9/9 志賀島に潜ってみよう。

今日はしっとりとした天気の志賀島に行ってきました。

台風あけ最初のダイビングです。

もうすぐ300本を迎えるDMおにちゃんとMSDのみかちゃんはバディダイビングをすることになりました。

ダイブショップサンライズ 志賀島

 

AOWのみゆちゃんはずいぶんひさしぶりだったので、僕と一緒にファンダイブになりました。

ダイブショップサンライズ 志賀島

 

おにちゃんはみかちゃんにバディダイビングの基礎、コンパスを教えていました。

みかちゃんは見るからに怪訝な顔でした。

ダイブショップサンライズ 志賀島

2本目からはもうしないと明白な意思をぶつけていました。

 

山から流れてきた水を排水するどかんの下に石が敷き詰められていました。

梅雨の豪雨でむきだしになった土はどこにも見えません。

地面が高くなったので、背の低い人むけです。

ダイブショップサンライズ 志賀島

 

僕はP8方向へと泳ぎました。

海藻は腐り、もぎとられ、海の中はがらんどうになったみたいでした。

そんな空箱みたいな海のなかで、泥まみれの海藻を食べるキイロウミウシに出会いました。

ダイブショップサンライズ 志賀島

僕は、焼け野原のなかを彷徨う、はだしのげんを思い出しました。

おねえちゃんとおとうとは飛び交う石の下敷きになってしまったのかな。

しくしく。

でも、シロウミウシくんとムカデミノウミウシくんも頑張っていたよ。

がんばるんだ。

 

P4までいくとようやく魚の気配がちらほら見えてきます。

魚たちは夏の終わりになると決まって沖のほうに移動するからです。

変化のない生活を楽しんでいるようです。

 

いつもの場所からすこしだけ上方に隠れていました。

オトヒメエビです。

ダイブショップサンライズ 志賀島

そんなものがどこにあるのかわかりませんが、滋養のあるものはとっているようです。

ひとまわりでかくなっていました。

 

コロダイも大きく成長していました。

ダイブショップサンライズ 志賀島

 

最後に今回のダイビングで印象に残ったこと。

アンドンはぜんぜん死んでいないこと。

むしろ増えたかもしれない。

アンドンを殺すのは波よりも温度だ。

 

以上。

 

お気をつけください。

 

RIO