福岡のダイビングショップ|スキューバダイビングのライセンス取得はダイブショップ サンライズ

ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

サンライズCALENDAR

ブログ「日々のサンライズ」

8/16 おにいDM講習
2017年8月17日

昨日は、おにいと店長と3人で
食べ飲み放題の大名のお店でビール2杯と
食べたいものを好きなだけ食べてみたのですが、
終わり掛けには、胃の消化吸収がストップしてしまい
帰ってから10割おろってしまいました

お酒が体に合わないのか、食べ物を食べすぎているのか
わかりませんが、とにかくすっきりしました

おろってしまうと物理的にはもったいないですが、
心は満足しましたので今日はとても元気な一日です

さて、

真夏だというのに、クラゲゼロの白瀬

それもそのはず、ちょっと深い方は
水温25℃しかありません

そんな7月の海に逆戻りしてしまった白瀬ですが、
外気は真夏の8月中旬

しかし、みやもんとみかさんの
MMコンビはなぜか汗をかいていないのが
不思議です

そして、今日からDMトレーニングのおにい

今日はひたすら水中地図を作ります

僕は2人を連れてファンダイビングのガイド
2か月ぶりくらいでしょうかね
ガイドだけというのは

ですので、いつもみんながいくルートではないところに
連れていきながら、海の視察をするのが今日のテーマ

スタートから北白瀬側に大きくずれて泳いでいくことに

透明度が7mくらいまで見えるような場所も
ありつつ、魚が少ない北白瀬
2人のポーズにあるように
HAWAIIの海のような雰囲気になって
いました

中型コロダイが岩の壁に沿って
泳いでいました

そしてそこから南東側に大きく進路を変え
4つ岩方面に向かうと
みやもんがオトシゴ発見

みやもんは見つけるの上手くなりました

その後、濁り気味の白瀬側をぐるっと回って70分ダイブ

ちなみに、おにいは
「フロートをつけるのにP1の先の砂地まで泳いでいった~
どこかの講習生がサンライズの水中ブイにまたがっていて
見えなかった」
らしいのですが
最後は直感でみつけるあたりさすがです

「ニモカにチャージできないおにい」も
徐々に進化してきましたよね

海の中は少しひんやりしますが、
あがるとムシムシ

すると、みやもんが目を抑えて苦しそうにしていました

「潜る前に目をこすってしまったんだけど、今、目がとても痛い」
とのこと

ん?

潜る前にこすって、なぜ今痛い?

あと、「上を向くと痛い、下を向くと痛くない」
とのことでしたが、ダイビング中、下を向いていたのでは?

もしかしたら、上がってすぐ、
目に尖ったごみが入ったのかもしれませんが
そんな不思議っ子みやもんは真っ赤な目を抑えながら
2本目は辞退して休憩することに

すると、3人になってしまったので、
先ほど地図を書いていたP8へ連れていってくれる
ことになったのですが、おにいが2人?

水中に入ると、見分けがつきません

こっちは本物

「本物おにい」はすいすい泳いでいき
5分でP8へ到着

言っていた通り、
P8には先ほどの北白瀬の岩とは違い
メバルやソラスズメダイなどが群れていました

そして、おにいの水中地図には「サザエの巣」なるもの
を書き記していました

P8の「トップの切れ目」にそれはありました

サザエが密集中

普通にその辺の海に入って
サザエがこんなにいる海はそうそうありません

そんなサザエが大好きなおにいは先ほど
偶然見つけた「サザエとウニの山」なる場所に
案内してくれることに

普通、魚やウミウシがいるところに
案内するのがセオリーですが、
サザエやウニが集まっている場所に連れていって
くれるなんて、なんとも言えない好奇心を
掻き立てられます

さっきいったルート思い出し

山立てのために一度水面に
浮上しすいすいおにいは無事到着

P8から南西に行った水深4mくらいにある
何の変哲のない岩ですが、

その岩だけサザエやウニがたくさんはりついて
いました

白瀬にはどこにでもいるウニとサザエですが、
その周りにはおらず、そこだけにいるというのは
不思議に思います
何か美味しい海藻でもあるのだろうか
いい潮の流れが来ているのだろうか
外敵がいないのだろうか
夜になったらもっと増えるんだろうか

人間の想像力は素晴らしく
何の変哲のない岩でも
魅力のある岩に変わっていきます

僕は子供の頃から想像力を
掻き立てられることが大好きで
そのせいなのか「高性能」「高品質」「高価格」
にあまり魅力を感じません

これまでも、高性能で高品質、高価格のものを買っても
オーバースペックだったり、使いにくかったりすると、
すぐに手放してしまいました

釣りでも、釣れる仕掛けで、釣れる海域で、釣れる潮で
釣れる船長さんの元、釣りやすい船を出して釣るよりは
どこにでもある港で、どこにでもある仕掛けを
工夫しながら、地元の釣り具屋や地元の釣り師に情報をもらい
時間帯や潮流を読み、釣る方が何倍も楽しいのです

それは車、携帯、スマホ、パソコン、仕事、趣味などすべてに
共通している価値観ですが、自分のことを知り尽くした上で
自分に合った最高のスペックを探し出し、低価格でも
高品質なコトやモノに出会うことに最高のフロンティアを感じます

実際、時間とお金をかければ、どんなとこにも行けますし
感動も得られますが、実は白瀬でも
モルジブに負けない感動を得られるのです

それは、まさにこの想像力の賜物であり、
自分の好きなことをいかに知っているかに尽きるのでしょうね

これからダイビングを始める方も、始めている方も
メディアや他人が言っていることを鵜呑みにせず
自分のダイビングを楽しんでみてくださいね

RIO

8/15 お盆最終日の志賀島
2017年8月16日

みなさんこんにちわ。

DMのしょーです。

今日は、DM候補生おにいの初海講習ですが、僕はお盆休みをもらって祖母の家に来ております。

DM候補生のおにいは頑張ってるかなー。

さて、今日は昨日いってきた志賀島のことをあげてきます。

天気が悪いけど、ムシムシと暑い一日でした。

近頃荒れ模様が続いてましたが段々と落ち着いてきて、
週末にはまた穏やかな海になる模様です。

お盆休みの最終日ということで、白瀬にはたくさんのダイバーが来ておりました。

ケン坊。
この日は中性浮力の練習。

まずは魚の気持ちになることから始まります。

気分は砂地にいる魚

魚の気持ちになり切ったおかげか

初心者とは思えないほど上手でした。

上手だったので、DM二人とウェイト渡しゲームをしてもらうことに

かなり善戦しましたが、さすがに負けちゃいました。

かなり惜しかったので、さらにスキルアップしてリベンジしてくださーーい。

OW講習のミコっちゃんは海二日目だけど、もう上手。

最近の講習生は本当に上手な人が多い様に思えます。

そしてタンクを上げたり降ろしたり、重たい荷物を率先して運んでくれる方たちばかり。

バディのタンクが外れた時も優しく付け直してあげる方たちばかり。

そりゃそうか。

上手なミコっちゃんはコンパスを駆使して

講習生はあまり行かない沖のポイントへ。

沖のほうへ行くとまだまだアジが群れれて面白い。

タツノオトシゴがついているところにも寄ってきたようです

なんとなくホラー風。

上手に潜れると楽しみが広がっていいですな。

僕たちファンダイブチームはマクロメイン。

大将さんはマクロレンズでウミウシハント

この前の海の家で遊ぼう会のときに居たというヒメマダラウミウシがおりました。

やはりかなり浅いところにいるみたいですね

思ってたよりかわいくない。

この夏に出てくるサガミイロウミウシはかわいいですな

このコケギンポやタツノオトシゴは色んなカラーバリエーションがあるので

カメラで撮ってコレクションするのも面白いかもしれない

ひさびさのコンバットはリングフラッシュの試運転。

TGシリーズについてる顕微鏡モードなんかで超接写すると、ハウジングが陰になって内臓ストロボが綺麗に被写体に当たらない。

リングフラッシュとは、内臓ストロボの光を分散させることによって超接写しても均一に光が当たるようにするという優れたアイテムなのだ。

こういう岩の隙間にいる生物なんかを撮るときにも活躍することが今回わかったそうです。

内臓ストロボだと岩が邪魔して光が全然当たらないことがよくあるからね。

そんな感じでマクロを楽しんだファンダイブチームでしたが

マクロメインの我々もこんだけアジが群れてたら見ごたえを感じましたね。

と、楽しいダイビングでした。

明日は平日の辰ノ口!!

プーケット帰りの森永さん、ハプニングもあったようで土産話が楽しみですな。

それではまた明日!!

8/14 ちょい荒れちょい雨の志賀島
2017年8月15日

みなさんこんばんは。

DMのしょーです。

昨日は一人ちょい荒れの志賀島で潜りました。

ちょい荒れちょい雨でしたがみんな元気。

ちょい荒れでしたがOW取ったばかりのミネさんとミネさん。

ちょい荒れでしたがその二人をサポートしてくれる大将さん。

大将さん、僕が首筋を痛めたブログを読んで心配してくれたみたいで、

重たい荷物やタンク運びを代わってしていただきました。

優しいですな。

僕の思惑通りですな。ふふふ。

ちょい荒れでしたが、透明度はいい感じ

魚も多くて、ワイドが面白い海でした。

水温下がって24度ジャスト。まだまだアジの群れが入ってきてる。

水没してしまったCanon S120の代わってTG5を購入した僕

その性能もさることながら、前田さんより授かりしワイドレンズが使えるようになったのがかなり良いです。

ワイドレンズを使うと、自然と写真を撮りたくなります。

ブログに使えそうな、人が入った写真が撮れるからそう思うのかな。

ブログを抜きにしても、人が映った写真ってみんなと共有しやすくて面白いです。

ワイドレンズで撮ったシラヒメウミウシ。

ワイドレンズでマクロを撮ってもこんなに可愛く撮れるのね。

まだカメラ自体に慣れてないので色々試してみるのも面白い。

大将さんは今日も元気にマクロ一筋。

沖に行ってもうねりがきつかった。

タツノオトシゴも例外ではなく、海藻にしっかりしがみついてジッと耐えておりました。

その姿がまたかわいかった。

そんな感じで昨日も楽しく潜ってきましたーー。

今日のことはまた明日書きますので、お楽しみに。

8/13 大賑わいの恋の浦へ
2017年8月14日

こんにちは。 マエダサチコです。

なにげにブログの更新ひさしぶり。
最近ブログは男性陣のお仕事。
PCの苦手な私はついつい遠のいていましたが、たまには書こうかと。

昨日は珍しく恋の浦に行ってきました。

北東の風が強くて志賀島は荒れてたのですが、恋の浦は穏やか☺

しかも久々に訪れた恋の浦、ダイバーの数がすごかったんです。

北九州を含め福岡県のダイビングショップが10社は来てたんじゃないかと。

福岡中のダイバーが恋の浦に来てるんじゃないかってくらいにぎわってました。

私は初海のまっちゃんとまったりダイビングに。

浅い水面にはこの時期の風物詩ともいえるアンドンクラゲたちの姿もあったけど、
中入れば快適快適。

水中はクリアで、魚たちもいっぱい。

若いメジナやメバルにアジなど群れもいっぱいでございました。

春先に生い茂っていた海藻もすっかりなくなっております。
夏~秋の恋の浦って、実はすごい面白いんです。

春先や冬場に北東の風を避けて来ることが多いから、海藻とフグのイメージが強いけど、
夏は魚も多くて、時折回遊魚なんかも回ってきて魅力的な海なんですよ。

まっちゃんも終始笑顔で恋の浦の海を楽しんでおりました。

ウミウシにも興味津々。

黒舌無海牛とマンリョウウミウシが砂地をのろのろと這っておりました。

このクロシタナシウミウシ
クロイソカイメンしか食べない黒い舌の無いウミウシ。
覚えにくそうで覚えやすい名前。

マンリョウウミウシのチビってはじめて見たけど、
チビサイズだと小判みたいでかわいかった。

ウミウシを満喫した まっちゃん。

スキルも落ち着いて上手にできました。

レギュレーターを外しても笑顔は失われることなし。

中性浮力にてこずるものの
浅い水深でもなんとかバランスを保って泳げるようになりました。

末永く楽しめる趣味が見つかってよかった。

ちゃんとお仕事休んで次回また早めに来てくださいね~

間があくとウエットスーツの着方も忘れてしまいますよ。

しょうくんはフォトグラファーの2人と遊んできました。

沖の瀬まで行くと生物も多く、充実したダイビングだったよう。

砂地ならではの生物もたくさん観察できたみたいですね。

ブンブク。
刺されないように取り扱いには十分注意しましょう。

ちなみに昨日たっちゃんはオニオコゼの強い毒のある背びれに指をかすめて、
指先がパンパンにはれ上がってました。
こわいこわい。。。
改めて海の生物の毒の強さを思い知らされましたね。

田中くんは魚の観察と水中写真。

ハイセンスで素晴らしい写真を撮ってくれました~

太陽光とヒゼンクラゲ。

毒魚代表ミノカサゴ。

エラがキュートなクリヤイロウミウシ。

これからどんどん上達しそうですね~

潜って潜って潜って
撮って撮って撮りまくってね

8/12 プール講習2回転の日
2017年8月13日

仕事仕事で遊べません

僕は、多様的な遊びを好みますので
多くの時間と体力を必要としますゆえ
優先順位的にも季節的にもダイビングのお仕事
がメインになっています

いつも遊んでいるようなものだと
思われていますが、ダイビングのお仕事は
一部仕事で、一部が遊びという、二種混合
ですので全てが遊びにはなりません

そして、遊びは人生にとってなくてはならないものですが
幸福度には収入も大事です

ノーベル科学賞を受賞したプリンストン大学の
心理学者、ダニエル・カーネマン教授が研究した
「感情的幸福」は年収7万5000ドル(900万円)
までは収入に比例して増えますが、それを超えると
比例しなくなることがわかっています

ですので、年収900万円を目指すことがまずは現代的バランスを
取るにあたり大事なのでしょう

また多くの人は、精神的な部分を精神的に解決しようとしたり
肉体的な部分を肉体的に解決しようとしますが、
大抵の場合は解決にいたりません
(カウンセラーの僕がいうのもなんですが)

全ての物事は多面的であり、幅広い視点から見ることが
不可欠です

ですから、心が病んだときに応援ソングを聞いても
抜本的な解決にはなりません

むしろ、食生活を見直し、腸内細菌のバランスを
整え、自分の体質にあった運動をする方が
驚異的な効果を発揮することがあります

幸福度のバロメーターは「セロトニン」ですから

そういった、制作実費がかからないエセ心理学を応用した
マーケティングには注意していきたいものですね

さて、昨日は朝8時から素潜り基礎コースに
珍しく男子3人とプールにいってきました

水温31℃、室温35℃では
ウエットは必要ありませんでしたね

夏休みの子供が寝ているようです

夏休みの子供の息止め合戦

夏休みの子供の素潜り競争

夏休みの子供の素潜り練習

夏休みの子供のバブルリング

夏休みの子供の我慢大会

夏休みの子供のスキューバチャレンジ

3人とも子供のように素潜りを楽しんで
いらっしゃいましたので、これからも
続けてもらいたいと思います

今がベストシーズンの素潜り基礎コース
是非ご参加ください

そして、一度天神に戻り、3人を降ろしたら、
薬院のアジアン料理屋でランチを食べて
プールに舞い戻ってきました

老若男女の講習生と共に
第2ラウンド突入

仲良さげ

今度はウエットを着ます

ずいぶん、派手にペイントされてますよね

水中で目立ちますから、夏の海でも
サンライズの講習生だとすぐにわかりますが
陸上ではちょっと気恥ずかしいかもしれませんね

そんなペインティングウエットを着て、
まっちゃんも楽しんでます

「サンライズレンタル男」って
男しか着ないでしょ
これ

カップルでお越しのしゅうへいくんとみなみちゃん

どうやらお二人は僕のことを
娯楽大麻を嗜んでいる男だと
思っていらっしゃったようですが
一切やっておりませんよ
ヘンプフードやCBDオイルには興味ありますが
THCには興味はありません
僕は普段から別の世界に行ってしまった
変人だと思われているのですね

まあ、高濃度窒素はいつでも吸いたいと
思ってはいますが・・

みのださんは耳抜きにかなり苦戦していましたが
器材や水には慣れたようで

みんなと楽しく講習をしていました

プールの主な目的は
「水」と「器材」に慣れること

そして、海での講習は
「海」と「ストレス」に慣れること

そういった段階を踏むことで
徐々に余裕をもって
ダイビングで遊べるようになり
ひいては人生の糧へとつながっていきます

そして、
体験ダイビングをされる方で多いのが
ダイビングをすべて楽しみたいという
「欲張りさん」

体験ダイビングはダイビングの
2割楽しめれば大満足なコースなのですが
5割~10割をお求めの方が
いらっしゃるわけです

全てのものごとに言えますが
それなりの時間とコストをかけない方は
それなりの体験しか得られません

「はまって」からではないと
見ることができない新しい世界がありますので
面白いと思ったもの全てに、「はまって」みることは
人生においてとても大事なのは、諸所申し上げて
いる次第です

そういえば、
11日に硫黄島沖でダイビング事故がありました
ニュース

女性ダイバーの方がお亡くなりになったようで
同じダイビングをするものとして心が痛みます

安全なスポーツとはいえ、安全ではない海で潜っている
わけですから、誰しも事故にあう可能性はありますから
他人事ではありません

また、夏季のダイビングシーンは、ブランクがある方が
潜り出す時期ですので、その辺も注意しないと
いけません

サンライズでは、
プロという称号をお持ちの方でも、経験本数問わず
ブランクがある場合は、全員ビギナー扱いにしています

僕ですら、1週間潜ってなかったら、
感覚を取り戻すのに少し時間かかりますから

月に数本潜ることは万が一に
備えることでとても大事なのです

それができない方は
体験ダイビングもしくは
リフレッシュコースがベストな選択肢のように
思います

RIO

Page 1 of 36712345102030...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧