福岡のダイビングショップ|スキューバダイビングのライセンス取得はダイブショップ サンライズ

ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

サンライズCALENDAR

ブログ「日々のサンライズ」

8/14 ボートで遊ぼう会
2018年8月15日

ボートで遊ぼう会は、
サンライズの古いメンバーで
お兄のボートで玄界灘で遊ぶと
いう創業すぐから、行なっている企画です

昔は、お客さんが少なく
暇だった事もあり、
マラソンしたい人たち
プロレス見たい人たち
ただ飲みたい人たち
展覧会見たい人たち
釣りしたい人たち
などなど、極々小さいグループで
その時々に遊んでいました。

段々と、そのグループの人たちが
転勤や結婚、就職などでやめていき
そのうちにD-PASSシステムが始まり、
今なお残っているのが、この「ボートで遊ぼう会」
となっています。

ですので、このボートで遊ぼう会は
「古い人」から呼ばれる上に、サンライズに
「長く貢献した人」で「お兄と仲がいい」
という条件クリアには、なかなかの時間と
労力を費やすものとなっています。

山笠の台上がりシステムにも似ていますが、
それが博多流で、サンライズ流。

以前は、みやっちとみほこが常連でしたが、
二人共、子育ての為ダイビングを引退していますので
現在は、しょーくんとおっくんが優先的に
呼ばれます。

そんなプライベート感満載の
日帰りの旅はシャワー前の
マリーナから始まります。

ボートに器材とシリンダーと
でかクーラーボックス2個と
食材と缶ビール250mmを大量に
積み込み博多湾を出発

キャプテンはもちろんお兄

操船歴15年のベテランです。

志賀島の青瀬をチェック中

浅瀬にプロペラを当ててしまい、
少し曲がってしまいました。
当ててしまった代償は24000円と
ボートレンタル料よりも高かかったですが
キャプテンお兄がお支払いする事になりました。
しかし、それでは可哀想なので
サンライズからは、次回の相島をお兄だけ
「ただ」にしてあげることで合意しました。

そして、瀬に注意しながらチェックした
青瀬は激濁りで潜れませんでしたが、
ここは地形、魚とも面白い雰囲気がプンプン
しました。秋口にビーチから潜ってみたいと
思います。

本命ポイント白瀬の超沖合の深場へ移動。

白瀬、黒瀬沖はどこまでいっても砂地で
水深も20〜27mくらいと平坦な地形です。
魚探で瀬か魚礁を探してウロウロしていると、
それらしい岩礁と魚の群れを発見しました。

そこにアンカーを落とし、
船を固定して、いざ探査ダイブ。

7年近く潜っているうちにベテランダイバーに
成長したみか姫
アツヤくんと二人だけで潜る日も近いです。

お兄は、フィンアートにご満悦。
一番好きなキンチャクガニとチンアナゴが
描かれています。

店長に依頼すれば書いてくれます。
(1本2000円)
どのくらい持つかはわかりませんが
コーテイングもしてますので
岩に当てなければそこそこ持つと
思います。

そして、寒がりのはずのお兄は
なぜかリゾートスタイル

玄界灘の水温は25℃ですが、
大丈夫でしょうか

この方は真夏でもセミドライと
フードスタイルですが、
今年は3mmウエットいつ使うんでしょうか

満潮潮止まりで波もなく
探査ダイブには完璧の
シチュエーション。

いってらっさい

前日7ダイブの疲れが残り
ヘルペスができた僕は
見張り役

帰ってきたダイコンと共に
静かな海を満喫します

水深26mの所に
アンカー打ってありますので
まっすぐおりていきます。

着底すると、砂にうっすら藻が溜まった
薄暗い海底でした。

周りには魚らしい魚はおらず、
見れたのは、シマウシノシタとコロダイの幼魚
ミノカサゴ、マハタの幼魚、アミメハギの幼魚
マゴチ、イワシ

夏にも関わらず6種類しかいませんでした。

岩礁があると思ったら、何もない砂地
だったので仕方がありませんが、
実は広い海の中には魚がいる場所は
「限定的」であるということがわかります。
これは船釣りをしている人なら常識ですが、
魚がいる場所は意外にピンポイントなのです。

ですので、魚は毎年同じ場所で釣れますし、
釣れないところは何年経っても釣れません。

そんな魚がいないただの砂地で見つけた
花がついていない不気味な花束

この広い海でピンポイントにしかも
お盆に見つけたこの花束は何を意味している
のでしょう

誰かに見つけて欲しかったのかもしれませんね。
ここで亡くなった誰かが。

そんな不気味で魚がいない場所にも
関わらず、花束とフィンアートで
ご機嫌お兄。

これまで潜って楽しくなかったことが
一度もないというお兄ですが、
寒がりではないくせに
寒がりアピールをするのは昔から
変わっていません。

潮に逆らい、岩礁を探してみたものの
なさそうなので、ロープに戻り、
DECO5分前に安全停止。

店長の頭が坊主に見えます。

1本しか潜らないので、
器材を片して、ダイビング
終了。

結局、相島まで行かないと
魚はいないのかもしれませんが
まだまだ調査が必要です。

そして、反対岸の糸島の
プライベートビーチへ上陸するため
のんびりクルージング

その辺のゴミを拾ってきて、
BBQの準備。

できた。

もちろんビールは
250mmm

炭を使わず、コンロで焼く
「炉端大将」は意外に便利。

海をバックにすると、リゾート感が
出ます。

店長が船にタオルとグラサン忘れたけん
しょうくん取ってきてとお願いしたところ
フィンもマスクもつけずに
泳いで船まで行き、濡らさないように
戻ってくる健気なしょうくん。

顔は濡れてもタオルは濡らさない

側から見ると溺れているように
見えます。

片手を上げて泳いでいるせいで
10分近くかかり無事完泳

顔おもしろすぎでしょ

顔面白いしょうくんとは
真逆に、髪伸ばして、
アーティスト風を
目指すおっくんの
彼女を

2次会に呼んでみました

親戚の集まりのような
雰囲気と僕とお兄の親戚の
おじさん感がなんとも
いえない雰囲気だったようです

アズーは8月潜りに
くるようで、徐々に
真っ黒になってもらいたい
と思います。

夏ももうすぐ終わりですからね

気合い入れて潜ってください
ではまた

※これだけ濡らさないように
したのに濡れていたことは
優しい店長は言わなかったようです

RIO

8/13 第2回無制限ダイブIN白瀬
2018年8月13日

朝日を浴びて、第2回無制限ダイブの
始まり始まり。

朝5時30分から、参加者を家の近くでピックアップして
エントリーは7時45分。

この時間からなら、日没までに
7ダイブいけます。

この無制限ダイブは
参加条件があります。
まず、MSDを持っており、
自分で安全に戻れる。
弱音と文句を吐かない。
人に楽しませてもらおうと思わない。

そして、ルールは1ダイブ60分から
70分潜る。休憩は30分以内となって
おり、何本潜っても料金は変わりません。

つまり、覚悟と気合いを入れての
「水中耐久戦」の側面も持ち合わせて
います。

ちなみに今回無制限に参加したのは
DMと候補生だけとなっておりました。
(ピッコロは普通に2ダイブ)

毎回、バディーを変え、違うテーマを持ち
自分と向き合う無制限ダイブは
よくあるダイビングスタイルとは
別物で、終わった後の
充実感と達成感と楽しさは格別です。
また、新たなテーマを見つけるには
うってつけです。
興味のある方は是非ご参加ください。
次回は未定ですが、なにせ思い立った
ように決める癖がありますので、
心の準備だけはしておく方がよさそうです。

今回は参加者の写真が相当数集まって
いますので、いい写真は入賞させると
して、このブログでは人をメインに
アップすることしました。

ですので、後日D-PASS秘密のページを
チェックしておいてください。

さて、1ダイブ目ですが、
我らが、忠犬トミーの
200ダイブ記念でした。

今回はピッコロがメインに
描いたフラッグとたつぼうが
作った、「マンなんちゃら」とやらの
切り抜きフェルトが印象的でした。

一本目から縁起がいいので、
幸先良いスタートとなりました。

おめでとうトミー犬。
300本迎えるころには
立派な成犬になっているはず。

気長に楽しみに待っていますよ。

ニット帽のような
フードを被り、最新の器材を
身に纏う僕は、どこからどう見ても
昔ながらのダイバー感はありません。

新しもの好き&へんてこなテクノロジー好き
&色彩好き
な感じも、にじみ出てますね。

今年はこんなに気温が高いのに
水温が25℃と低く、おそらく黒潮が
入ってないのではないかと
思われますが、そのおかげで
クラゲも少なく、透明度も
安定しています。

浅瀬や深場にオトシゴが
現在数匹確認されています。

P4とP5の間にいる
オトシゴが探しやすいですかね。

その辺には「オオカズナギ」
も潜んでいます。

水温が低い恩恵でしょうか

そして、こいつも潜んでいます。
P8にも。

はげたゴマビロや、

ちょっと珍しいハクセンミノウミウシもおり、

面白い海にも関わらず
たった2本で具合が悪くなった方もいました。

頭痛がひどくて、おろりまくりの
コンバット。

気合いと身体が一致してないのは
腸内環境のバランスが悪いように
思いますので、グルテンとカゼインを
カットするといいでしょう。

大抵の方は、肌もホルモンバランスも
改善されていきますので。

元気な姿で次回の無制限ダイブ
参加お待ちしております。
(この後、気合いで4本潜った
コンバットでありました)

そして、2ダイブ組のピッコロは
合間にフリーダイビング。

満潮で水深が取れ、
クラゲがおらず、
透明度がいいという
フリーダイビングには
最高のコンディションは
年間通してめったにあるものでは
ありません。

最近、素潜り基礎コースを
受けたピッコロには2ダイブは
最高の選択でした。

水深5mくらいまで、
上手に潜れていました。

海女さんになれます。
あと、5キロ太れば。

その頃、たつぼうとめぐちゃんが
エントリー口で潜っていたり、

泳ぐの疲れた僕は
トミー犬にえい航されたり、

足でまといダイバーではありません

デモンストレーションスキルの合同練習をしたり、


めぐ&まいの練習量の多さと
地道な努力で、たつぼうとトミー犬は
余裕で抜かれていました。

ガイドも大事だけど、
スキルも大事。

プロは覚えることと
マスターすることがが
多くて忙しいのです。

そして、順調に潜って
ラスト7本目は
バブルリング大会。

一番下手だった人は
罰ゲーム。

僕は得意ではありませんが
できないわけではありません

結局、負けたのは
めぐ。

水中こちょこちょです。

ある意味、危ないですが
疲れてハイになっているので
危なさへの興味は薄らいでおり、
理性が飛びつつありました。

そんな中、みんなは行けないと
言っていた、「歩行でイカ玉瀬」を
敢行

みんなで歩く姿は
水中マリオ。

慣れてくると、
普通に歩けるように
なるので、フィンありと
変わりません

みんなP4まで着いた時には
びっくりしてました。

「歩けるんだ~」

しかし、僕のエアーがなかったので
そこから引き返し、P8を通って
帰ってきました。

このダイビングが思いの他
面白かったらしく、
またやりたいとのことでした。

こんな奇妙なダイビングが面白かったと
思えるのは、
疲れていたからかもしれませんし、
これで終わりという安堵感からかもしれませんし、
固定概念が崩れたからかもしれません。

ダイビングとはこうあるべきだと
いうような固定概念は
楽しむという観念からでいえば
邪魔でしかありません。

ダイビングは、生物を
傷つけず、安全に戻れさえすれば
何をやってもいいのです。

例えば、
ダイビングは、レア種を
上手に写真に納めたら満足する

ダイビングは、地形を効率よく見れたら
満足する

ダイビングは、魚をたくさん見れたら
満足する

などの、何かを達成したら、満足するといった
何かを得ないと面白くないという思い込みは
よくありますが、そんな人に限って、
自己を見失い、他人の価値観で生きて
いるように思います。

魚なんていなくてもいいし
寒くてもいいし
レア種見れなくてもいいし
楽しくない時あってもいいし
ダイビング嫌いになることあっても
いいし
ただ、泳ぎたいだけの時が
あってもいいし
ただ、水に浸かりたいだけでもいいし
練習したいだけでもいいのです。

要するに、なんでもいいので、
自分のやりたいことを
追求することで、人生における
自分のやりたいことが見えてきます。

やりたいことがわからないと嘆いている方は、
自分のやりたいことを、ひたすらにやることから
はじめてみましょうね。

自分の好きなことが見つかること以外に
人生が豊かになる方法はありませんから。

ちなみに、僕はやりたいことが多すぎて
基本的に24時間では足りていません。

それが多動力であり、ひいては多産力
につながると信じていますので、
常に、動きまくっているのですが、
ちょっとやりすぎたせいか、
疲れがたまって、次の日がっつり
口唇ヘルペスが出来て
いました。

体は正直です。

今回、潜れた方も、潜れなかった方も
よく頑張りました。

そして、ご参加ありがとうございました。

RIO

8/12 魔夏の黒瀬&白瀬
2018年8月12日

みなさんこんばんわ。

DMのショウです。

気が付けば8月中旬。

夏はあっという間ですな。

一度きりのこの夏を遊び尽くすべく、今日は黒瀬に行ってまいりました!

ちょい波がありますが、上から見ただけでも透明度よさげ。

ベストシーズン真っただ中に黒瀬に行く機会はほんとに少ないです。

その貴重な機会を逃さずやってきた熟練ダイバーたち。

めちゃくちゃ暑そうです。

暑いと早く海に入りたくなります。

ドボンと入れば、予想通り透明度GOOD!!

透視度8m!!

前回の黒瀬(3か月前)では1mも見えていなかったの大違いです。

地形が面白い黒瀬は透視度がいいと泳いでるだけで幸せになりますね。

店長のGoProアクシデントにより残念ながらワイド写真少なめですが

生物を沢山見てきたようです。

ピッコロも夢中になって、なんと200枚近くも写真を撮っていました。

一人でタツノオトシゴがやらも見たそうです。

ピッコロのバディの大将さんも一人でミナミハコフグを一人で見てたらしいです。

あと、オトヒメエビも。

こういう誰かに教えたい生物を見つけた時に限って、

周りに誰も居ないんですよね(笑)

というか志賀島でオトヒメエビなんて見られるんですね。

そして黒瀬といえばツユダマガイ。

白瀬では見かけないんですが、黒瀬では年中見られるようです。

そんなに離れてないのに見られる生物が変わってくるのが面白い。

黒瀬のポテンシャル恐るべし。

白いおじ様はそんな生物には興味を見せず、今日もコイボを撮っていました。

ブレませんな~~~。

そんな感じで黒瀬組が遊んでいるとき、たっちゃん×2は白瀬でファンダイブ。

さすが白瀬をこよなく愛す男たちです。

こちらのチームはガイドのたっちゃんが写真を撮り忘れたので写真なし。

ゲストのたっちゃんは最高だったと言っていたので、

きっといいガイドをしてくれたのでしょう。

沖に行きたい衝動を抑えながら僕はこちらのお二人と体験ダイビング。

にっしーは最初のスキルチェックで慌ててしまい、くじけそうになっていましたが

綺麗な海を悠然と泳ぐ魚の群れをみていたら

だんだんと落ち着いてきてばっちり楽しんでくれました。

音ちゃんは、学校で習っているだけあってめちゃくちゃ上手。

初めての海には驚きがいっぱいでしたが、

特にウミウシには興味津々でしたね。

ウミウシは飼育が難しいので、水族館ではなかなか見ることが出来ません。

ダイビングならではの出会いです。

上がるころには二人とも随分上手になって自分でスイスイ泳いでついてきててビックリ。

潜れば潜るほど上手になるのがダイビング。

いつでも潜れる地元の海で上達して、色んな海で楽しめるダイバーになってもらいたいものです。

そんな感じで楽しい一日となりました。

明日は、無制限ダイブの日!!

7本無事に潜り切れるのかな。

それではまた明日!!

8/12 蒸し風呂プールでわいわい講習
2018年8月12日

プールが暑いです。

冬寒くて、夏暑い

ほどよく自然に近い
ダイビングプールですが、
現在の水温31℃と
自然とかけ離れてきました。

水に入らないと、熱中症に
なりそうです。

仲良し4人組はわいわい楽しそうでした。

夏休みの子供のように

おもちゃ(器材)と

水に戯れておりました

深い方でも、

思い思いの

思い出ができたように思います。

もしも今後、ライセンス取って
一生潜らなくても
この夏はいい思い出になりますよね。

大人になってからの
初経験だらけですから。

この仕事をしていると
人も魚も一期一会だと
つくづく思います。

でも、縁あって出会ったわけですから
時間は短くても長くても関係なく
濃密な空間を楽しむことが
この仕事の最大の課題なのです。

そして、人はどんなに口でいいこと
言っても腹で何を考えているのか
わからないように、人間関係の駆け引きも
濃密な空間を過ごすための
エッセンスであり、複雑に絡み合った
時間と空間と人とモノが
ダイビングというレジャーを
これまでの次元ではない
パラレルな世界へと変化させます。

今日も、新たな世界を「かいま」
見れるよう、古い世界を跋扈
しつつ、無制限ダイブ行ってきます。

RIO

8/11 ミッドナイトダイビング
2018年8月11日

真夏のD-PASS企画
ミッドナイト2ダイブです。

夜に潜るというのは、
ある意味人間の本能に反して
います。

本能としては、夜に寝るのが
正しいわけですから、
それは大抵の生き物たちも同じです。

昼行性の生き物たちが寝静まる頃
少数派の夜行性と呼ばれる生き物たちが
動き出します。
しかし、いつもは「半夜」という
中途半端な時間を潜りますので、
昼の生き物たちがまだ動いています。

ですので、今回は深い時間の海を
調査するべく、集まってくれた
精鋭たち。

毎度毎度僕の趣味に付き合ってくれて
感謝です。

僕の判断基準は
「馬鹿な方」を選ぶように
していますので、潜る前に
神社にしては奇妙な東郷神社で
お参りです。

そして、こちらがトイレになります。

崖を登って、
「おしっこくさい広場」で
用を足してください。

1ダイブ目はいつもと
同じでサンセットからエントリー

僕の今回のお目当ては、
タイワンガザミ

しかし、砂地をくまなく探して
みましたがいません。

あまりにライト強いと
昼と変わらない写真が
撮れますので、ある意味
ナイトの意味がありません。

これもそんな感じですね。

アカエイも昼と変わりません
動きも見た目も。

そして、砂に潜伏している
大量のミミイカたち。

大中小各種取り揃えております。

海藻を咥えて、寝る
カワハギもあちらこちら

カワハギじゃないやつも
あちらこちらで熟睡しておりました。
目はつぶってませんが。

その直後、僕のライトが切れ
真っ暗闇の世界に。

真っ暗も意外に楽しいですが、
魚見つけれませんし、
バディーも僕を見つけれません。

そこで、大将さんに予備ライトを
借り、無事60分越え半夜ナイトダイブ
終了して、浮上してみると、
水面でコオロギがアメンボのように
飛び跳ねていて、驚きました。

何か微生物を食べているようで、
水面には、天敵はいませんので、
賢い昆虫です。

感心しました。

休憩時間は真っ暗ですが
暑くもなく、寒くもなく
快適温度。

D-PASSライブ動画を久し振りに
更新したら、2ダイブ目は
いよいよミッドナイトダイブ。

砂風呂中のヒラメ。

熟睡してます。
瞼ないので、
瞼は閉じません。

ハリセンボンは、
起きててもこのくらいの
動きなので、よくわかりません

お目当てのガザミはこの
写真で拝見しました。

残念。

でも、
ウミウシはいました。


何のウミウシか
わかるかな

わかるあなたはウミウシマニア

これもわかれば
ウミウシマニアレベル2

これがわかれば
ウミウシマニアレベル3

これがわかれば
ウミウシレベル4

ライトに寄ってくるアンドンクラゲに
(名前のまんまです)
刺されつつも、ウミウシマニアは
ウミウシ調査にひたむきなのです。

つぼやんのマスク不調で
僕のホワイトマスク貸して
あげました。

全身白なので、白が映えますね。

ようやく、つぼやん念願の
シロイルカが見えてきました。

おめでとうございます。

僕は、カニを探して探して
見つけたカニはこちら。

名前は調べてませんが、
まっすぐ歩き、すぐ砂に潜る
目立ちがちなこのカニは
見ていて飽きませんでした。

見つけなくてもよかった
ハチという魚。

僕が生まれての初めてナイトダイブで
こいつに刺されて、ダイビング中断
したのは、こいつのせいでした。

それは1999年の出来事です。

20年ぶりの再会です。

砂に中途半端に埋まっている
こいつに手をついてしまい
がっつり刺されて、心臓がドクンドクン
いっていたこと思い出します。

それ以来、ハチに出会うことは
ありませんでしたが、恋の浦の
ナイトではいつもいる常連魚なんですね。

それは僕の失礼だったのかもしれません。
ごめんなさい。

でも、やはりあなたには会いたくありません。

逃げるように沖の砂地をひとりで
泳いでいると、サカタザメに出会いました。

恋の浦で初めてみました。

2匹いたので、つがいだったんでしょうか

サメって言いますが、エイですよ。

騙されてはいけません。

70分弱潜って、あがると
あたりの光も消えて、真っ暗。

月明りもありませんでしたので
目が真っ暗に慣れてきました。

夜はこんなに暗いことを
思い知らされました。

そして、その後シャワーに帰って
器材を洗い、みんなを送って
家に帰ったのは3時くらいだったでしょうか

そして、4時までYOUTUBE見て
8時に起きて、9時から学科と
プールなのでした。

最後に総評ですが、

ナイトは恋の浦の方が
面白い

夜は暗い

コオロギがすごい

サカタザメがやばい

そして、今の時期はアンドンクラゲが多い

新しい発見は、まだまだ続きます

RIO

Page 1 of 43112345102030...Last »
  • 日々のサンライズ

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧