時、見返すと楽しいからという理由が大きいので、
長々書いてます。

そんなわけで、がんばって書いていきますが、
今日は時間がないので、初日のレスキュー講習
だけにしちゃおう。

夜中発23時に福岡を出て、4時30分に
鹿屋のコンビニ。

超眠い、、、。

ハイエース号はツーマンだから、交代で寝れるけど
ステップワゴンのみやっちはワンマンなんで、
休憩を入れながらの移動。
それでも、アラフォーの体にはこたえます。

ようやく着くと、現地サービスのお店の2階に
お布団轢いてくれてたので、3時間の仮眠。

極楽極楽。

そして、朝。

風がまあまあ強いよ。
荒れ気味。
でも、レスキュー講習はビーチでやるし、あんまり関係ないしね。

がんばるぜい!
おっとウエット派がいますね。
水温24℃。
動き回るから、寒くないかな。

ちょっとビーチの先にいけば、透明度抜けて気持ちいい!

でも、捜索はあえて濁っている湾内で。

見つけたら、即引き上げ。


みやっち重い、、、。

ブランが助ける。

がんばれブラン。

スリムなみやっちを引き上げるのは並大抵ではない、、。

アザラシの救助。

人助けではなくなってる。

この講習では海洋哺乳類も救助もできるように
なるようです。

現役自衛隊はっしーの救助。

みやっち顔のサイズおかしくない。

お面かぶってる?

はっしーの引き上げめっちゃ早い。

みやっちの死んだふりも板についてきた。

顔の色まで死人。

次はいとやん。

いとやん苦しそう。

いとやん真剣。

いとやんめっちゃ真剣。

体重70キロ近くあると、肩にかかえるファイヤーマンズキャリー
をか腰で持ち上げるサドルバックキャリーとか全然できません。
そうとう筋トレしないと無理。

最後はまさーしーバージョン。

緊張すると、全て吹っ飛ぶまさーしーは
この日はなぜか落ち着いてる。

波打ち際での腕枕。

やっぱり重い、、、。

体格がいい方が救助しやすいように思いますが、
ほんとの現場では誰でもできるものだと思います。
実際の場面で1人で引き上げることもないだろうし、
たとえあったとしてもなんとかなるものです。
人を助けるのってこんなに大変なら事故を起こさないように
心がけるというものです。
そんなこんなで人助け終了。

明日は僕らが浜辺でアザラシ救助の練習のさなか
マエサチたちはボートダイブの様子を明日は
マササチさんが必ずや書いてくれることでしょう。

ではでは

又明日。