潮際河豚

こんにチワワ~(・▽・)
池田のミホコです。よか天気ですたい!!

今日は恋の浦ダイビング。天気が良くて気持ち良さそう♪
いいなぁ~(^^)

まぁ~言うても冬なんで、お魚は少ないと思いますが・・・
そんな時期でもお目にかかれる可愛いアイツ!

そうだね、ショウサイフグだね。

潮際によくいるので潮際河豚(しょうさいふぐ)なんですって。

このフグ、よ~く見るとカワイイ顔してるし
体表がすべすべでトゥルン♪としているし
今は冬なので動きがにぶい。
だからわし掴みしたくなるのだけど、
なんと皮膚に強毒を持っておりまする!!
刺激すると皮膚から毒を出すんですって。

なので素手で触ったりしちゃダメですぞ~
素手じゃなくてもいじめたらダメですぞ~。笑

釣り人にもまぁまぁ人気らしい。本当に???

ヒレ酒にするのかな?

そういえば、フグの毒を量るときの単位を知ってますか??
フグといえば毒!ていうのはみんな知ってると思うけど
猛毒・・・ってどんなもんよ?とか思わない?

※ フグ毒を量る単位は 【MU】
フグ毒の強さを表す1マウス単位(MU;マウスユニット)とは、
フグの皮や臓器1gで体重20gのマウスを30分で死亡させる毒量のことです。

とんでもねーな!!!!(*_*)
単位がマウス・・・・。 それでいいのかな。笑

そんで、ショウサイフグの皮膚 【強毒】は、100~1000MUで
100~1000匹のマウスさんたちが30分でバタバタと死んでしまう量  らしいです。(アバウトだよね)

わかりやすいのかわかりにくいのか、何だろうこの感じ・・・。笑

そんでもって、【猛毒】は1000MU以上ですって。
人間も死んでしまうぐらいの毒が猛毒。

じゃあさ、最強のフグってどれよ?って思うよね!! (・・・思うよね??笑)

トラフグを食して救急車!とかニュースで見たことあるけど、
実はそんな猛毒極悪魚でもないんですよ~

トラフグの卵巣・肝臓は【強毒】だけど
精巣・皮・腸・肉は無毒なのです。

だから毒ランク的に言うと、
卵巣・肝臓が【猛毒】、精巣・皮・腸が【強毒】、肉が【弱毒】で
無毒部分がないショウサイフグの方が上になるわけです!!

念のため言っておきたいのですが、
毒ランクって勝手に言ってるだけで、どっかの機関が作ったちゃんとしたやつがあったりなかったりするのかしないのか、知らないよ。笑

ちなみに【弱毒】っていうのはちょびっと食べて痺れ感を楽しむ人もいるぐらいだから、たいしたことないよ♪

↓ 身近な安全で美味しいフグはこちら ↓
五島で食べられるハコフグちゃん

皮さえ食べなきゃまるで無毒でーす

九州でよく食べられるシロサバフグ(カナトフグ)ちゃん

こちらも無毒☆美味しく頂けます

それじゃ、最強の毒を持つフグいきましょう!
意外にも身近なアイツでした。

そうだね、産卵時期に白瀬で群れてたクサフグだね!!
お前はもういいよ!ってぐらいいましたね。

どのへんが最強かというと、
まず卵巣・肝臓・腸は【猛毒】、皮は【強毒】、肉は【弱毒】
ほぼ食べられないし、他のフグに比べて体がちい~ちゃいからね!!
ちい~ちゃい体に猛毒貯蔵!というところから、最強なんじゃない?
て思うミホコなのでありました。

クサフグは食えないだろって思っていたのだけど
許可はおりてるらしいです。
もちろんプロが料理したやつだけね。
だからといって、クサフグ食いてぇ~~~! とはならないけどね。笑
クサフグ見てぇ~~~! ってなったらサンライズまで!

今日はこれにて失礼☆