魅惑のタイランド・プーケットツアー3

こんにちは。 マエダサチコです。

今日はしっかり書こうと思います。

プーケットツアー2日目。

まだ2月8日ですが、のんびり書いていきます。笑

2ダイブ終えたサンライズ一行。

元気が有り余っているので、割と高いボートから海へダイブ。

昌仁さんを筆頭にじゃんじゃん海へ!!

新婚の川上ちゃんも嫁を置いてきたけどジャンプするよ。

100ダイブを終えたひとみちゃんも。
それに続き女性人も次々とダイブ。

その後、タイ人のキャプテンに懇願し、

ダイビングボートについているディンギー(エンジンのついたゴムボート)にのせてもらいました。

ピピ島周辺をプチクルーズに連れてってもらい、シュノーケリングや素潜りを楽しみました♪

とにかく海はキレイで、何時間でもここで過ごせそうなひとときでしたね。

それにここからは以前ディカプリオが主演した『ザ・ビーチ』の舞台になった白い砂浜がきれいな【マヤベイ】が見えます。

奥に見える白い砂浜がそうです。

この日もたくさんの外人でにぎわっていました。

そんな贅沢な休憩時間の後、漸く3ダイブ目ー!!

『コ・ビダナイ』というポイントです。

ちなみにこの『コ』と言うのはタイ語で『島』という意味です。

ここも比較的水深の浅いエリアはセンジュイソギンチャクという紫色のキレイなイソギンチャクがキレイで、

固有種、トマトクラウンアネモネフィッシュや、

セジロクマノミに似た、日本では見ることのできないスカンクアネモネフィッシュもあちらこちらに群れてました。

カクレクマノミも結構普通に見れます。

地形も面白く、

馴染みのウミウシにも会えます。

オトヒメウミウシにそっくりだけど、ちょっと違うのよね。
まだ日本名がまだついていない『クロモドリス・ゲミヌス』。

ハナオトメウミウシ。

そして、最後はベテランガイドのまささんでさえこのエリアで初めて見たという、

オニアジにの激群れに遭遇!!

オニアジ?

そう日本では聞きなれない名前のアジ。

日本近海では、黒潮の影響が強い本州南部まで分布しているみたいですが稀で、

殆どがインド洋や亜熱帯に生息しているそうです。

ギンガメと比較しても個体がでかいので、コレだけ群れるすごい迫力でした!

比較的浅い水面を泳いでるので、下ばかり見ててもいけないのよねぇ~

と、夕暮れ時に大満足の3ダイブを終えたら、若干濃いビールとして有名なタイのビール。

象のマークのチャーンビールを頂きます。

もちろん何杯飲んでもフリーです♪

釣り具があれば夜釣りも可能なチャーター便♪

ディーナーを食べたら、おまちかねのピピ島に向かいます!!

しかもピピ島までの移動もこちらのディンギーで片道5分。

密入国の気分を味わえます。笑

ピピ島ではファイヤーショーを見ながらお酒を飲んだり、

安くて美味しいタイ流パンケーキをオネェから買って食べました。

そーしてピピ島の夜は更けていくのでありました~~~

明日はようやくツアー3日目の様子に入りますので、引き続きお楽しみ下さいね。

今夜もコップンカー。