8/20 アンドンクラゲに気をつけよう。

アンドンクラゲが海の世界を牛耳ろうとしています。

あるいは海の世界がアンドンクラゲを牛耳ろうとしているのかもしれません。

海のくわしいことはよくわかりませんが、アンドンクラゲたちは、そのへんにある海の栄養をもとにその数をどんどん増やし続けています。

天敵のいない浅瀬にいるアンドンクラゲたちは、潮の流れと共に散らばっていきます。

アンドンクラゲの主戦場は水面直下。

水面にいることがおおい素潜りとアンドンクラゲの相性は、うなぎとスイカよりも悪いです。

むしろそんなものには例えられないほど最悪です。

かといって、フードをかぶって水面にいると顔に丸い焼け跡が残ってしまうので、日焼けとの相性を考えると素肌がいいんですよね。

スキューバダイビングだと心配する必要もない悩みですが、そのうち慣れてしまうことを祈りたいと思います。

 

さて、今回の講習生はゆきさん。

素潜りで撮る水中写真をやってみました。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

カメノテのアップ。

素潜り講習最終日だからなんだって自由です。

 

ワイドレンズで地形を撮影。

こんな風に撮れていました。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

カマスがいっぱいいました。

ついでに、「ダツ」もいっぱいいました。

志賀島にダツが出てくるなんてはじめてです。

黒潮(対馬暖流)の流れが変わったんでしょうか。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

フードレンズがずれると、けられてしまいます。

けられるとは、カバーが映り込んでしまうことをいいます。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

気をつけましょう。

 

ちょうどスナイロクラゲが横切りました。

素潜りにはいい被写体です。

クラゲだっていいやつもいるんです。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

カワハギのこどもたちが一緒に浮遊していました。

この触手に隠れていれば安心です。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

ゆうゆうと潮にのって白瀬のほうへと泳いでいきました。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

ゆきさんもクラゲに刺されながらイルカと泳ぐトレーニングにはげんでいました。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

背面泳ぎ。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

僕はアンドンクラゲに耳と首を思い切り刺されて意気消沈。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

途中からスキューバに変えて下から撮影。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

水底にねっころがって、

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

 

バブルリングの練習。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

14時までいろいろやりましたので、くたくたになって終了です。

おつかれさまでした。

 

おがさわらのイルカたちによろしくおつたえくださいませ。

ダイブショップサンライズ 素潜り基礎コース

 

RIO