ヤドカリ達

こんにちは!篠原さおりです。

今日はあいにくの雨、いや大雨で外が歩きにくそうです。

夏なのに残念ですねぇ。

さて、今日はヤドカリについて書こうかと思います。

まずは、以前一度紹介した私の好きなヤドカリから。

あー、可愛い。。。

ユビワサンゴヤドカリといいます。

歩脚部分の青色と黒色の横縞模様がオシャレすぎます。

眼の部分もきれいな青色。

そこに触角のオレンジが映えていて、とても大好きなヤドカリです。

正面はこんな感じ。

やっぱり可愛い(笑)

お次はこちら。

サメハダヤドカリさん。

右のハサミ脚全体が突起に覆われているからサメハダなのかな?

どんな生き物にもサメハダとう名前が使われているような気がするのは私だけでしょうかね?

地方によっては、イシダイ釣りのエサに利用されたりもするらしいですよ。

続いてこちら。

カンザシヤドカリ。

ダイバーにも大人気のヤドカリで、写真もよく見ますね。

貝ではなく、ハマサンゴなどの塊状のサンゴに付着したカンザシゴカイ類の穴に入り込んで棲んでいます。

ほとんど外には出ずに、食事も長い羽根のような触角を振り回して、水中のプランクトンを捕らえて食べるそう。

用心深いやつですなー。

危険を察知すると、はさみ部分で穴にふたをするらしい。

ビビリなヤドカリですね。

お次はこちら。

カザリサンゴヤドカリです。

模様のはいり方といい、色合いといい目を惹くヤドカリですねー。

濃ピンクに暗色のたて縞模様、そして薄めのピンク。

触角は黄色という色彩豊かなヤドカリ。

見つけたらテンションあがっちゃいますね!

お次はこちら。

ウスイロサンゴヤドカリです。

派手めな色が多い中、このヤドカリは名前の通り薄い色の体をしています。

体色は乳白色で、触角だけ赤色。

しかも体が小さく、大きくても2cmくらい。

余計に可愛く見えますね。

お次はこちら。

ソメンヤドカリです。

デザインされたアートのような写真ですよ。

でも、貝にベニヒモイソギンチャクをつけたのはこのソメンヤドカリ。

貝の表面にイソギンチャクを付ける習性があるのです。

このイソギンチャクをつけていると、イソギンチャクの刺胞によってタコなどの捕食者から守られるそう。

みんなこのイソギンチャクつけたほうがよいんじゃなかろうか。

いきおい余ってか、ビビリなやつなのかつけすぎた個体もいます(笑)

これだけつけたら安心ですね!!

実は上に書いた、サメハダヤドカリも同じくイソギンチャクをつける習性があります。

サメハダ持っててもびびっちゃうんですね・・・。