宮崎 日南ツアー1/2

さわでぃーかっぷ。

RIOです。

今日は日南ツアーの様子をお届けします。

毎年クリスマス頃には宮崎で過ごそうという企画のもと
始まった日南ツアー。

今回は日南大島で潜ろうということで、油津港にやってまいりました。
その前にまずは腹ごしらえ。

油津港で有名なびびんやさんで海鮮料理を食べて

宿で着替えて、油津港から船に乗り込みます。

港の集合時間に間に合うかと心配してましたが、完璧な段取りで俺もやればできるやん。
運転も完璧やったしね。

油津港を出航して10分で大島港の岸壁に到着。

ここを拠点に準備です。

1本目は大島の灯台下で潜ります。

ボートダイブ初が2人。
ぞのみとあいちゃん

ぞのみは船酔いにも強く、ボートエントリーも上手にできました。

あいちゃんもエントリーも潜行も上手くできました。

まさーしーもボート2回目ながら余裕で楽しんでました。

透明度は10Mくらい。

水温20℃。
めっちゃあったかい。

魚もいっぱい。

ウミウシもみれました

ウミスズメも

ガラズハゼも

ウミウサギガイも

色々見た後は浅瀬で安全停止。

でも、数人は安全停止1分くらいで浮いていってしまいました。
ウエイトを軽くしてるのでしっかりロープにつかんで浮力をコントロールしないと
いけませんね。

1本目終了したら港でタンク交換して次のダイブ。

もたもたしてたら、ナイトダイビングになってしまいます。
昼間が一年で一番短いから。

2本目は釣り人がいたら入れない、先端アーチ。
灯台の先にあります。
時間が遅かったので釣り人がいなくなっていたので入ることができました。
宮崎のポイントでも透明度がいいところ。

いきなり、イワシの大群。
透明度15m。

ここは地形が複雑であちこちにスリットがあります。

リブリーザーで穴に入っていくとこを見ると、映画の1シーンのようです。
この機械で潜ると100mまでいけるそうです。

われわれは普通のスキューバダイバー。

お気軽に潜っていきます。

そして、大きな岩の間に出ました。

透明度がいい岩の間を潜って

幻想的な風景。

タイヘイヨウイロウミウシや

ハナミノカサゴ

魚をみたら、また岩の隙間を帰っていきます。

最後はきちんと安全停止してあがりました。

浮上すると少し暗くなってました。
日の入りに近く、サンセットダイビングになりました。

港に帰るともう真っ暗。
日が当たってないと日南でも寒い。

そんな真っ暗な海を白石さんたちは自分たちの港まで
船を走らせ帰っていきました。

そして、宿に戻ると作業着のおじさんたちがいっぱい。
急遽変えた宿は現場のおじさん御用達の場所でした。

なんか潜水士のころを思い出してしまいました。

一歩宿を出ると油津の町は若者が集まり、地元のタレントのファッションショーで
盛り上がっており、外もそんなに寒くないことに気がつき、福岡でいう初冬。

そんな、クリスマスムードをかけ離れたような場所で食べるケーキも
またいいものでした。

かげちんがもってきてくれたトランドルケーキダブルを
美味しく頂ました。

もちろん、サンタもいましたよ。

これで明日は最後の日南ダイブです。

今日はここまで。

続きは明日。

それではまた。