ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

7/29 真夏の青海島
2017年7月30日

みなさんおはようございます!!

DMのしょーです。

今日は待ちに待った海の家で遊ぼうの日!!!

一日中遊ぶ予定なので朝のうちにブログを上げておこうかと思います。
 
 
 

今日のブログは昨日行ってきた青海島のこと!!

約一か月前に行ってきた時と比べて、多くの海水浴客で賑わっておりました

BBQの香ばしい匂いを嗅ぎながら海の中へ。

水温は28度近く。

青海島ってほんと寒いイメージしかなかったのに、今年はいったいどうしたのか。

サンライズ古参のササショウ君、今日も岡山からももちゃんを連れてやってきてくれた。

そして大将さんと4年ぶりに再会。

大将さんは2年ぶりの青海島に下ろし立てのM1-MkⅡを引っ提げてやってきた

そのバディのはまちゃんも新しく手に入れたTG-5で初青海島。

はまちゃんが初青海島ってのが意外でした。

本当は来たことがあるけど、忘れてる説がありましたがどうなんでしょう笑

浅いところにはイシダイの幼魚が群れておりました。

幼魚のうちは非常に好奇心旺盛でダイバーについて回ったり、つついてきたりしてむちゃくちゃ可愛いんです。

ひろしさんや皆のところには普通に寄ってきていたけど、

なぜかみなたんに異常にまとわりついて、

中島さんには一匹も近寄らなかったのが面白かった。
 
人を選ぶイシダイに傷つく中島さん。かわいそ。

青海島といったら、「トンネル」と「どうくつ」

毎回行っても飽きない面白さがあるのだけど、ポイントまで遠いのがネック。

今日も60分オーバー×2の泳ぎ通しロングダイブ

ササショウ君のサポートのもと、ももちゃんも楽しみながらしっかり付いきてくれました。

ウミウシが沢山見れる青海島

今日はこのジボガウミウシがたくさんおりましたな。

僕は初めて見たのですが、佐渡島じゃあ志賀島でいうユビウミウシ並みに見られるそう。

綺麗なヒメギンポも居たり

イワシの大群が入ってきたりして、地形だけじゃなく生物いっぱいの海を堪能してきましたーーー
 

そして今日のみやもんさん。

潜った後になんか違和感あるなと思ったら

誰かさんのウェットを自分のだと思い込んでいたようです。

そんな感じで笑がいっぱいの楽しい一日になりました。
 
 

今日のダイビングですが、「?????」選手権大会が開かれるようです。

どんなルールで、どのチームが優勝するのかな~~。

その後の海の家も楽しみですな~~~。

その様子は後日ブログでお伝えしますよ~~~。

ヌルフフフフ。

7/29 志賀島。
2017年7月29日

こんばんは。マエダサチコです。

今日はRIOさんとしょー君は青海島に行ってて、まだ帰ってませんが、
私は志賀島に行ってきました。

夜の学科講習がなくなり、明日の準備を終え、
ブログを書いたら帰ろうかと。

さて、今日の志賀島。

激熱のハイエースに慧一さんを乗せてドライブ。

そしてくそ暑い白瀬にやってきました。

先日海が荒れたせいで、海岸にはかなりの漂流ごみがありましたが、
そんなことより、アドバンス講習中にも関わらず
器材セッティングがまだできない現役医大生慧一さんに驚きでした。
しかしなんとか優秀なマスターの指導の下、
無事に潜る準備が整いました。

1本目は深場でまったり60分
2本目は浅場でまったり60分
みんな一緒に遊んできました。

透明度は3~5mになり、
志賀島の短いベストシーズンは終わりを告げました。

とは言っても、深場にはカマスやアジやメバルの群れに加え、
かわいいチャガラの群れにもよく出くわします。

今年はなんとなくオニオコゼも多いように感じています。

ブスやなー。

ウミウシは深場よりも浅場の方が多いように思います。

最近遭遇率の高いメリベウミウシ。

のみぞう園児のよう。

かなっぺは白くキレイなオトシゴに釘付け。

そうこないだの個体、今日も同じ場所に居ました。

イツメンになりつつあるオトシゴ達も見てきました。

友樹が見つけてくれました。

いいね、友樹。

深場のオトシゴも成長して定位置に戻ってきたよ。

みんなで色々観察してきました。

慧一さんも魚たちを見分けたり、写真を撮ったりして、
いろんなダイビングの楽しみ方を味わってきましたよ。

水中自撮り。

コケギンポ似。

変顔かなっぺ。

寄り目マスター。

明日は海の家で遊ぶよ。

お店は終日あいております。

7/28 素潜り基礎コース
2017年7月28日

今日は尾野真千子似の美女ゆきこさんと
素潜り基礎コースの開催

背の高さといい、体つきといい
何かスポーツをされていたのではないかと
予想しておりましたが、やはり
以前「スポーツ選手」であったことが
わかりました。何のスポーツかは言いませんが
結構トップクラスだったそうです

しかし、今はその競技より
素潜りに夢中だそうです

運動神経がいいので、すぐに動きを覚えていきます

フィン無しスイムも
僕を追い抜いていきます

フィン有りスイムも脚力が
素晴らしいのでスピードが人一倍速く
追いつけません

静のフリーダイビング
スタティック前の瞑想

スポーツ選手でいうところの
「ゾーン」というものですが
一流選手になれば、入るのも早いもの

瞑想力はあったのですが、
脳からの息苦しいサインに
惑わされてしまい、記録は伸び悩みました

それでも2分超えの記録

この辺は「慣れ」と「見極め」
これは、経験を積むしかありません

縦に潜るコンスタントも、耳抜きがスムーズにできるため
難なく潜っていきます

バブルリングはどうやら苦手でしたが、

横に潜っていく「ダイナミック」は
余裕で泳げるようになっていました

美人はどんなときでも絵になります

最後はスキューバダイビングで
のんびり潜って終了です

お疲れ様でした

以前は、プール講習を2回行くようになっていましたが
今は1回に減らしております

1回ゆえ、濃縮した講習内容になっており
少し覚えるのが大変かもしれませんが、
その分、集中して色々学べますし
コストも抑えることができますので
費用もかなりお安くなっております

時間がない方、費用をかけられない方、そして
早く上達したい方

今のうちがチャンスです

素潜りコースをは僕の気分で
急に開催されなくなってしまいます

夏の疲れが出てきたころに・・

明日は、青海島&志賀島

ダブルチームで海を楽しみます

RIO

7/27 OWプール講習
2017年7月27日

最近は、1日ダブル投稿多くなってきましたね

それくらい毎日、海にプールに繰り出しているわけですが、
疲れも当然溜まってきます。

楽しいけど、疲れる
しかし、疲れると楽しくなくなる・・・

そうなると、みなさんにも悪影響を及ぼしますので
海に行かない日を設けるようにしています
その代わり事務仕事するため、別のジャンルのストレスを貯めるので
それを発散するため、海に繰り出すを繰り返すのが夏の定番スタイルです

そんな、今日はプールに行ってきました

まゆみんと2人で癒し系講習のはじまりはじまり

癒し系女子の笑顔は夏の
疲れには秘薬なのです

僕はなるだけ大きな声を出さないように
講習するのは声が枯れないようにするため
なのですが、
プール同時間に他ショップの方がおられると、
みなさん元気いっぱいなため、声が大きいので
僕の声がかき消されてしまいます

そんな小さな声を聞きわけBCを着るまゆみん

水が大好きな彼女は深いところに
早く行きたいようで、どんどん潜っていきます

足のつりを治す練習

BC脱着

ホバリング

結構、時間いっぱいまで講習しましたが
まゆみんはまだまだ物足りないようなご様子

大抵、講習最後は疲れて帰りたいオーラ出す
方が多いのですが、まゆみんは帰りたくないオーラと
プラスのオーラで楽しく講習を終えることができました

ありがとうございます

やはり、人のオーラである「気」はとても
大事で人に接する仕事していると、とても
感じやすくなってきます

「気」が乱れている方と接すると
相当に疲れてしまうので、そんな1日は
復活に時間がかかります

楽しい1日を作るためにも、
お互いいい状態で過ごしたいものですね

さて、明日は素潜りプール講習です

ちなみに、今日は夜学科を行ったので
声が枯れ気味

明日に備えておしゃべりはおしまい

では明日

RIO

7/26 辰ノ口。
2017年7月27日

こんばんは。 マエダサチコです。

連日の海もようやく一段落。

背中にBCを背負ってるかのように、ずっしりと重い朝でした。笑

去年まで週休二日のダイビングショップだったのが、今年は世間一般的に言うならば超絶ブラック企業。
長時間労働お休みなしのダイビングショップになりました。

でも私的には好きでやってるのでブラック感はなく、
むしろ『ブラック企業 』とか言われると、
ちょっとイラッとするんですよね。
こないだもそう。
あまりハイエースの事をあまり知らない人に
悪く言われてちょっとイラッしたことがありました。

別に更年期じゃないですよ。笑

なんか自分の大事な人や物の事、自分が悪く言うのはいいけど、
それをあまり知らない他人に言われたらちょっとイラっとする。
友達が自分の彼氏の悪口むっちゃ言うから
一緒になって悪く言うと、なぜかキレられるみたいなやつね。
いやいや、あんたが言ったやん!ってつっこみたくなるけど
気持ちはわかるのよね。

愛社精神のレベルが神がかっとるんかな。
いや、私だけじゃなくてきっとサンライズっ子は
みんな似た感覚のような気がしております。

さてと。

昨日は運転してくれる翔君が居ない長崎。
ロングドライブの予定でしたが、
てるちゃんが1日9時間も運転してくれたおかげで私は
ハンドルを握ることなくここまで来ました。

平日初参加のてるちゃんと、AOW講習のふじことまるこ。

透明度はいまいち優れないけど、魚影が半端ないここ最近の辰ノ口。

北口からエントリーして水深10mすぎたくらいのいつも同じエリアで出くわすイワシの大群。

これにはみんな圧巻の様子。

でもすごいのはこれから。

カンパチの群れとアオリイカの捕食ショーの幕開けなのです。

てるちゃん興奮ぎみで、シャッターを切るも
やっぱり肉眼で見る迫力の方がでかい。

そんな捕食シーンをみて深場に向かっていると、、、

まるちゃんがなにやらソフトコーラルに興味を持った。

そう、今回どうしてもこれを触って
どんな手触りなのか確認したかったらしい。
エントリー前に『カリフラワーみたいなやつを触ってみたい』と
申し出ていたことを思い出しました。

イメージしていたよりも柔らかく不思議な感じだったらしいけど、
もっとカリフラワー的なコーラルを触りたいと言ってたので、
今度連れてって思う存分触ってもらおうと思います。

ダイビングの楽しみ方は無限大。

26m付近の暗く濁った不気味なエリアには
ファランに絶大な人気を誇るライオンフィッシュが群れていました。

ジャパニーズに絶大な人気を誇るミジンベニハゼも割といました。

警戒心が強くなかなか近寄れないのが難点。

だからこそ寄りたくなるのかもしれない。
撮りたくなるのかもしれない。

人間心理を絶妙についてくるね。

深場を満喫した後は、のんびりサンゴを見て帰ってきた。

2本目はフォト講習なので、浅場でまったり潜ることにしたわれわれ。

ゴンズイ玉がふわふわいたるところで転がっていました。

てるちゃんは大好きなソラスズメダイがサンゴに群れていないので
ちょい残念そうなご様子。

エダサンゴ。
よく見てみると、アオリイカの卵はもうほとんど残っていなくて、
新しくコウイカ系の卵が産みつけられていました。

育つのがまた楽しみですな。

沖に行くとまたすごいイワシの群れがびゅんびゅんやって来たり、

スズメダイも活発に泳いでいて、終始魚にまかれておりました。

そして帰りにはてるちゃんがレアなセミホウボウを見つけてくれました。

まだ小ぶりのかわいいサイズのセミホウボウ。
ちゃんと綺麗な胸鰭を開いて見せてくれたのに、
綺麗に撮れなくてごめんよ。

こちらもてるちゃんが見つけてくれたタテヒダイボウミウシ。

あんまり辰ノ口のしかも浅い場所で見ない気がするな。
そんなことないのかな。
あまりイボ系のウミウシにはまっていないのでちょっとよく分からない。

てか、ぼちぼち眠たくなってきましたので、
最後にまることふじこのベストショットをご紹介。

ふじこ①
ゴンズイ

ふじこ②
オニカサゴ

ふじこ③
マダコ

まるこ①
コモンウミウシ

まるこ②
ハナハゼ

まるこ③
ウミトサカ

はじめての水中写真。

上達のコツは

『撮って撮って撮りまくる。
ヘタな鉄砲数打ちゃ当たる』

と、RIOさんは言うておりました。

ご参考までに。

では、また明日。

さ、かえろう。

Page 1 of 812345...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧