T-WING レビュー 30/SEP/2020

TUSAの新製品バックフロート型BC「TーWING」を購入したので、早速レビューしてみようと思います。

このBCを使ったことがある人は数えるくらいしかいないと思いますので、文字どおり最新レビューです。

しかしながら、一回しか使っていませんし、調整も完璧ではありません。

ダイビングの器材は微調整が最も大事だということは言うまでもありませんので、使用回数を増やしたところで再度紹介しようと思います。

今日はファーストインプレッション、ちょっと使ってみての第一印象という感じで紹介していきます。

 

さて、この「TーWING」は海外のインストラクター界隈では主流になりつつあるバックフロート型です。

実際にレギを装着してみましたら、このような形になります。

肩のベルトの高さを3段階で変えられます。

いや2段階だったかな。

ダイブショップサンライズ t-wing

背中側にしか浮力がつくので、泳いでいるときの姿勢はまっすぐになりますが、前側はナイロンベルトでとめているので、腕の自由がきかせられるのが特徴です。

軽量で、カスタマイズ(D環とウエイトポケットだけですが)可能なので、男心をくすぐる仕様になっています。

もちろん見た目もかっこよく見えます。

これはモデルがいいですよね。

ジョンガッパから卒業した髪型もいけてます。ありがとうせなこんぐ。僕の髪型はこのブログを通じて全世界に発信されています。

どうぞこれからもよろしくおねがいいたします。

ダイブショップサンライズ T-WING

 

重さは3キログラム。アウトロー ほど軽くはありませんが、普通のBCよりも軽いといった印象です。

ダイブショップサンライズ T-WING

 

今日はまゆこんぐと「準サンライズっ子」みずちゃんと潜りました。

ダイブショップサンライズ T-WING

 

陸に置き忘れていたフロートの旗をつけてもらいました。みずちゃんは優しいので志賀島バーガーまでキックボードを蹴って車だって取りにいってくれるんです。

ダイブショップサンライズ T-WING

 

奥にいるのは、「純サンライズっ子」のまゆこんぐ。

ズボラですが、みずちゃん同様優しい娘です。

ダイブショップサンライズ T-WING

 

100%空気をいれると、12.8キロ分の浮力があります。アウトロー が11キロ分だったかな。

なのでこのあたりは変わりません。

でも、足を折り曲げての体操座りホバリングはかなりやりやすかったです。

通常はシリンダーの重みでうしろに倒れてしまうのですが、バックフロートタイプは前に倒れるからでしょう。

たぶんそんな理由だと思います。

アウトロー もバックフロートタイプですが、T-WINGほどやりやすくはありません。

左右の空気の移動がスムーズではなくて、形状が完全な丸形ではないからでしょうかね。

もうすこし比較検討が必要です。

ダイブショップサンライズ T-WING

今日感じた最も良かった点をズバッと書こうと思ったのですが、もうしわけありません。見つけられませんでした。

逆に使いづらさの方は数点発見しました。

まず、肩のベルトと腰のベルトが一本ものなので、肩の部分をしっかり引っ張っておかないと左右にずれて泳ぎづらいことです。

これは潜水士がよく使うハーネスと同じ構造です。

でも、しっかり引っ張って固定すると、BCの内側にある留め具(上の二個)が肩甲骨の上部にあたって違和感がありました。

では、少し肩を緩めて左右にずれないように股の部分をしっかり引くと、泳ぐたびに股間が締め付けられてしまいます。

そのまま背伸びをすると、二個ある睾丸が(一個しかなかったら問題なかったんですが)みぎとひだりに分断されてしまいます。こんな状況で勃起なんてもってのほかです。半勃起だってあやしいところです。

 

そんなわけで、カスタマイズができることが売りというか、カスタマイズすることで自分のものにしていく、玄人好みのBCだなあという印象でした。

こういったBCは、「ちょっと貸してくれる?はいどうぞ」と貸せないタイプのBCでもあります。

でも、アウトローより生地は頑丈だし、肩のバックルやお腹のバックルが折れることもありません。

手荒に使っても長く使えるのは大きな利点です。

しかも見た目がスタイリッシュです。おしゃれに敏感な都会派ダイバーにはうってつけ。

そういえば、先日、アウトローのフロート部分に2度目のピンホールが発見されました。

僕の使い方では一年くらいでフロートが駄目になる計算です。

あまりコスパはよろしくありませんね。

 

とりあえず、今日のところはこのくらいでしょうか。

基本的に海はずっとうねっていたので、もっと静かなときに繊細な感覚を確かめていこうと思います。

もう少々お待ちくださいませ。

ダイブショップサンライズ 白瀬

 

透明度が悪くても、この子はいました。

おっとくんです。みんな今のうちに見ておいてくださいね。熱帯魚屋で買うと高いらしいですよ。

ダイブショップサンライズ T-WING

 

みずちゃんにとって透明度が50センチは人生初。驚いていました。

次回は30センチまで記録を縮めましょう。

ダイブショップサンライズ ハイエース

お疲れ様でした。

 

帰ってくると、国東半島からりんごが来ていました。(こう書くとほんとのりんごが届いたみたいですね)

お土産に、新日本プロレスのライオンマーク靴下をもらいました。

ダイブショップサンライズ 靴下

履いてみると思っていたよりも可愛く見えました。

 

これに今持っている黄色いオニツカタイガーの靴とあわせたらトラとライオン。

鬼に金棒ですよね。

 

 

RIO