10/18 フリーダイビングの練習

まずは、お知らせ。

2019年11月6日〜11月19日まで店長がお店におりません。

その間、海には行きますが、返金等の事務作業、ウエットスーツの採寸、在庫にない商品の発注、機材のオーバーホールは、一切お受け付けいたしません。

どんな理由があっても、どんなにお急ぎの用があろうとも行いません。

お気をつけください。

ご用の方はお早めに、または19日以降にどうぞ。

 

さて、昨日は久しぶりの登場の友蔵。

ダイブショップサンライズ 瞑想

ダイビングは、ちょっと怖くなってしまったので、一旦お休み。

 

素潜りで、水との一体化を目指します。

ダイブショップサンライズ 素潜り

 

水に対する恐怖心はないようで、とても上手に潜っていました。

ダイブショップサンライズ 瞑想

 

ダイブショップサンライズ 潜行

 

精神を統一することで伸びていくスタティックは以前より、短くなっていました。

ダイブショップサンライズ スタティック

人の心というのは複雑で、その辺のあるようなカウンセリングやセラピー、気功、ヨガ、自己啓発のようなものでは片付けられません。

むしろ、人間がどうにかできるような代物ではなく、未だ手探り状態です。

 

ただ、間違いのないことを一つ言うとすれば、「頭(理屈)で考えたことは大体間違っている」ということです。

ですので、仮説を立てた場合は、間違っていないか、実験、検証、整理をしなければいけません。

これは、すべての物事において、できるわけじゃないところがミソになります。

 

大脳支配の生き物(人間)が誕生して、600万年しかたってませんから、あと1億年くらいかけて進化して、大脳3.0くらいになれば、今みたいな大脳の誤作動は起きなくなるんじゃないですかね。

(まあ、それまで人類が滅びなければの話ですが)

そうすれば、しょうもない争いや悲劇が生まれなくなりますが、僕らが生きてる間は間違いなく、同じような争いや悲劇は繰り返しますので、そのつもりで生きていくのが、気楽でいいですよね。

 

そこで、今の人類が持っている不完全な大脳1.0であることを包み隠さず、出来るだけバージョンアップできるよう、常日頃から「ゲーム感覚」で頑張るのが、人の努めになります。

 

注意としては、ゲーム感覚でやるということ。

真面目にやりすぎると、死にたくなります。

どうせ無理ゲーなので。

 

RIO