5/22 志賀島で海を満喫。水中カメラの新時代。

マスクが可愛いと海の世界が変わる。

GULL マスク 

それは、お気に入りのジーンズを履いて街を出ると、自分の脚に自信を持てるように。

 

僕は常々、器材はこだわるようにしています。

昔からダイビングを嗜んでいるおじさんダイバーの中には、BCなんて、1980年代出始めのやつでも使えればいいんだ。マスクなんて、海女さん円筒マスクでいいんだ。レギだって、重くてでかくてダサくでもいいんだ。

と、こだわりと美意識を持たない方をお見かけすることがありますが、

それを、釣りに例えますと、なかなか上がれない五島列島のA級の磯に上がって、8000円の磯竿に700円のウキを付けて、3000円のリールに500円の糸を巻いて、40センチ級のメジナを釣る、磯釣り師に似ています。

一応、メジナを釣ることができるギリギリスペックの釣具たち。

竿はガイドの滑りが悪くギシギシと雑音が耳に触り、ウキもバランスが悪く気持ちよく潮に乗らず、海との色合いも悪い。リールはベールの返りが悪いので、たまに戻ってきて仕掛けが投げられない。

メジナを釣って、生活の足しにするなのなら別にこれでもいいんですが、これは楽しいんですかね?

海の世界を思いっきり没頭することができないなら、50%以上妥協して中途半端に遊ぶくらいなら、僕は一切やりません。

価値観の違いではあると思いますが、ある程度自分のこだわりの道具で遊ぶ。これはどんなことにも共通しているように思いますね。

というわけで、いきなりディスりから入りましたが、我が国では法的に表現の自由が許されていますので、我がブログでは遠慮なく、自由に書いております。

変顔

このような可愛いお顔も、本人の同意をもらえれば掲載可能なのです。

 

さて、今日は志賀島ダイビングwith東区探訪の日。

12時に集合して、鬼ちゃんとミカちゃんと店長と4人でダイビング。

志賀島ダイビング

 

まずは、小さすぎるアイドル「ホムラスベヨコエビ」の撮影から。

ホムラスベヨコエビ

ちっさ!!(鬼ちゃん撮影)

 

その後、店長のガイドで四つ岩へ

ガイド

 

お腹が大きいオトシゴさんがおりますよ。

お腹のせいで動けませんので被写体にはなりやすいですが、刺激しないようにさっと撮って立ち去ります。

タツノオトシゴ

次の大潮くらいで産みそうですね。

 

最近、多いクロコソデ。

クロコソデウミウシ

 

可愛いメバちゃん。

メバル

最近、おとなしい個体が多いのはなんで?

 

ライトアップウミウシ。

シロウミウシ

 

あれっ?

鬼ちゃん。マスクがイントラ専用パラゴンに変わっている。

アメフラシ

 

メーカー最高峰のマスクで、上の中のイケメンに。

アメフラシ

アメフラシよりかっこいいだろ〜

アメフラシなんか、雨降らすことと、肌触りがいいことと、目が小さくて可愛いくらいしかいいとこないぜ〜

とか言いつつ、いつの間にかいなくなるぜ〜

アメフラシは蝉のようだぜ〜

はかないぜ〜

白瀬

鬼ちゃんは、サンライズ歴が一番長く、これまで色々な人と魚を見てきました。

そんなダイビングの酸いも甘いも嗅ぎ分けた鬼ちゃんから、

ここで、一言。

「若いやつは、色恋と転勤でダイビングをやめる。若くないやつは不健康と家族の都合でダイビングをやめる」

 

まあ、やめたければ、やめればいいぜ〜

趣味なんかいくらでもあるからよ〜

よく考えたら、趣味なんかなくても生きていけるしな〜

たかが、趣味、されど、趣味なんだぜ〜〜

まあ、どうせ人はそんなに長く生きれないんだから、俺は好きなことをやるぜ〜

いくつになっても酒にも溺れるぜ〜

 

焼肉屋 東区 

なんでかって?

冥土に持っていけるのは、どうやったって「経験」だけだからだよ〜

実は結果より、過程の方が500倍大事なんだぜ〜

 

 

鬼ちゃんおすすめの東区の焼肉屋で、味わい深いお肉をつまみに、4人で語り合いましたとさ。

 

めでたし。めでたし。

 

※今回の写真は全てスマホで撮ってます。わかったかな?

 

RIO