福岡のダイビングショップ|スキューバダイビングのライセンス取得はダイブショップ サンライズ

ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

サンライズCALENDAR

ブログ「日々のサンライズ」

10/17 まいちゃんのDMガイドテスト実施。
2018年10月18日

こんばんは。 マエダサチコです。

この日はちょっと荒れてましたが、
まだ潜れるレベルの志賀島へやってきました。

これからどんどん潜れなくなってきますここ、白瀬。

潜れる日は潜っておきたいとこですね。

そんな今時期、10月半ば・・・

よく皆さんから
『もうドライスーツが良いですか?』
といった類の質問をされますが、
私はいつも水温しか答えないんです。

人により筋肉や脂肪のバランス、
寒がりや暑がりの度合いも全く違うし、
重たいウエイトよりも寒いのを我慢したい人も居るし、
寒いのは絶対に嫌な人も居るし、
スーツのインナーも分からないので、
私の経験からくる体感温度でアドバイスをすると
『暑い』とか『寒い』とか言われます。

なので、ご自身で経験し、
そこから学んでもらうようにしています。

また、天気や気温、風の有無は簡単にいつでもだれでも知れる程情報は溢れかえっています。

自然の中で遊ぶのだから、
それくらいの情報は自分で事前に調べるべきだと思います。

自分で考え、行動して、失敗を繰り返して、
そこから学び、適切な判断が出来るようになり、
普段から自分で考える癖をつけていくことが重要だと思いますね。

それがひいては、本当に海を楽しみ、
海を好きになることにつながるわけですから、
ご自身で考えて行動しましょう。

ちなみにわたしは、10月12日からドライスーツに切り替えました!

正直その日は天気も良く風もなく、辰ノ口で水温も24℃あったので、
私のセミドライでは寒くなかったような気もしますが、
当日ウエットスーツでだったまゆこんぐさんは寒い寒いと震えていました。

なので、まゆこんぐさん昨日は今シーズン初のドライスーツで白瀬にやってきました。

ドライスーツのインナーが斬新。

要らなくなった服をかき集めてきたらこうなったそうです。笑

余談になりますが、「ドライスーツを着ていれば暖かい」というのは完全に間違いで、ドライスーツ自体の保温能力の差はもちろんありますが、インナー選びが意外と大切なことを知ってもらいたいですね。

ドライスーツは通常3.5mmという厚さの生地が使われていて、一般的に皆さんが使用しているウエットスーツよりも薄いです。

インナーで空気層を作ってあげないと、意外に保温力がありません。

ここで知っていてほしいのが、使うインナーによっては逆に体を冷やしてしまうということ。

トレーナーのような吸水性の高い綿では、浮力が多く、デッドエアが増え、ウエイトが増え、動きにくくなり、水分を含むと体温が奪われがちだし、濡れてもなかなか乾きません。

これはユニクロのヒートテックなどにも言えることで、素材のうちのレーヨンが吸水性が高く、綿と同じで体を冷やします。

気温があがると、普通のヒートテックよりも速乾性が落ち、汗が乾かず、ダイビング中は冷たい空気をスーツ内に送り込むため、より体が冷えてしまいます。
(日常使用するのであれば、安くてよいインナーですよ)

その点、ダイビング専用のインナーは、少しの海水が入ってきたとしても、表面を伝ってしみこまないし、海から上がってスーツを脱いだ時にも風が通らないので体温の低下を防げるし、内側から湿気を出す透湿性にも優れています。

要らない洋服は、結局「ゴミ」にしかならないということですね。

猫の寝床にするのもいいかもしれません。

あと、海から上がってすぐに暖まれないない冬の海では、水中よりも海から上がってから寒いので、海から上がった後の防寒がすごい大切です。

海から上がったら髪の水気をしっかり取り、ニット帽などをかぶったり(モビーのニット帽おすすめです)、手袋をはめたり、風を通さない上着を着たりするのがいいかと思います。
ダイビングの器材メーカーから販売されている「ボートコート」は、ウエットスーツと同じネオプレン素材で作られているため、生地に空気の層があり、雨も雪も通しません。
カフェインの入っていない暖かい飲み物で、体内からも温め、(サンライズでもそろそろ休憩中のホットドリンクサービスも開始します)甘い物を食べてカロリーを取るのも有効的です。
防寒対策をしっかりして、よい海の時期を逃さないようにしたいですね。
ちなみに今の時期はまだ水温は22度、外気温も22度くらいあるので、あまり寒くありません。
今の時期に色んなインナーを着て試してみるとのも良いでしょう。

さて、昨日はDMインターンシップ中のマイマイのガイドテスト。

ゲストのまゆこんぐさんを守ることを誓っておりました。

顔も可愛くて頼もしいとは、完璧やないか!

ブリーフィングもゲストのハートをわしづかみにする

興味深いものに仕上がっていました 。

実は真面目なマイマイ。

しっかり予習して挑んでいたので、正直とても感心しました。

前日より濁っていたものの、

ブリーフィング通りにしっかりガイドも頑張ってました。

そう、私は、観察役でラクチンダイビング。

途中トラブルや

道に迷ったりもしましたが、

ゲストを楽しませようと奮闘するマイマイ。

その結果、

色々と課題は見つかったものの、

晴れて合格!!!

翌日デモンストレーションスキルのテストに合格すればDM認定です。

結果は明日のブログでご覧くださいね。

10/16 志賀島でダイビング。
2018年10月18日

風邪の末期、空咳が止まりません。

咳のせいで、頭痛がひどく、
目も虚ろ。

咳止めを飲もうか飲むまいか
悩み中ですが、いい加減直したいので、
明日病院で薬をもらってきます。

死ぬまでに、あと何回風邪を引くのか
わかりませんが、誰か頭のいい人が、
完全に治る風邪薬を、開発してもらいたいものです。

さて、
秋晴れが続く、白瀬に2名の男女
せなこんと水ちゃん

うっとおしそうにしてますが、
心は晴れやかなはずです。

水ちゃんは、ウエットの限界を挑戦する
ことで知られていますが、
この日はなんと3mmの薄々スーツで
フードも被りません。

ちなみに、せなこんは5mm
だけど、被りません。

なぜそんなに強いのか。

それは、わかりません。

水温は、21℃〜22℃

珍しく、白瀬にガンガゼがいました。

寒さにどれだけ耐えられるのか

それはわかりません。

ヒオウギ貝がいました。

かみついてきますので、
手を入れてみてください。

珍しく、東の方へいきました。

東に行った理由は2つ
ハナデンシャとカマスの群れの
搜索です。

今年は、カマスの群れいませんよね。

こんなにカマスいないのは、サンライズ初。

ミノカサゴは、小魚食って大きくなってます

こいつは食われかかって死んでました。

よくわかりませんが、ホタテウミヘビ系でしょうか

結構、探しましたが、お目当はいませんでした。

しかも、寒いとのお声を頂いたので、
歩きで潜ることに。

これが意外にあったかい。

シマウシノシタはかくれんぼ。

鬼ごっこもしてみましたが、
これも意外に面白い。

水ちゃんの必死の逃げ回りで
体を動かしすぎたせいか
水飲んでました。

正直、僕は寒さを全く感じませんでしたが、
それはセミドライだったからでしょうか。

セミドライ意外に、あったかいんだから〜〜

RIO

10/14 素潜り基礎コース2日目
2018年10月17日


講習中の横ちゃんは、素潜り基礎コース
2日目です。

泳ぎをマスターしていきます。

実は、フィンを使った泳ぎは、
色々あります。

一般的なフィンキックは、youtubeでも
勉強できますが、実践的な
泳ぎ方はわかりません。

インターネットの情報は、浅く広くなので、
独学では、限界があります。

毎回、利用者がいない時間を狙っていますので、
貸切です。

水温は、26℃で、ちょっと寒いですが、
フードベストを着れば大丈夫

スクーバダイビングもやってみます。

利点がわかって、視点が変わります。

視点が変わると、素潜りの考えが変わります。

次回は、遊びで潜るを真剣に
講習します。

RIO

10/14 今年最後の沖ノ島
2018年10月16日

みなさんこんばんわ。

DMのショウです。

10月も中旬になりまして、気温と水温があまり変わらなくなってきました。

そろそろドライスーツの切り替え時期ですね。

体を濡らさず快適にダイビングを楽しめる時期の始まりです。

そして、僕も遂に!

ドライスーツを新調しました!!

レンタルスーツよりボロいと言われたボロボロドライといよいよお別れの時が来ました。

僕がどのドライを選んだかは、またブログでご報告したいと思います。

どんなスーツでも今より快適なのは間違いありません。わくわく。

さて、ブログは日曜日の沖ノ島ボートのこと。

午前7時半ごろ東浜港から沖ノ島へむけて出発。

天気はよかったんですが、まあまあ荒れておりました。

捕れた魚のように寝て過ごす人たち。

小物×1大物×2

2時間半掛けてやってきました。

船酔いする人続出なので急いでエントリー。

そう!今回、沖ノ島中止率100%のはまちゃんがようやく潜ることが出来たんです!

2年越し、念願の沖ノ島。

よかったよかった。

3年ぶりに潜りに来たともちゃんも初沖ノ島でした。

新作のフィンアートがかわいいですね。

残念ながら透明度悪く、

ベストシーズンと比べれれば魚の数も見劣りするけど、群れの規模はやはりデカい。

見えてないだけで本当はもっともっと居たのかもしれないけど。

群れがぶわーーっと入ってくると見とれてしまいます。

岩屋アーチ手前のオーバーハングが僕のお気に入り。

ずっと居たくなる雰囲気があります。

キレイな魚だなーとじっと眺めていたら、実はなんでもないクロホシイシモチの群れでした。

辰ノ口でもそこらじゅうにいるやつね。

シチュエーションで魚の印象も変わるんです。

アーチの中は真っ暗で素通りしがちだけど、

ライトを当てるとまた違った顔を見せてくれます。

光が届かないところにいるのに何でこんなに鮮やかなんでしょうね。

ライト初卸のあかみーは狙い通りの写真が撮れたでしょうか。

これから海のいろんな表情をカメラに収めていってほしいものです。

ワイドレンズをつけるとより沢山の光が入るので、自然光が届く場所だとライトがなくても色が出る。

沖ノ島のキンギョハナダイは見応えあり。

そして沖ノ島といえばハリセンボン。

つぼやんといえば

コイボウミウシ

なんですが、居なかったのでこちらのキカモヨウウミウシに浮気してました。

こっちの方がかわいいです。

あやかちゃんと言えば

ひまつぶしフォトダイバーのはずが・・・

最近卒業したようで、完全にまじめなフォトダイバーになってます。

キンチャクダイとソフトコーラルをキレイに撮影していました。

2本目は遺跡ポイントへ。

沖ノ島に来たからには、ここには潜っておきたいところです。

沈船とか海底遺跡なんかの巨大人工物の中を通ったり上から眺めたり、

水中だからいろんなアプローチが出来る。

水中では制限されることも多いけど、陸上とは違って「重力」の制限から解放される。

これもまたダイビングの醍醐味。

そんなことを考えていると大将さんが飛ぶように通路を通ってきました。

てか、大将さんなんか痩せた!?

少し具合が悪くなっていたからか、珍しくカメラを持っていないからか

一時的にシュッとしておりました。

なんだか別人のようです。

この遺跡ポイント、いろいろ生物がついているのがまた面白いんです。

たっちゃんと小夏丸が仲良さげに色々見つけて撮っておりました。

ミノウミウシ。

初めてみたアデヤカミノウミウシ。

こちらも初めましてのミアミラウミウシ。

女性に人気のパンダホヤ。

正式名称はワライボヤだそうです。

沖ノ島にきたらいつも知らないウミウシに出会いますね。

最後はタカベの群れが入ってきたりして

なんだかんだで楽しいダイビングになりました!!

いぇいいぇい。

帰りはみんなお疲れモード

10月のボート上はさすがに寒い!!

寒さにやられたこなまると

ドライルームで寝てスッキリした店長が対照的に撮られています。

ドライルームから溢れた者たちは

さながら北海の蟹工船労働者のようになっていました。

無となってただただ寒さを耐え忍ぶ。

寒い

くわっ

そんな感じで今年最後の沖ノ島を楽しんできました!!

また来年の沖ノ島に期待です!!

しょう。

10/13 荒れた白瀬でわいわい潜りました。
2018年10月14日

みなさんこんにちわ。

DMのショウです。

今日は沖ノ島に向かうボートから更新です。

揺られながらIphone8の小さい画面でブログを書くのはなかなか辛いですが、お店に帰って今日の分を含め立て続けに二本書く方が辛いので仕方なし。

と思って書いてたんですが、

具合が悪くなったためやむなく断念。

予想以上の荒れ模様と排ガスの臭いにやられました。

大人しくお店に帰ってきての更新です。

モタモタ書いています。

てへ。

今日の沖ノ島は明日か明後日には上げる予定です。

待っててね。

さて、そんなわけでブログは昨日の志賀島のことです。

自衛官ボーイズと潜ってきましたよ。

ダイビングの先輩でもある上官の宮地さんの目が光るなか体験ダイビング。

仲間のスキルが終わるのを待ってる姿に自衛隊感がでてます。

アシスタントのまいまいがバッチリ写真を撮ってました。

生物を観察するときも隊列を作るようにキレイに並んでおります。

最近新聞にも載っていたレア生物 ハナデンシャが出ても隊列は崩さず。

一見ハナデンシャを放り投げているようにも見えますが、そうじゃなくてただ泳いでいただけのようです。

前回大将さんが見つけた時も漂っていたそうなので、調べてみると泳ぐ性質があるウミウシだそうです。

ふむふむ。

マイちゃんは2回連続見れたみたいですが、

僕はまだ一回も見れとりません。

僕もう800本近く潜ってるのになぜだーーーーーーーーー

みせてくでーーーーーー

そんな感じで、仲間同士で初めてのダイビングを楽しんでもらえたようです。

ぜひみんなでライセンスを取りに来てくださいね。

待ってるぜ。

お次はファンダイブチーム。

最近再び海に来てくれるようになってくれたサンライズのイケメン担当おっくんのガイド。

口なし次男と三男坊に挟まれております。

口はないけど笑顔だけは素敵。

僕も久々おっくんのガイドで一緒に潜って、口なし三兄弟で囲い込みたかった。

サキシマミノウミウシも見たかった。

このウミウシ色合いが綺麗で好きなんですよね。

ヒロウミウシもここまで身を寄せ合っていたらかわいいです。

最近でてきてるコヤナギウミウシ

この日初めてみましたが、ひとめぼれしました。

そんな感じでかわいいウミウシたちを観察してきたようですね。

最後は、こちらのご夫婦のアドバンス講習。

徳ちゃん&ハッチ。

この写真どことなく昭和の新婚旅行風。

ペアルックで仲睦まじいです。

僕は徳ちゃんの講習担当。

中性浮力を学ぶ講習なんですが

最初からむちゃくちゃ上手

逆立ちもホイホイできる。

ハッチにもできるところを見てもらいました。

あまりに上手だったので一人でこそこそ練習してたんじゃないかと疑われてました。笑

『愛してるぜ!ハッチ』

その時ハッチは前田さんとナビ講習。

苦手なコンパス

やりたくないな~~~~。

と言いながらも頑張り屋さんのハッチは、いやいややっていたそうです。

何度かやり直しましたが、

無事に目的地に到着して喜んでいたみたいですね。

なかなかやるなお主。

二本目は、ちょっと荒れてきたけど大好きな徳ちゃんと一緒に講習を進めれて幸せそうでした。

魚も一緒に見ました。

ペアルックで実にうらやましい。

僕もペアルックしたいな~~~~。

誰としようかな~~~~笑

二本目は、徳ちゃんがお魚をスケッチしている間に、ハッチは隣でフォト講習。

気持ち悪くなりながらも上手に写真を撮ってくれました。

ヨロイメバルも綺麗に撮れましたね。

カサゴに似てるけどメバルだよ。

サビハゼも綺麗に撮れました。

年中ダイバーを楽しませてくれる魚だよ。

母タコとタマゴもなんとなく撮れました。

タマゴの成長が楽しみですね。

二人の成長も楽しみですね

次回も頑張りましょう。

しょう。

Page 10 of 453« First...89101112203040...Last »
  • 日々のサンライズ

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧