12/29 2019年完全潜り納め 熊本の淡水湖でダイビング

昨晩、かしこまったビジネス文のような形で今年最後のブログの冒頭を飾ろうと考えていました。

今年の締めですし、最後くらいはきちんとしないといけないだろうと。

しかし、あのような儀礼的な文章は誰が読んでも誰の心にも届かない上にほとんどの人が読み飛ばしてしまうだろうと容易に予測できました。

そしてきちんと書いたあとに、誰かに言われるんです。

あんな風に書いて、ただ知性をアピールしたいだけでしょ!

わかってますよ。あれ別に誰かに向けて書いてるんじゃないことを!

いや、別にアピールしたいわけではなくて、一種の芸術としての意味合いもあるし、いいおじさんがそんなこといちいちアピールする必要なんてないでしょ。

 

悩みましたが、普通に書いていこうと思います。

今年もあと数時間で終わりますね。

どうせなので今年を少し振り返ってみますか。

さて、今年はサンライズはどのあたりが成長できたのでしょうか。

どのような進化をしたのでしょうか。

じっくりと思い返してみたのですが、さっぱりわかりません。

おそらく変化はしてるのでしょうが、それが成長と呼べるものなのか、進化と呼べるものなのか。

結果として、足踏みした一年とも言えますし、駆け上がった一年とも言えます。

よくわからない原因として、歳を重ねたことによるプラス分とマイナス分の幅の広さが変わったことがあります。

例えば、これまではプラス50でマイナス50でプラスマイナス0だったのが、最近ではプラス200とマイナス200でプラスマイナス0といった風な具合です。

少しでも不具合があると大きく傾いてしまいますので気を抜けません。

そのためには、体が丈夫であること、突発的なアクシデントを減らすこと、メンタルを一定以上の良い状態に保つこと。

これからはあまり無理をせず、雲が徐々に流され青空を広げていくように焦らず頑張らず、いいものを作っていくしかないんでしょうね。

質を今より高めた一年にしたいですね。来年は。

 

さて、今年最後のダイビングは、2013年の潜り納め以来に行った嘉村湧水公園でのダイビングでした。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

 

住宅街と田んぼの間に湧き出ている湖です。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

いつも不思議に思うのが、日本の田舎ではとにかくいつでも静かにしてくれと注意をされます。

田舎の人たちは通年を通して静かに暮らしていますよね。

たまには賑やかしいことが近所で行われいても良さそうなものじゃないですか。

僕なら別になんとも思いません。

むしろ歓迎します。

もし、うるさいと思えば、ノイズキャンセリングのイヤホンをすればいいですし。

そもそも、田舎に住んでいる人たちの大半は耳も遠いことですし、騒ぎ声も完全には聞こえていませんから、もっと寛容になっても良さそうなものですが、保守を貫く田舎ではそんなことが通用するはずもありません。

田舎には田舎の道理というものがありますので、ここは静かに楽しみます。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

メンバーは珍しく男ばっかり。

そして、河童が似合うシチュエーションでした。

 

湖の手前が一番深くて1.5m、水温が18℃ということでワイドレンズの内側が曇ってます。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

 

透明度は30mくらいはありますので、目が疲れません。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

 

コイ科のオイカワ、ハヤ(ウグイ)が泳いでいます。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

ウニいませんし、サザエいませんし、サンゴもありませんが、タニシがいっぱいいます。

いつもと違うのがいるので、目が慣れません。

 

マエダ科の幸子も泳いでいました。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

 

湖の奥にいくと、藻が水面下1mくらいまで生えています。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

 

根っころがれば、藻のベッドも堪能できます。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

ふんわりふわり。

 

足が立つところには、アメリカザリガニが潜んでいました。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

 

結構な数いますので、童心に帰り捕まえてみるひろし。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

 

僕も何年ぶりかに触ってみました。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

ハサミの力がすごい。

 

こんな綺麗なところにいるアメリカザリガニは(美味しいかどうかわかりませんが)臭くはないと思う。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

 

エントリー位置に戻ってみると、少し濁っていました。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

人が騒ぎたてると濁るのは海と同じです。

それでも透明度は20mほどありました。

 

最後は隣にある湧水プールで器材を綺麗に洗います。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

 

水は飲めるレベルで綺麗なので、市民プールと違って端までくっきり見えます。

ダイブショップサンライズ 熊本嘉島町湧水公園

器材は使いながら洗うのが一番塩が抜けます。

体もベタつかないし、快適そのもの。

シャワーもいりません。

 

60分ほど淡水で遊んだら、

お次は山鹿温泉の方へとレッツラゴー。

走ること1時間で山鹿の温泉街に到着です。

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

 

温泉街のさびれたペットショップを見つけると一目散に入っていく幸子。

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

オカメインコもカメレオンもいませんでしたが、セキセイインコを見ておりました。

 

昭和に流行ったであろうスナックビルで「スナック幸子」を開業しようか悩む幸子。

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

 

スナック幸子にはどんな場所でも駆けつけてくれる固定客がついておりますので安心です。

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

 

ランチはひろしのリクエストで「肉」の店。

店の名前は忘れましたがクマモンは覚えています。

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

 

トータル1時間以上待ってようやく出てきた馬刺し丼。

ひろしは出てきて3分で食べました。

食べた後に、「まだ食べてないかもしれない」と認知症患者のようなことを言っていました。

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

 

ようやく温泉。

その名は「さくら湯」

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

 

江戸時代から改修を重ねて今にいたる山鹿の中心的な温泉です。

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

 

温泉の雰囲気いいし、休憩所も綺麗だし、休憩所誰もいません。

今回珍しく帰りの運転の私はお昼寝タイム。

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

 

ここでログ付け。

今回は(年末大放出ということで)宝箱三本分もらえます。

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

 

温泉の歴史資料館や、入れない温泉なども観光できる面白い場所です。

是非行ってみてください。

まあまあおすすめです。

ダイブショップサンライズ 熊本 山鹿温泉

 

今回のツアーは忘年会付き。

つぼやんの家の近くにある居酒屋(新店)にいくことにしました。

ダイブショップサンライズ 大野城居酒屋

 

肉を食べたい人に向けて、こちらは肉(tori)専門店でございます。

ダイブショップサンライズ 大野城居酒屋

 

 

「まだ食べてないし飲んでない」と言い張るひろしちゃん。

食べても食べても腹がいっぱいにならない立花さん。

 

だったら、白飯いっぱい食っちゃうよ。

ダイブショップサンライズ 大野城居酒屋

行ってらっしゃい!!

 

楽しい1日はあっという間。

 

昨日は大掃除の後、ダラダラお店で飲んでたらいつの間にかAM1時過ぎ。

31日の今日は自分の家の大掃除と洗濯4回転とブログ。

(年末は洗濯回す暇なかったから、サンライズパーカー着れなかった)

 

明日1日と2日休んだら、3日目は初潜りの準備で店内で仕事。

4日、初ダイブ(10名前後)となりますので、結果的に年に一度の正月休暇は「2連休」ということになっております。

そんなわけでしっかり休みます。

でも、休むっていっても何をしたら休みなのかわかりませんが、せっかくの2連休なので、カフェで読書したり、神社に行ったり、本屋に行ったりしたいと思います。

(ていうか、それいつもの日常やん)

 

そんなわけで、2020年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

 

残り、3時間か。

 

 

RIO