ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

8/31 ベストコンディション再び志賀島
2018年8月31日

みなさんこんばんわ。

DMのショーです。

8月も今日も終わりですが、夏はまだまだ終わってません。

今日も夏らしい最高の天気と穏やかな海況のなか白瀬で遊んできました!

今日は、2011年にサンライズでOWを取った振りに来てくれた今泉さんとリフレッシュダイビング。

実に7年ぶりのダイビングでしたが

普段お仕事で水に慣れているからか、とても落ち着いていてお上手。

あっという間にスキルのおさらいをこなしてファンダイブへ

水温は沖に行っても27.4度。透明度は6m。

今年のベストコンディションはいつまで続いてくれるんでしょうか。

というか、今になって水温が上がってきたので今からがベストコンディションなのかもしれませんね。

今泉さんにウミウシを見せてあげると、ナベさんが覗きにきていたのが可愛かったですね。

今日は、ミニミニウミウシを中心に観察。

作り物みたいな質感のヒロウミウシ。

P8についてるフジイロウミウシ。

写真からウミウシ愛が伝わります。

そんなウミウシ愛好家のナベさんが一番かぶりつきだったのは

ニシキツバメガイ(三日目)

ブログで見てからずっとこのニシキツバメガイの事を考えていたそうです。

まさに恋。

居てくれてよかった。

ウミウシ系は意外と動き回るので、同じところにずっとついているイメージがなかったのですが

そんなことはなかったようです。

週末にも観察できることを期待しています。

さて、お次はナビSPチーム。

地形が複雑な白瀬をマスターして、どんな海でも二人でバディダイブするのが目的。

開拓スピリッツを刺激されてやる気満々のミネさんと

ちょっと嫌になりながらも頑張るみーあさ

たまに生物を見たりしてちょっと機嫌回復。

ライトを当ててあげているミネさんが健気です。

実は毎日サンライズブログを見ているみーあさ。

事前にチェックして目当てにしてたニシキツバメガイもカメラにおさめて、

無事やる気完全回復。

二人で協力し合って、ばっちりナビを学んできたようです!!

次回のおさらいバディダイビングが楽しみですね。

さて、明日からいよいよ天草ツアーです。

どんな旅になるんでしょうか。

RIOさん引率で、少人数でまったりディープな旅の予感がします。

もちろんその間も志賀島に行きますので、みなさん潜りに来てくださいね。

それではまた明日。

8/30 めぐのガイドテスト
2018年8月30日

テストというのは、誰もが納得できる
合格か不合格かがわかる「客観的視点」
が必要になります。

そこで、合否を決める人の主観が入ってしまうと、
その人に似せたコピー人間になってしまいますので
結果的にいい人材は育ちませんし、
いい人間にはなりません。

サンライズのDMテストは客観的な視座に立ち
試験を進めますので、誰もが納得する
結果となり、本人も納得します。

そして、今日はめぐのDMガイドテストでした。

めぐは、これまで培った知識と経験を
すべて出し切ったブリーフィングを
していました。

ブリーフィングをした通りに
ダイビングを進めていくというのは、
採点に関係します。

今日の1ダイブ目のブリーフィングでは、
P3から、P6に行き、そこからSWに
帰ってくるというものでしたが
P3に行くまでに、迷ってしまい
P6まで行けたものの、なぜかP8に
に行き、結果かなりの距離を
泳いでしまいました。

その最中に見つけた
イシガキダイ
ふじこが見つけました。

2本目は、ニシキツバメガイを
見つける浅瀬ダイブから始まり


(見つけたけど、教えなかったので
見たのは僕だけですけどね)


その後、P8そしてP2そこからP3と
これまた遠泳ダイブになってしまいました。

その最中にふじこをロストさせてみたり
浮かせてみたり、その対応に追われ
めぐは疲れてしまいましたが、
一生懸命ガイドをしていました。

自然環境と人間の行動は予測が
つきませんので、集中して
直感を働かせるしかありません

ガイディングの本質は「心理学」
でもあるのです。

兎にも角にも
めぐのガイドテストは合格です。

おめでとう。

客観的に見たら、合格でも
僕の主観を入れるとまだまだだと
思いますので、これからの課題
はそこになります。

めぐのダイビング人生は始まった
ばかりなのです。

ぬるふふふふふ

RIO

8/29 志賀島で記念50ダイブ(小夏丸)
2018年8月29日


サンライズの子たちは
皆黒い

そして、サンライズ好き

そんなサンライズ好きの中でも、
異例の速さで出世した
小夏丸がなんと4ヶ月ちょっとで
50ダイブ記念でした。

早すぎて、やばい

愛してやまない「アメフラシ」と
もう愛してない「なぎなた」が
あしらわれています。

まあまあ似てる

YEAH!!

小夏丸は、コンデジ衆トップクラスの
写真センスで、すでに何枚か入賞していますが
それも海とアメフラシとサンライズのみんなを
愛しているからで、

2011年以降、発見情報がなかった
「ニシキツバメガイ」を綺麗に
納めてくれました。

かなり、レアなウミウシだと
聞いております。

他には、名前がわからないウミウシや

不思議な生き物たちと、

戯れたと聞いております。

なんとなく想像ができますね。

これからも、明るく元気にサンライズの
中核を担う存在でいてくださいね。

おめでとう小夏丸!!

そして、いつもありがとう。

そんな楽しい50ダイブ記念の裏では
真夏の体験ダイブ講習が行われておりました。

どっちがお客さん役かわかりません。

これで何となくわかります。

仲良しのまいちゃんに
一生懸命、楽しませためぐでしたが、

いつもは行ける
P8に連れていってあげることが
出来ませんでした。

違う人と潜ったり、
やることが変わったりすると、
いつものように出来なくなることは
よくあることです。

プロはどんな時でも一定の水準で
行えることが、プロたる所以ですので、
当たり前のことを当たり前にやれるよう
頑張ってください。

再三申しておりますが、
海の中は「集中力」が鍵になります。

そして、好きこそものの上手なれと
言われるように、好きであれば
いつの間にか上手くなっているものですので、
ぼちぼちやるのが、結果的に上手くいく
ように思います。

ぼちぼちじゃない小夏丸の
100ダイブは年内??

RIO

8/28 福岡でオープンウォーターライセンスを取る
2018年8月29日

福岡でライセンスを取得する際、
現在15社くらいのダイビングショップさんが
ありますので、取得される際、お客様は
悩むと思います。

どこで取っても、同じライセンスですが、
お店によって、習う内容や、思い出の
大きさは違ってきますので、
値段や立地だけで、決められない
ところがダイビングのような
目に見えずらいサービス業の難しいところです。

もし、今僕がお店を選ぶとしたら、
ネットで適当に探して、合わなければすぐやめて、
を繰り返し、「足」と「ピンとくる感覚」
を頼りに自分に合うお店を探すと思います。

ネットのお店情報は、半分以上が「作り物」
であることを知っていると、実際に
自分で「見て、聞いて、体験する」しか
方法はありません。

サンライズのブログでは
できるだけ、ありのままを伝えようと
いいことも悪いことも恥ずかしいことも
出すようにして、お客様が選びやすい
情報を提供していますが、たまに
やりすぎてしまうことがあり
「あれ大丈夫?」と心配されることも
ありますが、自分の「思い出用」に書いてる
面もありますので、真実を書かないと
後から読み返した時に、楽しくありません。

楽しさを優先しないとなかなか
長く続けられませんからね。

すでに、このブログは、卒業アルバムも
手紙も写真も持っていない、
僕の宝物になりつつあります。

さて、バブル崩壊後、増えだしたダイビング
ショップですが、一度は減った時期もありました。

増えるというのは、他県から福岡に人が流れている証拠であり、
これから先、人口は、更に福岡一極集中していくと
予想されていますので、ダイビングショップは
増えるかもしれません。

また、インターネット産業の反動も大きく、
SNSが普及したことにより、「ハンドシェイク」
の価値があがったのも事実です。

人間はやはり、面と向かって会うというのが
不可欠であり、必要なのです。

ダイビングショップバブルはまた
起きるのでしょうか。

そして、縁あってサンライズに来てくれた
こちらの方。

サンライズには美女が来る説が
立証されそうです。

夕方から、貸し切りプールで
2人だけで講習です。


何百回も教えているうちに
洗練され、無駄なことがなく
教えるスピードと質が相当に
あがっているのを感じます。

ここまで洗練するのは
かなりの経験を要しましたが
時間と体力を使わず、思い出深い
講習をすることができるのは、
僕の財産のひとつでもあります。

とんとん拍子に講習は進み、

とても上手だったので、
2時間ちょっとで、全て終了しました。

僕の講習の弱点は、スピードを求めすぎるため
「早口」でしゃべるくせに「活舌が悪い」ので
聞き取りにくいことです。

店長クラスになると、僕のどんな言葉も
聞き分けてくれますが、一般の人には
通用しません。

しかし、こればっかりは直りませんので、
これでもいいという方は、
サンライズにお越しくださいませ。

ざっくばらんな、変なお店ですが
未来に向かう「急ぎ足」のお店でも
ありますので飽きが来にくいのが特徴です。

RIO

8/26 沖ノ島日帰りボートダイビング。
2018年8月28日

こんばんは。 マエダサチコです。

先日日曜日、今年2度目の開催となります

【神宿る島、沖ノ島】への日帰りボートダイビングが無事開催されました。

都会の真ん中、東浜から船で約2時間半60km離れた絶海の孤島なので、

ほんのわずかな風向きの違いで実施できないことが多いのですが、仕方ありません。

急な天候の変化で大海原に投げ出されてはたまったものではありませんからね。

この日も開催も前日までハラハラしていましたが、

船長さんから決行の連絡がきて、ほっとしました。

今回は5人が初めての沖ノ島。

てるちゃんに至っては、

去年から天候に恵まれず3回中止になってますんで、

ワクワクが止まらずに、

4:00起床で山の中からはるばるやってきました。

毎年沖ノ島とダンゴウオだけは外さない女、

都留っ子は、嫁に行ってもそのスタンスは変わりません。

大ちゃんは良い写真を撮る事だけに集中してサマディー。

そうこうしていると見えてきました。

岩肌がかっこよくて勇ましい立派な島でございます。

何度来ても、思わず手を合わせてしまいます。

今回も安全祈願をし、早速海へ。

1本目はソフトコーラルの群生したアーチのあるポイント【岩屋】にエントリー。

一気に水深は30m。

透明度は今年はイマイチで、

スカーーンと抜けず10~15mといったところでしょうか。

それでもいつも潜っている玄界灘とは同じ玄界灘と思えないくらいにきれい。

志賀島っ子は大満足。

メインのアーチ付近にも前回よりも明らかに魚が増えている感じでした。

初めてのボートダイビング、初めての沖ノ島に

バックロールエントリーで怖がり、船酔いでリバースし、

ダイコンとグローブが無い騒動でモタついたせなこんぐも、

海の中では可愛さ満点ではしゃいでおりました。

志賀島や辰ノ口ではこんなに見られないソフトコーラルの群生とキンギョハナダイの群れ。

日本の固有種タカベの群れやタカサゴやアオブダイなどの南方系の魚も前回よりも増えていました。

そして、沖ノ島近海と言えばこの子。

ハリセンボン。

まいちゃんいつもハリセンボンを抱えているイメージが定着しつつありますね。

南方系ウミウシ、シロタエイロウミウシはウミウシファンたちを魅了。

みんなでウミウシ囲んで記念撮影。


一足早く安全停止中のてるちゃんは集合写真に入れなかったてるちゃんは

エアが持つように、色々と試行錯誤中で、次回からフィンを変えてみるようです。

『わたしは真弓と違ってデコは出さないわよ。』と、せなこんぐ。

大潮でしたが流れもなく、大変気持ちのいい海でした。

2本目は水面が波立っている為、メインの【遺跡ポイント】には入れず、

港横の新しいポイントに入ることに。

ここは一番深いところでも水深20m。

砂地に、大きな岩が点在しています。

ここでは、イツメンのウミウシたちを観察し、

その後、1本目のアーチよりも一回り小型のアーチをくぐり抜けます。

ここに群生する紫色のヤギ類がとても綺麗だったのが印象的でした。

アーチを抜けると水深は10mほどで、

差し込む光がまた神秘的で癒されます。

最近もっぱらワイドレンズの大ちゃんも

さぞ素敵な写真が撮れたことでしょう。

しかし、今回は大ちゃんの写真だけで400枚以上あった為、

割愛させて頂きました。。。

ここのポイントでは、イソギンチャクがぎっしり群生した巨大な瀬がいくつもありました。

むちゃくちゃイソギンチャクきれいだったんです。

しかし、これだけイソギンチャクあるのに、

魚少なし。笑

クマノミがもう少し居てくれてもいいのではないかというの正直な感想でございました。

まだちょあっと早いのかな。

まーちゃんも、沖ノ島飛び入り参加できてよかったー!

こなまるも初沖ノ島ばんざーーい!

まいちゃん、初めて感ないけど、

今回も素敵なワイド写真撮れたかな?

ご参加の皆様、ありがとうございました~!

お世話になったコスミックの皆様、

ご一緒したフリージャムさん・マジックアイランドさんもありがとうございましたー!

今回は器材を洗わずに済んだので、快適な時間でした~m(__)m

志賀島組のみなさんも、ありがとうございました♡

Page 1 of 712345...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧