福岡のダイビングショップ|スキューバダイビングのライセンス取得はダイブショップ サンライズ

ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

サンライズCALENDAR

ブログ「日々のサンライズ」

10/15 仲間と行く長崎プチ旅行。
2017年10月17日

こんばんは。マエダサチコです。

今日は体験ダイビングとかファンダイブが入ってたんだけど、

志賀島潜れず中止となりました。。。

最近連日志賀島クローズで、本格的な辰ノ口シーズン到来。

今日は日曜日の辰ノ口のこと。

この日は一日しっかり雨でした。

講習生やリフレッシュのゲストは帰りが遅くなるからとの理由でキャンセルとなり、

ファンダイブだけで行ってきました。

気の知れたメンバーで行く長崎はプチ旅行気分。

みんな最初にサンライズに来た時はひとりだったけど、

一緒に飲んだり、遊んだりして、

ダイビングだけじゃない時間を一緒に過ごして強い絆でつながって

なんなら一生の友達や恋人、家族にもなれる

そんな仲間もできるからダイビングってすごいよね。

水中は相変わらず白茶けてるけど、魚はいっぱい。

リクエストのカエルアンコウも見てきました。

ライトに照らされるきれいなレモン色のいいサイズのカエルアンコウ。

たっちゃんが超キュートに撮ってくれた☺

人気出ないわけない。

しかもピクリとも動かないから、写真も撮りやすい。

まーさも久々のカエルアンコウにテンションあがる。

かわいーよね♡

ツボヤンもカエルアンコウ目当てにやってきたのです。

きれいに撮れたかな。

ナベさんにはまだ早い気もしたけど、見せてあげました。

感謝して。笑

そして、よく見るとこのカエルアンコウ。

ウミウシに寄生することで知られてる【コペポーダ】が寄生してるんです。

しかも何匹も。笑

この写真だとわかりやすいかな。

実際に肉眼でも確認できるので、みんな見に来てくださいね。

この日もオレンジカエルアンコウは発見できなかったことに悔いが残りますので、

諦めず今後も捜索していくつもりです。

二本目は深場へ。

深いのでDECOとの闘い。

ダイコンとにらめっこしながら生物探し。

ガラスハゼに

オキナワベニハゼ。

オルトマンワラエビとかアカオビハナダイなんかも見てきました。

ネリゴやイサキの群れもいい感じに入ってきて見ごたえ十分だし、

ウツボとも最近よく遭遇します。

出てくるとちょっと怖い。

そして、この日は湾内でも色々面白いのがみれました。

ヒラメとまーさ。

ホタテウミヘビとまーさ。

湾内にもツバクロエイっているんだねー

では、また明日。

明日はふーみんのDM学科講習。

テスト合格するかなぁーーー

10/15 雨の日曜日~ドライ考察~
2017年10月15日

こころなしか、天神は人が少なく
秋雨を避けるようにひっそりとしています

今日、みんなは辰ノ口に行っていますが
僕はお留守番

お店にいると、運送会社からお届け物が
届きます

開けてみると、ドライスーツ

僕、店長、めぐちゃんのドライ
が届きました

真新しいドライは、やる気エネルギーが
宿っているように感じます

今回の
僕のテーマはブルー&ホワイト

僕が、黒いスーツで潜るのが嫌いなのは、
潜った後の「気分」が全然違うからなのです

片づけやメンテナンスも含めてです

ですが、僕のようにガンガン潜るインストラクターは
丈夫な素材でないと、すぐに破れてしまうので、
その場合は「黒一択」になってしまいます

まあ、ラジアルもメッシュスキンも「黒」しかないので
仕方がありません

ウエットスーツは、夏の日差しを浴び、高温多湿で使用する
ため、表面の生地やマークがはがれてきたり、両面とも水に触れるため、
圧力や塩素、塩水の影響を受けやすく、生地が傷んでくるのが早く、
破れたり、薄くなって寒さを感じやすくなってきます

ですので、低~中グレードのウエットスーツは逆に
コストパフォーマンスも悪いし、寒さが嫌いな僕は
できるだけ「丈夫な素材」そして「暖かい素材」で
作るようにしています(黒だけど思いっきり我慢)

しかし、「ドライはそこまで痛まない」ので
水温と状況で使い分けています

水温20℃から23℃くらいで、
海も荒れてない、もしくは
ツアーなどにもっていくなどの
いわゆる春・秋用には
⇒普通の素材で起毛無し
(落ち運びもラクチンのミニオンドライ)

水温11℃から20℃の
冬の時期で海が荒れてない時の
講習やガイドには
⇒普通の素材で裏起毛
(今回買ったブルー&ホワイト)

冬の時期で
海が荒れてるときや
体験ダイビングなどでお客さんを守ったり
講習がハードなレスキューやガイドの場合は
⇒ラジアル&裏起毛
(動きにくいけど、ものすごい頑丈。でもブラックカラー)

昨日、おっくんがドライを買いにきた時、
すぐ破れたり、壊れたりするのがとにかく
ストレスだと言っておりましたが、
ドライは少しでも穴が開くと水が浸入してきます

ウエットであれば、ピンホールなど全く気になりませんが
ドライのピンホールはストレスです

汗をかいて少し濡れるのはそこまで気にならないのですが、
「塩水」は不快なのです

新規のお客様にドライを売るときは、月に1回程度
潜るであろうという想定で販売します
しかも、そこまで「ハード」に潜らないという
前提です

しかし、月に2回ないし、3回潜ったり、
ハードな環境で潜ったりする方には
サンライズが通常販売している
「エントリークラス」のドライスーツでは
2年から3年も経つと修理の限界があります

なぜなら、生地にしても、縫製にしても
バルブにしても、「安いなり」のものを使用して
いるからです

要するに、H&Mのジーンズの膝が破れてきたのを
一生懸命直して使用するようなものです。
そのうち、お尻も破れますし、チャックも壊れますし
ボタンもとれます。
でも、値段は4000円くらいはしていますので、
もう少し使いたいと修理を重ねるのです
(そのうち修理してもすぐ壊れるようになります)
しかし、8000円も出せば、いい生地の
ジーンズはどこにでも売っているのです

釣り道具でも、最初は竿とリールが一緒になったパックの
安いやつを買って、徐々にはまってきたら、ショーケースに
ある、高級な竿やリールを購入するのと同じように、新規の方には、
基本的にエントリードライをおすすめしています。

しかし、最初からガンガン潜る方には
エントリークラスは絶対におすすめしていません
修理中に、レンタルドライで潜るのも
ストレスだし、修理代もかかるし、
コストパフォーマンスは、お金だけでなく
「精神的にも悪い」からです

また、エントリークラスのドライは使用していくと
生地がすぐに「薄く」なるので、寒さを感じやすくなります
しかし、上手くなればなるほど、寒さを感じやすく
なりますので、反比例して「不快」が増えていきます

ですので、色んな意味でドライに「不満」が出てきた時は
「買い替え時」なのかもしれませんね

ちなみに、僕は「一滴も濡れずに潜る」が
ドライスーツのテーマでもあります

なぜなら、ドライスーツはウエットスーツと
違い、脱いだら体は全く濡れていないので
水と陸の切り替えが「完璧」だからです

さらっとした状態で休憩するのは、
なんともいえない爽快感に包まれます

その微細な「爽快感」にこだわるのか
こだわらないのかそこがダイビングを
「一日通して」楽しむ場合にとても重要なのです

RIO

10/13 長崎辰ノ口スーパーディープダイブ
2017年10月14日

今日は、舞台を見たり、おっくんに「気」の話をしたり
矢山式小周天のDVD見たり、ゆっくりとした時を
感じる一日でした

いいですよね

エネルギーが充電できます

さて、昨日は秋晴れの清々しい気分で
潜りに行ってきたわけなのですが
場所は、長崎辰ノ口

どこかの海が大荒れでも、必ず潜れる
神ポイントなのです

透明度上がってました

人もよく見えます

1ダイブ目のテーマは
「2匹のカエルアンコウ」
1匹目の「キイロ」はすぐに見つかりました

僕のTG-5(しょーくんのだけど)はすぐに電池切れをしたので、
目で楽しみます

みんなも真似をしてまずは、目で楽しみます

その後、写真を撮ってみます

僕の「リングライト」はふーみんの
TG-4につけてあげました
撮れたかな

最近、よく見るミノカサゴと最近よく来る
プラコングのコラボ写真

さすが、店長よく撮れてます

瀬に沿って、探すと「オレンジ」が
いるとのことでしたので、
入念にサーチ開始

しかし、
血眼になって探しましたが、いませんでした

残念

「まゆあんこう」岩陰にいましたがね

テヘペロ

スキデス!!

何が好きなのかわかりませんが
好きなのは伝わってきます

2本目は、潮は満潮に向かうので
「アラの巣」へ行くことにしました

アラの巣は、1の段、2の段、3の段を
超えていくかなり沖合のポイントです

満潮なら、余裕で30mは越しますので、
辰ノ口では「スーパーディープダイブ」
になります

ディープダイブの前に
逆立ちリベンジのぷらこんぐ

少し上手くなってきましたね
今度は長い時間やってみましょう

そして、クマノミと遊んだら
いよいよディープへ

ムチカラマツの群生を過ぎていきます

僕はこの辺を「お化け屋敷」と呼んでおりますが
ぷらこんぐは綺麗~と言っておりました

主観には大きな差があるものです

随分泳いで、31mのアラの巣に到着
辺りは薄暗く、ライトがないと
みえずらいですが、イサキの大群と
1mヒラメに遭遇しました

向かい合うと、すごい迫力

テニスボールもぺっちゃんこ

ここはエアーが思いっきり減りますね

「エアー」「リミット時間」がどんどん
減っていくディープダイブ

貴重なディープダイブの時間を楽しむには
浅い場所で自分が一番楽しめるものを
あらかじめ知っておき、それを最大限
生かす必要があります

そうすれば、短い時間が
実は長かったことに気が付きます

5次元には時間は存在しないのですから

辰ノ口を思い切り満喫したあとは
出島ワーフのおしゃれなレストランで
長崎を満喫して帰りました

さて、明日もタツノクチです

僕は行かないので、お店でやりたいことを
やりまくります

RIO

10/13 辰ノ口から帰ってきました 
2017年10月13日

お疲れ様です

というか、もう寝てますかね

今日は少し、キャパオーバーに動いて
しゃべって、頭を使ったせいか、「体」だけが
疲れています

そのせいで、ブログの更新遅れてしまいました

すいません

最近、エネルギーの出力調整ができてないのか、
体をコントロールするのが難しいように
感じます

ですので、明日は舞台でも見に行って
制御不能な状態を「中庸」
に戻したいと思っています

「早く戻してほしいだって?」

「トランキーロ!」

「焦んなよ」

先ほど「メール」をチェックしたら、
今日一緒だったフーミンから
展示会写真の投稿がありました

「なるほど」

これが素直な感想です

なにが、なるほどなのかは
シナプスにてお伝えしたいと思いますが
もちろん、明日以降ですよ
正確には今日ですけど

最後に、今日の海の内容は明日、このブログにて
記事にしてみなさまにお届けする予定ですので
楽しみにしておいてください

それでは、
「公開」ボタンを押したら、
するっとお布団に入って寝てみようと思います

寝ていいですかね

いいですよね

おやすみなさい

RIO

マンツーマン辰ノ口フォトダイブ。
2017年10月12日

こんにちは。 マエダサチコです。

昨日のブログにあった通り・・
早朝に講習のゲストが体調不良で海に来れないと連絡がありました。
てるちゃんとマンツーマンフォト講習を志賀島で実施しようと思ってたんですが
志賀島は荒れてまして、とてもフォト講習ができるような海況ではなく・・
平日に休みを取って楽しみに来たてるちゃんに特別に選択肢を出してみました。

①荒れた志賀島でなんとか1本だけでも潜る
②風的に恋の浦NGなので、唐津に潜りに行く
③志賀島観光して帰る
④交通費・諸費用負担で辰ノ口に潜り行く

そう、④選択で行ってきました。

サンライズの『スーパーえこひいきシステム』ね。笑

ほぼほぼ全線てるちゃんの運転で辰ノ口。

ありがとうございますm(__)m

おそらくマンツーマンで辰ノ口はこれがはじめてじゃないかな。

にしても、来てよかった!!

エスティマだと2時間で着くのでそんなに遠く感じなかったし、

気温は29度まで上がった夏日の快晴、ベタ凪。

透明度は相変わらず5mくらいだけど、

玄界灘育ちのダイバーは5m見えてれば問題なし。

テトラ付近にはクロホシイシモチがむっちゃ群れててキラキラきれいだし、

夏場には姿を消していたデカ真鯛たちも浅場に戻ってきた。

この子たちは暑いのが嫌いなのかな。

しかもストーカーのようにずっと深場にもついてくるので、

たまにはガンガゼをあげて魚とたわむれる。

でもあんまり与えすぎると

このイラみたいに皮膚病になるからほどほどにしておきました。

さて、昨日のマンツーマンの辰ノ口。

目的はカエルアンコウとフォト講習でございました!!

早速まずはカエルアンコウを見に行ってきました。

前回から少し場所を移動していたけどちゃんと居てくれました♡

2本の腕みたいな胸鰭を使って、とても魚とは思えないようないで立ちで鎮座。

てるちゃん、他のダイバーが居ないので、なにも気にせずにじっくり観察&撮影。

かわいいカエルアンコウをいっぱい撮ってくれてました☺

カエルアンコウ、この黄色い個体以外にもオレンジ色の個体のいる場所も聞いたので、

明日探してみたいと思います♪

てるちゃん、辰ノ口で初めて見るカエルアンコウに大喜び♪

他にもいろいろ撮影。

写真上達のコツはとにかく撮って撮って撮りまくること。

そして、深場では色が出ないので、しっかりライトを当てて撮影。

小さなガラスハゼもきれいに撮れました。

でも、やっぱりリングライトが欲しいみたい。

ダイビングしてると色々欲しくなるよね~~笑

昨日はやたらとミノカサゴがいっぱいふわふわしてましたので、

写真撮影に夢中になって触れないように気を付けてね。

強い毒針に触れると尋常じゃないくらい腫れあがるよ。

深場にはヤズの100匹ちかい群れが入ってきたり、

キビナゴやアジにスズメダイ、メジナやイサキの群れが居たり

いろいろと観察出来て楽しいダイビングでした。

小さなイソギンチャクエビや、

オドリカクレエビ、

シロハナガサウミウシなんかも観察したり、

デカいウツボも顔を出してたり、

びっくりで楽しい一日でございました。

みんなでわいわい潜るダイビングも

マンツーマンでしっとりと潜るダイビングもどっちもいいですなぁ~~

金土日は志賀島荒れそうなので、辰ノ口になりそうです。

まだまだ空いてますので、ご希望の方はご予約くださいね~~

Page 2 of 37912345102030...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧