福岡のダイビングショップ|スキューバダイビングのライセンス取得はダイブショップ サンライズ

ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

サンライズCALENDAR

ブログ「日々のサンライズ」

4/22 志賀島オトシゴフィーバー
2018年4月22日

こんばんは。マエダサチコです。

今日もダンゴウオ見たさにダイバーでにぎわう白瀬に行ってきました。

この2人は本日ガイドが居なくて・・・ごめんなさい。。。
バディダイビングをお願いしました。

うまくいったかどうかは別として、
2人とも大変勉強になったみたいで楽しかったそうです。
良かった♡
まだまだ奥深い白瀬、これからももっともっと勉強して、
地元の海の素晴らしさをどんどんみんなに伝えていってほしいと思います。

わたくしはというと、OW講習の渡辺君と、
ライセンス認定後初のファンダイブの小夏丸
それをアシストする友樹と一緒に潜ってきましたよ。

小夏丸は自分の器材の可愛さ&使いごごちの良さに
テンションが高かったけど、
ウサギ級の大きなアメフラシとの遭遇に更にテンションアップなのは言うまでもなく。笑

1本目はみんなで生物を探してきました。

そこで小夏丸が見つけたのは、
なんと!最近TVをにぎわすヒョウモンダコ!!

猛毒を持ったこの小さいタコ。
10年以上前から玄界灘に居ると葉山さんが言っていました。
別に最近になって出てきたわけじゃないみたいよ。

渡辺君に見つけてもらいたかったダンゴウオは、
私と小夏丸の2人でじっくり観察してきました。

全然こっちを向いてくれませんでしたが、今年はP8付近に沸いています。
そのせいで、今日のP8はダイバーでごった返していました。。。

2本目は渡辺君のガイドで四つ岩に連れてってもらい、
途中フグやボラを見せてくれましたが、泳ぐのが速すぎて疲れたぞ。

コンパスだけ見ないでもっと海を楽しんでくれ~~。

渡辺君が戻った後は、小夏丸を連れてファンダイブに行ってきました。

マダコがコウイカを食べている姿はちょっと引きましたが、
貴重な出会いでした。

センヒメウミウシもちらほら姿を現し、
ミノウミウシ系が少し減ってきたような感じがします。

確実に夏か近づいてきていますね。

こないだから場所を移動しないオトシゴのお腹のふくらみも大きくなり、
元気そうでしたが、相変わらずメスは不在。

しかし、沖のポイントで小夏丸がなんと今度は
タツノオトシゴ発見しました。

赤くて少し小さなメスの個体でしたが
近くにオスも一緒に居ました。

いやはや今日も楽しい海でした。

そして、渡辺君も無事OW認定です!

沖縄楽しんできてね。

帰ってきたらまた遊びに来てね~~♪

では、またお休み明けに。

4/21 志賀島ダンゴウオフィーバー2
2018年4月21日

今日は、初夏の日差しの中、

素敵な紳士たちが集まりました。
YES!

見ての通り、
ざっきー年末から、
体重マイナス15キロで
ほっそりしてました。

そして、ひんやり水温17℃

汗がすーーっとひきます。

気持ちのいい水風呂に入った
爽快感を味わいながら、
向かった先はP8

P8にダンゴウオが多いという
情報を聞きつけ、向かってみると
ブイの下にいました。

かわいい(5mm)

でも、てるちゃんがダンゴウオを逃がしてしまったので、
別のポイントへ移動。

すると、今度は幼魚と成魚の間の子を
発見。

かわゆす

3匹目も発見

でも、またてるちゃん逃がす。。

4匹見つけた中で、2匹を逃がしたので、
「ダンゴウオ逃がしハンター」の
異名を授けられました。

でも、逃げるハリセンボンを
虫の目レンズで綺麗撮影してくれました。

さすが、逃がしハンター
自分の特性を最大限生かしてます。

はらちゃんも、
一眼を駆使していい写真撮って
くれていました。

そして、その中でも
特にいい写真はこちら。

コケギンポのかわいらしさと
アクティブ感が引き立っている
いい写真です。

コケギンポ好きの大将さんは嫉妬必至です。

もっともっとコケギン愛情を持たないと
勝てませんよ。

そんな大将さんもウミウシを綺麗に撮って
くれていました。
アオウミウシ

名がわからないウミウシ

フタスジミノウミウシ

クロシタナシウミウシ

大将さんだけみたゴマビロ

大将さんだけみたミズタマ

みんな見たかったのに、
教えてくれないという
薄情なお人には、
「薄情ダイバー」の異名を授けられました。

おめでとう。

そして、その他には、
こんなウミウシや

こんなウミウシ

こんなウミウシなどを見ることができました。

ちょっと元気のなくなってきた
サクラさん

水温が3日前から水温1℃もあがっているので、
ミズタマさんも減ってきています。

このままどんどん上昇すると、
サクラさんもいなくなってしまうことですので、
ミズタマさんは今月いっぱいくらいでは
ないでしょうか

春のウミウシがいなくなると寂しいですが、
そろそろ、夏のウミウシに出会えますので、
春は、海の中でも出会いと別れの季節です。

ウミウシ好きな方は、
春を満喫する最後のチャンスですよ。

RIO

今年のGWのサンライズでの遊び方
2018年4月20日

今年、9年目を迎えたサンライズは、
2018年はGWのツアーはありません。

僕自身のことを冷静に振り返ってみると、
よく言えば挑戦的、悪く言えば
無謀な天邪鬼、なことは自他共に認める
ところだと思いますが、大型連休にあえて
「旅行に行かない」というのは
普通のダイビングショップからすると、
変に思われるかもしれません。

しかし、
福岡のGWには「どんたく」があり、
国内海外から数十万人ほど観光客が訪れる
日本屈指のお祭りの中に、身を置くと、
昨年、自分も観光客と同じく
「福岡を旅している」ような気分になりました。

やはり、新しいことを発見するには、
いつもしないことをすることに
限ります。

ですので、今年のGWは徹底的に福岡を満喫し
「福岡を旅する」というテーマを掲げることに
しました。

さて、そんなテーマの元
GWのイベントは以下の通りになりました。

4月29日
「りなぞう★おさむん水中結婚式」
26日締め切りです。
すでに20名以上の方にご参加いただいております。
楽しみですね。

5月3日
「どんたく観覧会」
これまでどんたく見たことない方、見方が
わからない方、案内して欲しい方は
博多っ子RIO先生が連れていきます。
集合場所はサンライズ。参加費無料。
時間は参加者の方のみお知らせします。
(ちなみにこの日午前中は素潜り個人レッスンが
入っています。)

5月4日
「青海島春の生物探索ダイブ」
4月~5月の青海島は、ダンゴウオをはじめ、
キアンコウの幼魚、オオカズナギといった
レアな生物が出てきます。
「夏は洞窟」ですから、「春は生物」に
特化してみたいと思っています。
帰りに、夏には行かない湯本温泉で
しっかり温まって帰ります。
定員8名です。

5月5日
「無制限ダイブin白瀬」
地形を完璧に覚えたい方、本数を稼ぎたい方
カメラを上達したい方、体力の限界に
挑戦してみたい方。是非ご参加ください
定員6名です。

5月6日
「沖ノ島視察ダイブ」
締め切りは5月4日です。
この機会を逃すと次の
沖ノ島は7月になります。
待ちきれない人は是非。

これらのイベントは、これまでの8年間で
行っていないことばかりですので、
ワクワクしますよね。

そして、その他の現在の予定は、
4月30日
ダイビングは行きません。
29日に燃え尽きているはずですので。

5月1日
ファンダイビング可能です。
この日はしょーくんが志賀島に行く予定です

5月2日
ファンダイブも講習も可能ですが、いまのところ
入っていません。

これらの正式な予約は、店長への直接のラインか
サンライズへのメール、お電話のみにて
受け付けています。
シナプスやSNS等への書き込みでは
「予約とは見なされません」ので、ご了承ください。
また、イベントに関しては
D-PASSをお持ちの方しかご参加いただけません。
ご存じだとは思いますが。

全てイベントに参加しても、
国内海外リゾートに行って潜るより
遥かにコストはかからず、
思い出や経験はリゾートに負けないくらいの
ものを提供できると自負しております。

参加者の皆様、ご期待ください。

そして、新しい福岡を発見してみてください。

RIO

4/18 志賀島ダンゴウオフィーバー
2018年4月19日

今日は一日、溜まりにたまった事務作業です。

海に行ってる方が楽なのは、間違いありません。

志賀島は今、ダイビング最高な時期なので
潜りたいですよね。

そんな最高な時期の志賀島は
昨日ダンゴフィーバーでした。

そんなダンゴウオを探しに来たおにいは
ガイドをしながら、生まれて初めて
自分で見つけることができたうえに、
(虫メガネ2枚重ね使用)
初めて自分で楽にフィンを履くコツを覚えました。

初めて尽くし。

詳しい方法を知りたい方は
DMおにいまでお尋ねください。

質問まってるよん。

風が気持ちのいい春の海辺では、
ドライを着ても快適気温。

季節がいいですね。

さて、1ダイブ目は、僕がガイドで
まーさ、おにい、みかさんを連れて
北白瀬へ

昨日、ダンゴを見つけていた
岩に連れていくとすぐにいました。

これは2枚重ねていないので、
あまり大きく映っていませんね。

今回、本物。

顕微鏡モードで撮るとこんな感じ。

丸々太ったダンゴウオの成魚。
美味しそうです。

まーさには、かわいく見えたそうです。

極まっているようです。

早々に、ダンゴウオを見つけて
喜んでいると、世界最小のイカ
「ヒメイカ」を見つけました。

春の時期に、海藻などにくっついている
ヒメイカは寿命3か月と儚い命ですので
早めに観察しにきてください。

色も変わるので、写真映えしそうですね。

一度ダンゴウオを見て調子に乗ったおにいは、
2本目に、みかさんとP8の沖にある「立て岩」で
なんとダンゴウオ見つけたようです。

やはり、2枚重ねがものすごい見える
らしいです。
100均の虫眼鏡でいいそうですよ。
お試しあれ。

こなつまるは
苦手なスキル克服するため、
まずは中性浮力の練習

おがげで、ウエイトが2キロ減りました。

こなつまるは、アメフラシが大好き

「「アメフラシ好き」は大きければ、大きい方が
テンションもあがります。

うさぎみたいなかわいい巨大アメフラシも
夏にはいなくなってしまいます。
ですので、今がチャンス。
この時期めいっぱい潜って
色々さがしたい方は、
シナプスをチェックしてください。
面白い企画ご用意しております。

アメフラシと同類の「たつ」

いや、「ナマコ」ですかね。

この日OW認定のこなつまるは
2本目ガイドで東に東に
泳いでいくと、
巨大ツバクロエイがゆっくりと
前を泳いでいましたが、着地。

ツバクロエイは「志賀島のマンタ」と呼んでいます。

大きくて、のんびりとしたツバクロエイは
近くに寄っても、その場を離れません。

迫力満点です。

その後、東にずれた軌道を店長に修正され、
メバル瀬でお腹が出たオトシゴ観察。

OW講習初日、唐津、2日目、辰ノ口
3日目に志賀島となかなか志賀島に
潜れなかった分、色々見れて満足の
OW講習だったようです。

僕とまあさは、2人でイカ玉瀬に
ミズタマウミウシ狙い。

ついた瞬間、昨日に引き続き
またもや上から降ってきたミズタマウミウシ

よく、水中を漂っているんでしょうか
移動手段は「泳ぎ」なんですかね。

砂地に着地したら
砂地を滑るように急ぎ足で
移動するミズタマウミウシ。

移動に長けたウミウシのようです。
クリエイターなのかもしれません。

そんなミズタマウミウシを初めて見た感想

美味しそうに見えたようです。

そして、マツカサウオのペアは珍しい。

でも、こっちのほうがもっと珍しい

群れ群れミズタマウミウシ。
計4匹。

見つけたまーさは
驚きを隠せません。

白瀬もなかなかやりますね。

最沖の砂地には
子供のホタテウミヘビが
穴を掘って潜んでいました。

そろそろ、近くにせめてきますよ。

こいつもそろそろ巨大化して
出てきますよ。

こわーーーい

・・・・・・

そんなこんなで、2本目を終えましたが
めぐまいコンビも北白瀬の岩をおにいに
教えてもらい、無事ダンゴウオを探せたようです。
着実に実力をつけるめぐまいコンビ。

他のDM達も負けていられません。
時間を見つけては、自主練習を
開始した方がよさそうですよ。
ちなみに、プロテストDM誰も受けに
きませんが、リミットはあっという間に
やってきます。
忙しくなると、テスト受けれる日が
限られてきますので、今がチャンスです。

そして、今日から本格的に
ダイバーの仲間入りを果たした
こなつまる。

ダイビングとサンライズの世界を
これから十二分に味わってください。

人生変わりますよ。

RIO

4/17 志賀島マンツーマンダイビングIN雨白瀬。
2018年4月18日

やはり、この方がいらっしゃると
かなりの確率で雨が降ります。

前髪で誰かわかりずらいですか
この方です。

最近、ばっさりと髪と未練を断ち切って
いい「気」に包まれ中の、せなこんぐさん。

しかし、バックが曇り空なのが、
よくありません。

運がどんどん上がってきているので、
このまま「雨曇り女」
を返上してもらいものです。

南西の風が強く、荒れ模様で、
ダイバーは、僕ら以外に、自転車ダイビング
おじさんただ一人。

そんな状況でも透明度はまあまあでした。

年々白瀬では、少なくなってきた
アメフラシ。

なぜなんでしょうか。

前がおかしいのか、
今がおかしいのか
わずかな歴史しか知らない僕らには
わかるわけもありませんが。

ハリセンボンも、ここのところよく出ます。

なぜなんでしょうか

さて、
ダンゴウオ探しに、P8の沖の
立岩に行きましたが、10分探しても
その姿確認できず、そこから、北白瀬側の
岩に進路変更。

しかし、P8からそこまで行くのは
距離があり、しかもウエイトベストを忘れ
ウエイトの調整が上手くいっていなかった僕は、
エアーの減りが早く、北白瀬の大岩に
行く途中で引き返し、なんとなく
この辺にいるかもと思った、小さい岩を
探してみると・・・

発見!

何かに導かれるように、一発で
見つけました。

肉眼で見えるくらいのサイズで
およそ0.8センチ

カメラ装備が不十分で、
綺麗に撮れませんでしたが、
大ちゃんならもっと鮮明に
撮ってくれていたことでしょうが。
大ちゃんはいません。残念。

2ダイブ目は更に荒れてきましたが、
ミズタマオトシゴ狙いで、メバル瀬~イカ玉瀬コース

メバル瀬でオトシゴを探すも、なんか気が乗らず
すぐにあきらめ、イカ玉瀬へ。
せなこんぐがフィンを履き直して
いる最中に、

ヤズの群れに遭遇。


僕らの周りを4周くらいして、
過ぎ去っていきました。

この群れは夏場にたまに遭遇する
ので、こんな時期に出会えると
びっくりします。

目がマクロモードですし。

イカ玉瀬に来ると、急に
ミズタマウミウシの匂いがぷんぷん

こいつがいるということは
絶対いますよね。

すると、せなこんぐが急にミズタマウミウシを
持ってきました。

なぜだか知りませんが、
頭から降ってきたそうです。

海の中はいつも想定外だから
面白いんでしょうね

兎にも角にも、ほぼ見たかった
生物クリアで満足の2ダイブでした。

今月で20本のセナコング。

次回は、ご自身で見つけて
ウミウシの魅力を
伝えてみてくださいね。

現在、黒瀬には劣りますが
白瀬でも「相当数のウミウシ」を
みることができます。

ちなみに、黒瀬は色々
大変なので、粟国島と同様
「MSD限定」にしております。

「相当数以上のウミウシ」を観察したい方は
MSDカードをお持ちください。

新しい世界を垣間見ることができますよ。

PS
今日の白瀬は最高でした。
その様子はまた明日。

そして、お兄のDM祝賀会へのご参加は
お早めに。

激しい飲み会になりますので
心と身体を整えて、万全の
態勢でのご参加よろしくお願いいたします。

RIO

Page 1 of 40912345102030...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧