釣り倶楽部IN玄界灘

さわでぃーかっぷ。

RIOかっぷ。

昨日はジグを一日中しゃくっていたので腕がパンパンばってん
がんばってパソコンうっとります。

今回は釣り倶楽部大物偏

参加者は会長の僕と釣り倶楽部部長の佐々くん。

6時30分に伊万里の港に集合。
お世話になった船はアールクルーさん。
※ブログに出てます。

この日はベタ凪。
有名ポイント七里ヶ曽根にいけそうでしたが
最近の釣果がおもわしくないようで壱岐沖、唐津沖に出航。

約1時間で釣り場に到着。

誰よりも早く竿を出す部長

そして、誰よりも軽装です。
ジーンズとスニーカーと薄手のジャケット。
ここ真冬の海ですよね、、、。

準備もそこそこ
僕が選んだルアーは、早朝釣り具屋で買った禁漁ルアー。

パッケージの歌い文句に釣れすぎて使用禁止に
なったことがあるというルアーらしいのだが、
重さは160グラム。
疲れそうです。

しゃくること30分。

同じ船に乗っていたアングラーにヒット!

初心者の方でしたが、簡単に釣れるものです。
3キロくらいのマダイでした。

その後、部長がタイラバでアコウゲット!

ジギングからタイラバに変えたとたんきました。
アコウはキジハタのこと。
もちろん高級魚。
美味しそう。

その後、ぽつぽつ3キロ~5キロくらいのヒラマサが他のお客さんに
かかるもののあまり思わしくない。

ポイントを壱岐から馬渡島に移動して、部長が小型のマグロヒット!

活きがいい。

魚持つのが上手な部長。

部長曰く
あがってくるまで何が釣れたか全くわからんかった~
ベテランになるとかかった魚はすぐに特定できるもの。
この魚はただ重いだけであがってきたらしい。

他のお客さんにはカサゴやアコウが釣れてたのですが、
僕には何のアタリもなく、すでに14時を回ってる。

キャスティングをこころみるも何もこない。
ルアーも何度も交換した。

このままではこの船でボウズは僕だけだ。

やばい。

人生初の船釣りでのボウズ?!

そんな空気が漂いだしたその瞬間。

今日初めてのあたりが!!
「ごんごん」

きた~~~~!!!

水深60mくらいのところでかけた魚はリールが巻けないほど
走り回る。

ものすごいパワーでひっぱりこまれる。
めっちゃ硬い竿がめっちゃしなる。
佐々部長に借りた最高級ロッドとリールは落とすわけにはいかない。

じわじわ魚も疲れてきたのか、リールが巻けるようになってきた。

ようやくあがってきた

無事ネットIN!!

釣れたのは6キロのヒラマサ。

ヒラマサとしてはまあまあのサイズ。
中型といったところかな。
あがってきてすぐにフックが口から外れた。
もう一歩でばらすところだった。
あぶないあぶない。

あとにも先にも僕はあのアタリ一回のみ。

佐々部長は早朝1発目にアタリがあったのをいれると四回くらいは
あったのかな。

重たいジグをしゃくり続けて1日に数回しかアタリがないとは
なんと忍耐の釣りなんだ。

しかも、腕パンパン。

でもほんとに釣れてほっとした~~!
よかったよかった!

そんなとき、ふと見ると佐々マグロが血抜きバケツの中に放置されていた

早くクーラーに入れてくれい!!BYマグロ

結局、そのあと1時間ほどがんばったが誰もヒラマサをかけることなく終了。

港に戻ってきてあらためてみると少ない魚達。

でも、楽しかった~

佐々部長もヒラマサ釣れなかったけど、そんなの関係ね~

船チャーターもできるらしいので倶楽部員7名くらい集まったら
洋上クルーズも兼ねて初の沖釣り開催しよう。

おそらくあったかくなるころでお店が暇な時期。

それはいつかというとGWが終わって梅雨になる前。

5月末くらい。

ちょっと計画立ててみますね。

船酔いする方も薬を飲めば大丈夫。

竿もレンタルあるので、大丈夫。

気軽に大物釣りやってみよう。

それではまた!!