志賀島を1周しよう。

今回の台風10号、テレビのアナウンサーたちは皆一様に真剣な顔つきで、今回の台風は危険だ、避難しろ、記録的なんだ、と騒ぎ立てていました。

今までの流れからすると台風10号はそんなひどい悪さをするとは思えなかったので、僕は首を傾げていました。

たぶん、天神に住んでいるのなら風が強い日で終わるだろうなと予想していました。

家でもお店でも台風対策なんかちっともやっていませんでしたが、ベランダに置いてあるゴミ箱は1mmも移動していませんでしたし、ハンガーはすこし偏っただけでした。

そんな状況からもわかるように、天神地区はほとんど無傷だったと思います。

もし、僕の耳に台風がくるなんてニュースが届いていなかったら、「ただの風の強い日」で終わっていたと思います。

事実、タイに住んでいるころ、誰も台風がくるなんて教えてくれなかったので、ただの風の強い日(たぶん台風だった)は何度か経験しました。

 

しかし、台風自体は恐ろしくないものだなんてこれっぽっちも思っていません。

僕は子供の頃、海辺に住んでいたので暴風はまるごと家を直撃していたからです。

家の前にあった木は根っこからなぎ倒され、看板やトタンは枯れ葉のように宙を舞い、波は道路を超えてきていました。

終日停電でトイレにいけず、風を避けるように近くの神社まで走っていって用を足すこともありました。

台風にいい思い出はありませんが、年々、福岡を直撃してくる台風が少なくなってきているのは確かです。

1930年から1960年代にかけて上陸していた超巨大台風(室戸台風、枕崎、伊勢湾台風)は、近年なりをひそめましたし、2000年代に入ると台風は小型化してきました。

そして、ここ数年の台風被害は昔に比べると、たいしたことありません。ただの風が強かった日です。

そんなことはちょっと調べれば誰でもわかることなのですが、福岡のひとびとは前々日から、懐中電灯、食糧、飲料、ガスコンロをもとめてホームセンターで長蛇の列を作っていました。みんなが車のガソリンを満タンにしたせいで売り切れのスタンドまで出てきました。

停電に備えるためにお風呂にたっぷりと水をはり、窓ガラスが割れてもいいようにテープを貼りまくっていた人もいたと思います。

僕はそんなひとたちの姿を見ていたら、日本人ってあほになってしまったのかなあ、自分の頭で考えることを放棄してしまったのかなあと、しみじみと考え込んでしまいました。

 

でも、そうなってしまうのはテレビの影響はあると思います。

YOUTUBEがどれだけ流行っても、日本人のテレビへの信頼度は絶大です。

福岡も地域によっては風が強いですし、危険な箇所があるのもわかりますが、どう考えたってテレビはオーバーかつ深妙に言い過ぎています。

台風の被害がないときは、ごく少数の被害が出ているところだけを写して、さも巨大台風にみせかけるのはほとんど「やらせ」です。

ニュースを作っているひとたちは、もともと報道バラエティを作っていたひとたちなので、そういった演出がうまいんでしょうね。

そうやって視聴率を稼ぎだすと、モノが売れます。企業も大助かりというわけです。

ネガティブなことはポジティブなことより、7倍引っ張られてしまうのが人間心理です。

当然、これからもニュースはネガティブ推しでいくと思います。

陰鬱な顔つきで話すアナウンサーの話は、半分で聞くのが身のためです。

 

台風10号が韓国に移動した月曜日の朝、僕は複合高周波のEMSトレーニングに行きました。

このトレーニングは、インナーマッスルの要、腸腰筋を鍛えていきます。

最初の一年ははっきりと上下に動くようになるまでつめて通います。そのあとは2週間に一回ほどのメンテナンスを行います。

腸腰筋が弱ると、走れない、ぎっくり腰になる、猫背になる、冷え性になる。

いろいろと不便がでてきてしまいます。

特にドライの時期は体への負担が大きいですから、一年を通してコンディションを整えておかなればいけないのです。

 

トレーニングが終わって、街を歩くと臨時休業の札が下げたお店が目につきました。

どうせ行くところがないんだったら、台風の波を見にいってみようと思いました。

僕は側面からみる波のうねりがだいすきなのです。

忙しい時期の月曜日の午後は、たいてい事務仕事を片付けている店長がいます。

ひと段落がつき次第、気分転換もかねて志賀島に連れていくことにしました。

大ちゃんがいることもおおよそわかっていましたから。

 

サンライズは月曜日は定休日なのですが、月曜が祝日の場合、海に行きたい人がいる場合は行くようにしています。

そうなると、その週は2週間休みなしになります。

特に夏の時期はそうなりがちです。

そういうやり方は年齢的な部分と経営的な部分でそろそろ無理がきています。

去年くらいから考えてはいたことですが、10月から定休日をいささか増やす方針です。

海に行く回数が減ってしまうと、海にいきたくてもいけない人が出てきてしまいますが、薄利多売でやる以上、仕方がありません。

ご了承ください。

継続するのは思っている以上に大変なことなのです。

 

志賀島の手前の両側が海に囲まれている道路を走ると、博多湾側から強烈な風が吹き付けていました。

南西の風です。

その風をもろに受け続けた電線は破損していました。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

8月末で海の家は閉めていますので、困った様子はありませんでした。

 

志賀島の外周道路は時計回りに回ると海が見えやすくなっています。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

金印公園前では、サーフィンできそうなくらい波がたっていました。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

博多湾側にある弘漁港でも電線が破損していました。

南西の風はほんとうに強かったようです。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

いつもなら波がなくて濁っている博多湾。

らしくない景色に圧倒されながら、休暇村へと移動しました。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

休暇村の先にある海岸に着きました。

ここは志賀島の先端にあたるので、あっちこっちの波が喧嘩するみたいにぶつかりあっていました。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

ゆっくりと玄界灘側にまわると、波は一列になって割れていました。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

黒瀬まで行ってしまうと波は綺麗に割れなくなってしまいそうだったので、Uターンしようとしました。

すると目の前に、見たことがあるような車が路肩に止まっていました。

車の後ろから手を振る大ちゃんの姿が見えました。

赤瀬までは距離がありましたが、ここに車を止めてみんなで歩きながら撮ることにしました。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

今回、志賀島一綺麗な風景は赤瀬にありました。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

頭オーバーの波がチューブを巻いていました。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

見た目に最上級なこの波に乗ろうと思ったら、よほどの幸運がない限りズタボロにされるのは必至です。

今回、運試しを行うサーファーはひとりもいないようでした。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

場所を変えると波質も変わっていきます。

波は生き物。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

ここまでの写真は、僕のI-PHONE8プラスで撮影したものでした。

まあまあ綺麗に撮れたと思っていたのですが、大ちゃんが撮るとこうなります。

 

ぜんぜん違う。。。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

実は大ちゃんは陸上撮影向き?!

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

鳥撮るのうまい!

これは鳥好きが撮った写真です。間違いなく。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

こんな激しい場面知りません。写っているのは僕です。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

奥に見えているのは富士山?

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

映画??

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

また僕のI-PHONEに戻ります。

白瀬に来ました。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

ここでの波はずいぶんと小さいですが、それなりに大きい波が定期的にはいってきます。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

ちなみにこれはポートレートモード。

 

一応、アンドンチェック。

上からでは濁ってなんにもみえません。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

階段の足元まで石が来ているので、たぶん死んだんじゃないんでしょうか。

何万回も打ち付けられてしまったわけですから。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

最後は、奈多海岸に行って夕暮れの波を見にいくことにしました。

これは大ちゃんが撮った志賀島海岸のうねり。

よく見ると、うねりとは反対方向から風が吹いているのがわかります。

これをオフショアといいます。

ダイブショップサンライズ 志賀島 台風

 

奈多海岸ではひっきりなしに肩サイズの波があがっては打ち寄せていました。

ダイブショップサンライズ 奈多

とても綺麗でした。

 

これは奈多海岸と三苫海岸のちょうど中間に位置する岩です。

10年前はひとが3人くらい隠れれるくらい大きかったのですが、今ではしるしのようになってしまいました。

削れたのか、埋まったのか。わかりません。

ダイブショップサンライズ 奈多海岸

 

とにかく、今回は大ちゃんの写真で癒される格好になってしまいました。

いろいろとありがとうございます。

今日は志賀島に台風か来て潜れなかったときの楽しみ方を教えるブログでした。

 

RIO