MSD限定竹島・硫黄島ツアー最終章

こんにちは。 マエダサチコです。

今日はアップルストア前がすごいことになってました。

早い人は水曜日の朝から並んでましたけど、、そんなに欲しいかな。iPhone 6。

ダイビングショップにはどうやったら行列できるかな?

どうやっても出来ないか。笑。

さて、今日は昨日の続き。

【竹島・硫黄島ツアー最終章】更新です。

赤茶色の港で硫黄島上陸記念撮影。

なんでもこの港、赤茶色しているのは表面の数十センチだけなんだそうです。

ここに潜ると、海の色は、黄色から赤、さらに赤紫から紫へと変化していき、、そこにはイソギンチャクや様々な生き物たちが普通に生息しているそうです。

そして驚くことにこの火山の島で硫黄の影響により赤茶色になっている海の底に珊瑚までもが発見されたそうです。

酸性の強いの赤茶色の海に息をひそめて生息する珊瑚、海上からは赤茶色の海が広がるばかりで見えないけど、太陽は届くのかな?

それにしてもこの下に珊瑚があるなんてなんか神秘的ですねー。

この日も海は前日と変わらず海は時化ていましたが、潜れるエリアを求めていざ出港。

徐々に海の色も薄くなってきます。

途中イルカの群れにも出会い、ほんのり晴れ間も出てきました。いい感じ♪

出港して1分。あっと言う間にキレイなブルーの海になりました。

風の影響で前日と同じポイントでのダイビングとなりましたが、相変わらずいい感じの水中景観。

硫黄島ドロップオフへドリフトダイビング。

タヌキイロウミウシが居ました。

名前になるほどタヌキ色かな?

モンハナシャコも居たけど、なかなか出てきてくれませんでした。

見えるかな?

見えないね。笑

ウミヘビはいたるところで泳いでいました。

岩礁域にはカエルウオもひょっこり。

カエルウオスマイル。

RIOさんの大好きな美人のハタタテハゼもペアで仲良くホバリング。

よくいるけどきれいなオトヒメエビや、

でかいイシガキフグもすいすい。

ハナムロの群れも何度か入ってきてキラキラ光ってきれいでしたね。

最後はしっかり安全停止してから浮上。

休憩時間もいい感じに晴れ空の下、荒れていない島影でひとやすみ。

唐津の七ツ釜みたいな洞窟もありました。

七ツ釜にあんまりいい印象はないですが、ここは素敵なところ。

早速スノーケリングをして遊んだり

素潜りをして遊んだりして夏を満喫。

夏かな?

秋だね。

水中では物体は33%大きく、そして近く見えますね。

晴れてテンションが上がってきたリゾートおにぃ。

硫黄島最終ダイブはリゾート外人スタイルで潜ることに!!

水温は27℃あるけど、寒くね??

ってみんな心配しましたが、リゾートおにぃは行きました。

みんなもぞくぞく潜降。

リゾートおにぃ、寒くなかったみたいで、終始ご満悦でしたね。

ウエイトもいらないし、動きやすいし、水の動きも肌で感じられて、幸せなひと時だったそうです。

キンギョハナダイや色鮮やかな魚達を見ながらまったりドリフトダイビング。

海は荒れてたけど楽しい思い出いっぱいの2日間でしたね。

最後はフロート上げて船のお迎えを待ち、

荒れた海の中2時間かけて鹿児島まで帰りました。

雨か海水かわからないけどとにかくびっちゃんこになりながら無事に港に到着し、

色々あったけど、今回もまた楽しい3日間でした。

おーっ!!!

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!!