日南TOUR 1/2

さわでぃーかっぷ。

RIOかっぷ。

今日は海ないので、早朝からアシュタンガヨガ。
イブの朝、暗いうちからハードなヨガ2時間もやってると、
修行僧になった気分。

そんな修行僧なRIOがこの前の日南ツアーを
お届けです。

日南ツアーはここ2年、僕一人で運転して
帰ってきてます。
今回3回目。
疲れがたまってきてたので、
気合いれておかないと眠り姫に誘われて、
ガードレールにどーーん!!
おんぼろハイエースと共に天国へさようなら
とならないように、横にはまさーしー着席

まさーしーと政治トークしてたら、
4時間後、無事びびんやへ。

この辺ってこのびびんやしかお昼食べるとこ
ないんですよ~
でも、美味しいからいいけどね。
お茶漬けみたいなカツオ飯が有名です。
あとマグロ。

ここから港まで数分。
亜熱帯の島、虚空蔵山で知られる目井津港に到着。

左に見えてるやつね。

みんなはお昼寝して、体力充分。
早速着替えて出船なり。

ドライのインナー着てると暑いくらいの日差し
海は荒れてるらしいけど、ほんとかな。
港を出て数分。

あんまり荒れてない。

ポイントまでは約15分ほど
沖に行くにしたがって、
大きなうねりを何度も越えて
宮崎のビッグスウエルを体験。

1本目のポイント名は「コクセキ」
今回行ったみんなはログブックに書いといてね。

バックロールエントリー

どぼーんとな。

普段は透明度安定して、
15~20mある大島がこの日は5~7m

黒潮が入ってきてないらしく、
濁りがとれないようです。
そんな中でもマクロにピントを
あわせればかわいい生き物たちが

ガラスハゼが透明に光っています。

南国特有の大きなヤドカリ

ヒトデにひそむエビ

どこにでもいるコイボ

はっしーがドライに苦戦しながら、
ざっきーが耳抜きに苦戦しながらも
1ダイブ終了。

船にあがると強風吹きすさむ嵐の真っ只中。

ま・まるいね、、、、。

休憩後
2本目は「五本松」
これもログにね。
これは書いたか。

水温20℃の海水に入るとあったかい。

懐中電灯で顔を照らし、おどす翔くん。

それを見たまさーしー
何かいた模様

「イカがいますよ」

イカがいますよ?!

そのときすでにイカは遠く向こうへ。

その代わりにモンガラいました。

寒いの?

2ダイブ目上がると、
更なる強風向かい風。

あの、南国日南はどこいった、、、、。

日南の冬は風があると寒いのだ。

そそくさと帰り、お風呂に入って、末端血液がじんじんと
戻ってきて、ようやく夕ご飯を食べれるようになりました。

クリスマスになってないけど、
男だけでクリスマスケーキを食べ、

夜、田舎のスナックにでも行こうとしてたら、
へたれはっしー真っ先にダウン。

はっしーは、20年ぶりにここ日南で偶然
再会した幼馴染の夢をみていたらしい。

むにゃむにゃ。
よかったね~~

みんな22時就寝おやすみしました。

明日は2日目。

また明日も見てね。

ではまた。