福岡のダイビングショップ|スキューバダイビングのライセンス取得はダイブショップ サンライズ

ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

サンライズCALENDAR

ブログ「日々のサンライズ」

粟国島TOUR1日目
2017年7月4日

こんばんは。マエダサチコです。

会う人会う人に粟国島のブログはまだなのかと聞かれてるし、
写真もずいぶん集まったのでそろそろ書くことにしました。
6月23日~25日毎年6月の4週目に開催している
サンライズの粟国島(あぐにじま)ツアー。

粟国島は島の外周約12kmで、人口約500人くらいの小さな島で、
1999年に映画【ナビィの恋】の舞台となったことで
ちょっとだけ知られているけど、
那覇市内からのアクセスは1日1便片道2時間かかるフェリーのみ。
数年前まではアイランダーも出てたけど、
事故のせいで今は飛んでないから、
なかなか行きづらい島なんですよね。

それでも、粟国島に来る人達の目的は下の3つ。

・スクーバダイビング

・野鳥

・星空

全部好きな私にとってはまさに楽園♪

なので、サンライズでは2012年から6年連続で6月4週目に来てます。
なぜこの時期なのかというのがポイントで、
GW頃から7月の頭くらいまでの期間、粟国島の南東に位置する
【筆ん崎】というポイントで、ギンガメアジのトルネードが見られるんです。
そこには毎年日本中いたるところからから
ダイバーが集まってくるんです。

しかも6月の4週目ならほぼ確実に梅雨も明けてるので
一足早い夏を満喫できるというわけなんですね。

ふむふむ。

過去に5回行った粟国島ツアーの評判も良く、
リピーターも多い毎年大人気のツアー。

12年、13年、14年と、晴天続きで
筆ん崎に入ったら毎回ギンガメトルネードに会えました♡
15年は海況が優れず1本も筆ん崎に潜れなかった。。。。
16年は最終日雨が降ってしまったけど、
1本はトルネード見れなかったけど、他は全部見れた♡

と、2年前以外はわりと良い成績を残しているのです。

今年はその2015年に来ていたおにいこと、
仙田さんが筆ん崎リベンジで参加したのですが、、、

さて。

無事に筆ん崎でトルネードが見れたのか気になるところですね・・・。ふふ。

昨年一昨年と2年連続で
那覇から粟国島までは漁船をチャーターし
2~3時間かけて向かっていたのですが、
今年はなんと!
急遽、機の調整がいい感じにすすんだので、
那覇から粟国島まで20分でヘリで行けることになったんです♪

しかも那覇空港で安倍首相に会うというすごいミラクル続き。
SPがすごくてもちろん写真なんて撮れませんでしたが、
なんとなく幸先いい感じで今年の粟国島ツアーがはじまりました。

空港でセキュリティチェックを受け、

5人1組に分かれて小さなヘリに乗り込みます。

重量制限ギリギリ。
そしてぎゅうぎゅう。

おにい以外はみんな初めてのヘリで、
子供みたいにテンションあがりまくりの20分間。

高度250mくらいのとこを渡名喜島や慶良間諸島を横目に
綺麗な海を見ながらの遊覧飛行。

粟国島が見えてきた。

とにかく暑すぎてザッキーは尋常じゃないくらい汗かいてたのが印象的でした。

無事に予定通り粟国島に到着し、

島内どこに行っても1人200円で利用できるタクシーを利用して移動。
素敵な島ですね。

その後、ダイビングの準備にとりかかりました~

毎年お世話になっている粟国っ子の新城さんが経営するSEA-BASEさん。

年々人気が高まってダイバーが増えてきた・・・。

嬉しいような悲しいような複雑な気持ち。

この日からちょうど大潮で、
午前中は粟国島を知り尽くした新城さんでも
あまり経験したことのないかなりの激流だったという筆ん崎。

なので、1本目は全員のスキルチェックも兼ねて
島の初心者ポイント【パイプライン】へ連れてってもらいました。

ここは地形が面白いエリア。
岩と岩の間を通って

サンゴや砂地を見ながらすすんで

細い入り口を抜けると

広い洞窟になってて、

差し込む光が神秘的。

探せば色んな生物にも会えるけど、
生物を見なくてもなんか満足してしまうんです。

あー楽しかった。

ちなみにこの【パイプライン】
トミーがTG4を駆使して撮影すると撮るとこんなふうになるのです。

どーん

どーーん

どーーーん

今回もトミがかってくれました。
映写会、お楽しみに。笑

さて、この日の2本目!!

激流の可能性高いものの、
思い通じて念願の筆ん崎に入れることになりました。

わーいわーい。

そして、新城さんのガイドで泳ぎ続けるダイビングがはじまりました。

おにいは念願の初筆ん崎!

初トルネードに期待大!

流れは激流とはいかないまでも、まぁまぁ強い。

場所によって流れがあったりなかったり、
急に逆向きの流れに変わったりと
とにかく複雑な水中でしたが、
DMコンバットは流れの中
ウミウシ愛全開で流れで飛ばされてきた
ウミウシを綺麗に撮影してくれた。

メレンゲウミウシ。

ウミウシ愛があると綺麗に撮れるのだ。

ちなみにウミウシへの愛が普通のつぼやんの場合だと、

タテヒダイボウミウシはこんな感じ。

ウミウシへの愛が全くないトミーの場合だと、、

コイボウミウシはこんな姿に写ってしまうのだ。

ヘタ・・・。笑

お目当てのギンガメは見つからず・・・
ただただ流れの中泳ぎ続けた。

疲れたみか姫は、おにいのセクハラに耐えながら頑張って泳ぎました。
途中DMしょうもサポート。

わたしはクソみたいなぺらぺらフィンを
粟国島に持ってきたことを後悔。
新城さんに『粟国島なめんな』と笑われました。
てへ。

まぁまぁの流れの中、まぁまぁ泳いだけど・・
この日見れたギンガメはこんなもん。

すくなっ。笑

と、おいにいは言っていた。

おにいはあまり見ていないかもしれないけど、
ここ粟国島、ギンガメに会えなくても色々生物がおりました。

たぶんGBRよりいた。

ハタタテハゼもちょいちょいふわふわ。

カスミチョウチョウウオはいたるところで群れてたし、

浅いとこではキンギョハナダイの群れが流れの中しんどそうに泳いでたり。

ツノダシや

ハナビラクマノミ

メガネゴンベに

イシガキフグなんかも居たりして、

そしてきわめつけに!!

ばりでかのメガネモチノウオ!!!!

通称ナポレオン。

とにかくでかかったので、こうふんしました、わたし。

と、いうわけで、ギンガメアジのトルネードは不発に終わり、
みんなで安全停止し、エキジット。

これが一番しんどかったね。
巨大なネモヤンが飛んでいきそう。

まーさもマスクが外れそうになって、パニックになりかけたものの
全員安全に楽しく潜れたのでよかったでーす♪

ビールも美味しいね~

明日につづきます。

7/2 一年ぶりの青海島
2017年7月2日

みなさんこんばんわ。

今日もブログを真夜中更新。

そう!

今日は一年ぶりに山口県、北長門海岸国定公園の青海島に潜ってきましたよーー

RINAZOと屈強な男たち

いったい何の集団なんだ。

海に入ってみると、昨日の辰ノ口に続き透明度10m近く見えてた

しかも予想に反して水温23度くらいあって超快適。

青海島と言ったらやっぱり地形。

沖まで泳いでいったら、かなりダイナミックな地形が続きます。

人が一人通れるくらいの通称トンネル。

こんな地形がビーチから入って味わえるとこなんてなかなかない。

そして極めつけは洞窟探検。

何度来てもここは面白い

水面から顔を出せるのもここの面白いところ

しかも生物もいろいろ居て、

ちびっこコウイカがとこどころにいたり

志賀島ではあまり見かけないウミウシも盛りだくさん

こちらはムカデミノウミウシ

オトヒメウミウシや

リュウモンイロウミウシもちらほらいたりして

いままで見たことないウミウシ興奮したナベさんは常にロスト気味。

青海島は海藻が沢山あるので、ウミウシの宝庫なのだ。

あとミノカサゴも多くいるね。

この子は若い個体で胸鰭がきれー

こんなへんてこりんな生物にも出会いました。

この子はムスメウシノシタかな。

ぬるぬる動いておりました。

フォトダイバーたちも大満足でしたね。

真っ白つぼやん、どこにいっても目立ってました。

最後は水中七夕で集合写真。

僕は2年ぶりだったけど、やっぱり青海島おもしろかった~~。

地形と生物、両方合わさっている海は最高ですな。

天気も良かったので、ダイビングあとは角島に寄り道。

帰り道で晩御飯食べてプチ打ちあげ。

そんな感じで一日中遊んできて天神帰着が22時半。

満喫してきたな~~。

皆さん楽しい時間をありがとうございましたーー!

今度の青海島は7月29日、

次回はわたくしショーがみんなを連れていきますよ!!

今度もがっつりあそんできまーす。

7/1 夏の辰ノ口
2017年7月1日

みなさんこんばんわ

DMのしょーです。

今日は遅くなりまして、今からブログ更新。

書いていくのは今日行ってきた辰ノ口のこと。

梅雨が明けたかのような天気に恵まれた一日でした。

最初は、講習チームの様子からお届け。

天気だけじゃなくて、海のコンディションも最高でしたーーー。

水温は24度。

透明度は10m近く見えてた

めっちゃ気持ちいい~~~。

遊びながら中性浮力のお勉強。

イシバシ君、ちょっと久々の海だったけどイージーにこなした様子。

おもり渡しゲームでどちらが中性浮力キングか格付けしていく。

どっちが勝ったんかな。

透明度だけじゃなくて魚の数も尋常じゃなかったね。

イワシの玉が出来ててビックリ。

そしてその玉にアタックする魚たち。

すご~~。

こんだけ魚がいたらカメラも捗るね。

色んな魚に目移りしながら古川さんが撮ってくれた写真はこちら。

薄色のソラスズメダイと

かわいいクマノミさん

どちらももうちょっと色が出せてたら最高でした!

精進あるのみですな。

お次はファンダイブチーム。

前回見に行って何もついていなかったイカ芝にリベンジ!

いつも現地施設を利用させてもらってるBlueEarthさんに聞いて、今度は違うポイントに行ってみた

すると。。。

めっちゃアオリイカついてました~~。

60cmくらいはあるアオリイカがうようよ泳いでいて。

むちゃくちゃ見ごたえありました!

しかもかなり近づいて観察できるんです。

イカ芝が置いてある夏の間しかこんな風に観察できないので、

見なきゃ損です!!

他にも魚がわんさかいて

森永さんが嬉しそうにTG-5で撮っておりました。

ここから写真は、森永さん撮影。

透明度がいいとワイドの見え方も変わってくる。

デカマダイが数匹でついて回ってきてた。

たまに顔に急接近したりすると怖い。

こちらはちょっとピンボケしてるけど、リュウモンイロウミウシ。

こんな夏のウミウシもおりましたよ。

こちらはアヤPの大好きなカサゴ。

森永さんに可愛くとってもらえてよかったね。

そんな感じで楽しく潜ってきました~~。

夏の辰ノ口、面白いな~~~。

夏の間は志賀島も面白いし、荒れないからなかなか辰ノ口行かないけど、

来れるときにはみんな来てね!

明日は、一年ぶりに行く青海島!!

楽しんできまーーす!!!

また明日!

今日のブログ
2017年6月30日

マエサチさんたちが行った粟国ツアーのことは
どうやら写真が集まっていないらしく、書けないとのことです。

そして、その長編ブログはしょーくんが担当になることが
濃厚のようです。

期待しています。

しょーくんの文章力があがりそうですね。

今日は来客が多い一日です。

新規の方もどんどん増えてきて、ちょっとみないうちに
知らない人がどんどん増えてきており、
1か月来てなかったら、1/3くらい知らない人に
なっている可能性もありますね

何度も言いますが、時代は全てが「流動的」で人の気分や社会の動向も
うつろいやすいのです。

1年ひと昔。

僕もその辺を考慮しながら、みなさんと時間を共有
しようと思っています。

さて、今日のお知らせは7月からOW講習キャンペーンが少し
変わります。

ほんとは、7月はトップシーズンですので、
キャンペーンやりたくないんですが、
6月のキャンペーンが好評だったし、10名限定で
やってみようと思っています。

詳細は明日、ホームページのキャンペーンバナーでご覧ください。

さて、もうひとつのニュースはDMみほりーが
育休で休んでいましたが、今年は復活します。

まずは普通にファンダイブからスタートする予定ですので
よろしくお願いします。

おにいの新しいあだ名が生まれるかもしれませんね。

最後に先日「オカメパニック」で羽が折れて血が
出て心配をおかけしていましたが、るーちゃんの羽が
治ってきております。

もう普通に元気に飛び回ってますが、最近の人見知り具合いが
半端ではなく、店長の肩にしかとまらなくなって
いるのはなぜでしょう

ランちゃんの方が愛想はいいみたいですね

ということで、今日はお知らせブログでした

今から、倉庫作業に向かいますので、
お店は閉まっています

では

RIO

6/28 志賀島OW講習マンツーマン
2017年6月29日

昨日、ひさしぶりにシーツを変えようと
敷き布団をめくるとカビが生えていました。

敷布団カバー2枚を夜中に全洗いしましたが、
「梅雨」だということをすっかり忘れていました。

部屋の中はいつもからっとしているから大丈夫と
思っていたのですが、暑くて夜中に汗をかいているんですよね

食中毒にも気をつけないといけませんね
当たり前ですが

さて、昨日はまたまた、アゲアゲみくちゃんとマンツーマンレッスンでした。

2連チャンはかなり珍しいです

雨も降らず、波もまあまあ穏やか
気合い入りますね

海の中でも超元気の、みくちゃんは、
どんなに泳いでも疲れ知らずでついてきます

濁った中でも
中性浮力もがんばってマスターします

満潮で波がありましたが、エキジットも一人で
大丈夫です

2本目はコンパスやったり、

ウミウシ探したり、

ヤドカリと遊んだり、

ミノカサゴ見たりで、

結構沖まで行きましたが、まだまだ物足りない感じで
なぜこんなに元気なんだろうとびっくりしてしまいましたが、
「若い」では片づけられない不思議なエネルギーを感じました。

そんなパワフルみくちゃんは、私生活でも色んな意味で
パワフルなんでしょうね

元気のない日本には貴重な人材です

僕もそのパワフルの「源」を知る必要がありますね

意外な「真実」を知ることになるかもしれません。

さて、今日は学科デー

明日は、岡ちゃんデー

明後日から、「海」デーです

熱中症に気をつけながら、楽しみたいと思います

RIO

Page 10 of 367« First...89101112203040...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧