6/21 天拝山登山

今日は夏至でした。

日が一番長い日です。

そんな日にぼくたちは筑紫野市にある天拝山へと行ってきました。

僕はまったく知りませんでしたが、天拝山といえば、大宰府に流刑された菅原道真が自らの無実を訴えるべく幾度も登頂し「天を拝した」という伝記に由来しています。

つまり、広義の意味で修行の山ということになります。

では僕らが修行をしにいったのかといえばそうではなく、この時期になると大輪の紫陽花がところ狭しと咲いているという情報を仕入れたからです。

自然には「旬」というものが存在していて、人間が独善的に楽しむためには、その確固たる歩調に合わせてその場所に訪れなければならないというのは太古の昔から変わっていません。

その旬を無視するようでは、人間と自然の距離が遠いままとなってしまい親密な関係は生まれにくくなります。

人間は自然の一部ですから、やはりこちらが歩みよる必要があるというわけです。

いつの時代も人間の傲慢さは自然の力をもって補正されていくのかもしれません。

 

お目当ての紫陽花の旬もぎりぎりになってきているとのことでしたが、8割以上は力強く咲いていました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

よくみると、まだまだ勢いがある紫陽花もいれば、

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

元気のなくなってきた紫陽花もいました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

もともと天拝山は「すすき」しかない見た目に寂しい山だったのですが、黒田長政の家来である、小河内蔵充が植樹して豊かな山へと変貌を遂げました。

そのおかげで多くの登山客が訪れます。

ちなみにサンライズ登山部リーダーのひろしは毎朝必ずこの山に登っています。

玄関を出て帰ってくるまで、約2時間だそうです。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

標高257mの天拝山はいわば低山。

ただ登って降りてくるだけだと登山部全体のスキルと体力が身につかないということで、ひろしリーダーの粋な計らいにより天拝湖までいくルートになりました。

ここは行者の滝。ここはまだまだ入り口です。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

通常ルートではなく、菅原道真が幾度も登っていたとされる天神さまの小径から上りました。

ひろしからも朝顔からも天拝山は子供もお年寄りも簡単に登れる山だと言い聞かせられていたので、その反面ちょっとしたことが簡単ではないという反対現象が起きていました。

つまり、思っていたより普通の登山でした。

 

はあはあ言いながら9合目までくると、天拝湖方面へと舵をきりました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

並行に横移動しているような錯覚を起こしますが、実はこちらの林道は登ったり下りたりの繰り返し。

下りや平らなところでは疲れないので、気を張るのをやめてしまうのですが、すぐにどかーんと目の前に急な階段が出てきます。

そうなると、またよっこいしょと気合を入れなおして登るので、登山への気力が徐々にすり減ってしまいます。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

道中、杉ゾーンを抜けると揃いに揃った竹林ゾーンが出てきました。

海の中でガイドしていて、見たこともない美しい大岩に遭遇したような衝撃に似ていました。

あまりの美しさにみとれてしまいました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

ダイブショップサンライズ 天拝山

写真ではあまり伝わらないのが残念です。

 

そして、ようやく天拝湖に到着しました。

これはひろしの粋な計らいで、人数を多く見せています。

深い意味なんてありませんねん。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

芝生の丘が広がっていて、公園になっていました。

筑紫野市総合公園というそうです。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

巨大滑り台やら海賊船やらがありまして、子供たちが元気いっぱいに遊んでおりました。

いっしょに遊びたかったのですが、まずは腹ごしらえとなりました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

すでにこの時点でトータル5キロほど平らではない道を歩いているので、皆足への疲労感がありました。

あやかちゃんは爪先を持ち上げると、ふくらはぎが見えない速度で細かくブルブルと震えていました。

寒いわけではなく、筋肉が笑っているというような状態です。

筋肉には別の違う意志が宿っていて、どうにかこのへんで勘弁願いないでしょうかと嘘泣きして肩を震わせているように見えてしまうんですが、日本では笑っていると言いますよね。

下を向いて笑っているのかもしれませんが、とにかく筋肉さんたちはどこの部位をとったって、僕たちの力ではどうすることもできません。

 

たつぼうの温かいコーヒーのおかけで、足が聴く耳を持つようになってきたので同じ道を戻り再度登山道へ。

このあと天拝山の頂上にアタックして楽チンコースで下山だとばかり思っていたのですが、(実際そのように言っていたので)実は違っていました。

天拝湖へと曲がるところまで戻ってくると、左へと折れて遠回りコースへと行ったのです。

9合目まで登っているのに、下りていくルートです。

つまり、半分くらい降りてから再度また頂上まで登るというスパルタンルートとなのです。

はあはあ言いながら、下りた先に公園があって休憩しましたが、見かけによらず足はもう限界に近づいていました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

まゆこんぐは新調した赤い登山靴に残りのパワーを預けていました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

ちなみに、きゅうもお揃いの登山靴を前日に買っていました。

現在、同じ形の登山靴を持っているのは、RIO(ブラウン)、きゅう(グレー)、まゆこんぐ(レッド)、ひろろい(ブラウン)の4名です。もしお揃いが欲しい方は一緒に買いにいきましょう。僕が持っている魔法のエコバックがあればアウトドアショップで10%ほどお安くなります。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

そして、30分急な勾配を登るとようやく地元民お馴染みの天拝山頂上へと到着しました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

頂上には地元の人が集まっていましたが、今日は夏至ということで、夕方にかけて部分日食が見れるとのことでした。

 

それとは全く関係ないですが、こころなしかあやかばあちゃんの顔がすっきりしていました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

あやかばあちゃんの名はあやかちゃんが登山をしているときにだけ使用されるニックネームで、腰を曲げて、時に四つん這いで登っていく様は、ひたむきに登るばあちゃんの姿を連想させるからです。

いずれ、強くなって腰が立ってしまうとこのあだ名はこっそりと廃棄される予定ですが、まだまだ使っていけそうな気がしています。

 

この後、436段の階段(武蔵野市にかけているらしい。634の反対)を降りて、なだらかな坂道をくだっていきました。

あまりの下りやすさに、下山用に靴紐を結び直していましたが、どうやら必要なかったみたいです。

この山に100回以上登っていて、ジーンズにナイキのスニーカーで息も切らさず登ったり下りたりしていた朝顔はこの坂を下山なんてと、くすくす笑っている始末。

いつかどこかで思いがけない仕返しをしたいと考えています。

 

途中、荒穂神社でご参拝しました。

ようやく終わりかけた登山にみんな安堵の笑みが溢れていました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

ようやく、降りてきたと思ったら、ひろしリーダーにちょっとした上りの登山道へと連れていかれました。

少し行ったところに、このあたりでは有名なお稲荷さんがありました。

あとから調べてみると、白瀧稲荷大明神でした。

ダイブショップサンライズ 天拝山

ひろしにこの神社をすこし登ったところに有刺鉄線で囲まれているパワースポットがあると教えてもらいました。

中には入れませんでしたが、鳥肌が立つ様な不気味さがありました。

パワースポットなのか、ホラースポットなのかわかりませんが、こういった場所には無闇にいかない方が賢明です。

後々、もう少しくわしく調べてみたいと思います。

 

その後に御自作天満宮、日本最古のお寺武蔵寺を回って、猫と遊んで終了となりました。

てるちゃんはここでバイバイしましたが、僕らは天拝の湯へといきました。

何時間も汗をかいたり乾燥したりを繰り返したべたべたの皮膚とくたくたの体で入る温泉は格別でした。

食事も入浴も最高のスパイスは同じく「飢餓」なのです。

登山は身をもってそのあたりの教訓をしっかりと教えてくれます。

 

そして、今日はひろしのお誕生日だということで、天神の焼肉屋でお誕生日会を開きました。

ダイブショップサンライズ 天拝山

夏至に生まれたひろしはまさに太陽の申し子。

 

そんなひろしには店長からプレゼントが。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

もくもくの煙の中で喜ぶひろし。

ダイブショップサンライズ 天拝山

 

中身は何かと言いますと、仕事でも登山でも使えるパタゴニアのおしゃれな肩掛けバッグでした。

ダイブショップサンライズ 天拝山

おめでとうございました。

歳はここからマイナスしていくそうです。

僕もこれからそうします。

ひろしは、これからの人生に目標なんてなくて、ただ目の前のことに一生懸命向き合うだけだと話していました。

 

「俺はもう人間やめたからね。ははは。もう50だし目標なんてないよ。ははは。肉があれば幸せ。ははは。」

 

この何気ない言葉のなかに、人生におけるほんとうの真理が隠されているように見えました。

ひろしは誰からも愛される素敵さとキュートさを備えられているのは、天拝山を毎日登ったことからきているのかもしれません。

つまり、ナチュラルに達観の境地に達したのかもしれません。

これからも柔らかそうに見えて実は硬いひろしでいてくださいね。

 

さて、次回の山登りの場所は「雷山」に決まりました。

日程はまたD-PASSページにてお知らせします。

 

すでにAM3時。

こんな夜中までブログ書いてるなんて、一種の変態です。

寝ます。

 

RIO