ウミホタル

毎日暑いですねー。皆さん夏バテしていませんか?

こんにちは。篠原さおりです。

私先週久しぶりに風邪を引きまして、鼻水や咳と戦っておりました。

熱はすぐ下がったのですが、完治までに時間がかかりましたねー。 みなさんも気をつけてね。

さて、今日はウミホタルについて書こうかなと思います。

青く発光する素敵な奴です。

甲殻類でサイズは3mmぐらい。メスの方が若干大きく形は米粒みたいな形。

夜行性で昼間は砂地の海底に生息しています。

背甲と呼ばれる殻が全身を包んでいて、左右二枚の殻が背側中心部の蝶番構造でくっついているので、二枚貝のような形です。

プランクトンだけ食べていそうですが、雑食性でゴカイなどに攻撃を仕掛けて捕食したりもするらしい。

見かけによらずアクティブな捕食活動をするんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやってみると、コラーゲンとか入っていそう。

発光するのは外敵に対する威嚇や求愛アピールの為。

光るとこんな感じ↓

 

 

 

 

 

体内では黄色く見えていたものが発光物質の元になるもので、基質ウミホタルルシフェリンと酵素ウミホタルルシフェラーゼというらしい。

よくわかりませんね(笑)

これを海に吐き出したら、水中の酸素と反応して青い光が発生します。

いっぱいいたらこんなになるよ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃめちゃキレイ!!!

これはみんな求愛アピール中かな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くでみるとさらに幻想的です。素敵です。

やっぱり海には面白い生き物がいっぱいで面白いですね!!

みなさんもダイビングして面白生物や面白生態を観察してね!!