11/29 辰ノ口のダイビング

僕は、酸素にも窒素にも酔いやすいのですが、
今回、僕以外に酔った人がいました。

それが、この方

大好きなガラスハゼをこのように撮るのですから
酔っているように思います。

あっち向いてほいの時には、
意識を取り戻すようでしたが。

直太朗は、平気な様子。

かけ算をスラスラ。

まゆコングに後から聞いて見たところ、
30m付近で、お酒を飲んで調子に乗ってるような
感覚が芽生えたそうです

特に、仰向けになると、顕著に現れるみたいでした。

僕の経験から、リラックスするとなりやすく
なるからでしょうかね

だんだん、ガス酔いのなんとも言えない
感覚に魅了され出し、なくては
ならないようになってしまうかも
しれませんが、意外にその前に
慣れてしまうこともあります。
ですので、数回使用して実験して
みることをお勧めします。

キイロウミウシは浅瀬にいたので、
いい感じです。

でも、一旦ガスに酔うと
フロート上げは、モタモタモタ

ブヒブヒ

ぺにょん

直太朗は、寒さに強く、酔いにも強く
作業も早いですが、エアーが早い

僕も人のこと言えませんが、
僕よりも早いのは、ちょっと問題かもしれません

呼吸にもっと意識を向けて見ましょう

「無駄な呼吸」の数が多いと思います。

人はそんなに酸素がなくても動けます。

まあ、人のこと言えませんが。

ちなみに、僕は今回、
世界一ドライのインナーを作っていると
言われている「フォースエレメント」
の「アークティック 」を着てみましたが、
2ダイブとも、水温がずっと32℃の感覚で、
手と顔だけが冷たく、体は暑い。

動くと、汗がじっとり出るので、
手を使って水底を這うように泳ぎました。

これに、ひだまりとメリノウール着たら
水温5℃は、余裕なはずです。

そこまで寒いとこには、普通潜りませんが、
重ね着スタイルだと、天気や潜る場所に合わせて
調整しやすいので、これはいいですね。

しかし、このメーカー、カタログ表記が
外人向けのため、サイズ感が違います。
お買い求めの際は、スタッフまでお尋ねください。

ちなみに、「アークティック」の一個下の
ランクの「ゼロサーム」をピタッと着るだけで
かなりあったかいと思います。

店長が、買ってましたので、
生地を触ったら、思った通りでしたね。

いいドライのインナーに出会えると
テンションが上がりますね。

今年は、フォースエレメントで
いってみたいと思います。

さて、この日はりなちゃんも
一緒に潜りました。

タレ目のウツボは優しそう

でも、リナは怖がる

そんなに遠いと、小さく撮れますよ。

ルアーに興味津々のミノカサゴ

フーミンのドライがよく目立つ

過去最高の83キロになったフーミンは、
寒さに強い。

ちなみに、遅刻したフーミンの家に
迎えに行くと、目が腫れてました。

さて、来年1月サンライズのPaboメンバーの一人
りなたんが、関東に行きます。

そこで、りなぞーの送別会を
12月26日(水)に行います。

この日、100本を迎えるりーな
海に来れる日は、来てもらって
これない方は、送別会からご参加ください。

あの笑顔を見れなくなるのは、
なんだか切ないですが、
来年の春頃にリーナと潜る
関東ツアーを開催したいと
思っています

ねもやんも来るかな

ねもは大阪か

送別会の詳しいお知らせは、
秘密ページフェイスブックにて。

RIO