天神。

ここ最近、時間があるので、天神をぶらぶら。

最近の天神は、タピオカ屋が多いですが、タピオカの原価は80円前後といわれています。

これを600円以上で売るわけですから、いいビジネスチャンスですよね。

僕は個人的にタピオカは、あまり美味しいとは感じませんので、オープンしたてのTHE ALLEYのタピオカを飲んだきり一度も飲んでいません。

タピオカ自体に味があまりありませんし、水含んだ餅みたいにネチャネチャしていて、すぐに腹が膨れます。

近くに食べ物がなく、相当腹が減っていないと飲みたくありません。

普通の塩豆大福を食べた方が数倍美味しいように思ってしまいます。

僕が天神で、一番美味しいと思うスイーツは、伊都きんぐの、あまおう苺入りどら焼き「どらきんぐ生」です。

イチゴの周りを包む餡とムースが絶妙にマッチしています。

しかも、タピオカよりも安い。

 

そんなわけで、今日は、最近の僕のお気に入り「天神編」を書いてみようと思います。

続いて、カフェ。

天神でゆっくり本が読めると思うカフェは、

「VITO 福岡天神店」です。

天神界隈のカフェというカフェに行きまくりましたが、今のところ、ここが一番だと思います。

椅子、雰囲気、人の少なさ、値段、メニュー。

僕はよくジェラートを食べますが、難しい本を読んでいる時には、頭が冴えますので、いい感じです。

ちょっと人が多い時は、「赤坂けやき通り店」にも行ったりします。

 

次に、散歩に適した靴は、「ONITSUKA TIGER」です。

専門店は、福岡パルコ、キャナルシティ博多にあります。

このメーカーは、靴底が薄く、足裏を刺激しますので、脳が刺激されますし、そこそこ疲れます。(靴底暑いものもあります)

しかし、靴としての履き心地は最高で、軽く、歩かなければ疲れません。

最近では、脳トレのためにベアフッドシューズ(裸足感覚)やMBT(マサイベアテクノロジー)など履いてきましてが、ファッション性に優れないのと、履いているだけで疲れることが、どうもテンションが上がりませんでした。

ONITSUKA TIGERの靴は、アシックスの前身でもありますので、若干古臭いイメージはありますが、逆にノスタルジーと先進性を感じ、ある意味オシャレに見えます。

歩き瞑想にも最適です。

 

そして、読書、瞑想ときたら、ヘッドスパです。

頭を使うと、とにかく物理的に頭が疲れます。

多分、目も使うからだと思います。

月に一度、ヘッドかフットのマッサージに行ってリフレッシュするのですが、福岡には本格的なヘッドマッサージ屋がありませんでしたので、普通のマッサージ屋のオプションで施術を受けていました。

(いや、正確には、二年前から赤坂にあったんですが)

僕が以前から行ってみたかった、「悟空のきもち」という、京都が本社の東京などに展開している極上無水のヘッドスパのお店があるのですが、調べてみたところ、おそらくそこから独立している福岡のお店を見つけました。

だったら、試しに行ってみるかということで、行ってみました。

これがなかなかいい。

お店の名前は、「ドライヘッドスパ専門店 縁eni

おそらく、悟空のきもちもこんな感じなんだろうと思います。

ちなみに、悟空のきもちは、4店舗で30万人ほどの予約待ちの人がおり、3ヶ月くらい待たされるのですが、LINEで予約をとるシステムは有名です。

しかし、eniであれば、すぐに予約できますし、悟空のきもちよりも割安です。

僕は、目を使いすぎているらしく、頭のある部分がとても硬いそうです。

その部分がほぐれたら、さらに勉強できそうです。

 

そして、最後は、定食屋。

日本人に一番適した食の割合は、「和食8:洋食2」です。

そこで、志賀島の海鮮丼よりも美味しくて、値段もあまり変わらない和食のお店を紹介します。

海鮮丼 日の出」です。

実際は薬院のちょっとわかりにくいとこにありますが、ここは行列ができる人気店です。

僕は、海鮮丼は食べず、「カレイの煮付け定食ORあら炊き定食」にお味噌汁を「魚汁」に変更するのがお気に入りですが、基本的になんでも美味しいです。

料金もそんなに高くありませんし、お腹いっぱいになります。

 

地方の港町に行っても、別に海鮮を食べなくてもいいかなと思えるお店はなかなかありませんので、行ってみてくださいね。

 

RIO