タイ語

サワディカップ

RIOカップ

今日はタイ語について話そうと書こうと思います。

まず、あの変なグニグニのタイ文字。

あれが、よめんくてみんな最初はあきらめがちです。

なので、今日はあのタイ文字の読み方を教えたいと思います。

まずは、この表をごらんください。

44個タイ語が並んでいます。

これはコーカイといって、いわゆるABCです。

1番目の文字は
鶏(カイ)のKという風に覚えます。

2番目は卵(カイ)のK

3番目はビン(クワッ)のK

4番目はクワーイ(水牛)のK

5番目はコン(人)のK

6番目はラカング(鐘)のK

という風に、Kと発音するものでも6個もあるのです。

とても、わかりにくいです。

なので、日本でいうとアヒルの「あ」という風に覚えていくわけです。

そして、この44の子音を覚えたら次は母音を覚えます。

母音表はこちら

さっきの子音に、母音が上やしたにくっついて
さっきのKにアがつくと「カ」となります。

でも、母音はいっぱいあるので、Kにアーイという母音がつくと「カーイ」なったりします。

これも全部覚えないといけません。

そして、最後に声調記号をくっつけます。

タイ語は5個の声調があるので、声調が違うと意味が変わってきます。

たとえば、「近い」はクライ、 「遠い」もクライ

書くと同じですが、

「近い」のクライを発音するときは、上から下に落とさないと意味が変わってきます。

こんな感じ
クラ~イ

「近い」は
クライ

「誰が」も
クライ

わかりました?

基本的には、こんな風に組み合わせるのがタイ語なのです。

さらっと読めたらかっこいいですよね。

僕も今勉強中なので、興味のある方は是非一緒に勉強しましょうね。

ヂューカンマイカップ

パイラ