福岡のダイビングショップ|スキューバダイビングのライセンス取得はダイブショップ サンライズ

ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

サンライズCALENDAR

ブログ「日々のサンライズ」

11/14 長崎辰ノ口日帰りツアー。
2018年11月15日

こんにちは。マエダサチコです。

今日も海予定でしたが、志賀島潜れず、
平日で参加者が少なかった為、辰ノ口にも行けず、中止してお店で過ごしています。

昨日は人数が集まったので、辰ノ口に行ってきました。

夏だけのダイバーは姿を消し、最近は人も少なく、のんびと潜れるし、
見たい生物や、やりたいダイビングのリクエストも可能な限り対応しています。
よいシーズンになったので、どんどん潜りに来てくださいね。

さて、昨日は36%の濃いエンリッチタンクを使用して、
『アラの巣』付近で、深場ならではの生物観察をすることに。

道中何度もヒラメに出くわしました。

辰ノ口で見るヒラメのサイズにはいつも驚かされます。

イワシたくさん食べて育ったんでしょうね。

どこへ行っても昨日はイワシの群れが圧巻でした。

こんな日は、肉食魚たちの捕食行動をいろんな場所で確認できるのが嬉しいですね。

水深30m付近にはヤズの群れも入ってきました。

しかもいつもは薄暗く濁って不気味な様子の『アラの巣』周辺ですが、
昨日はかなりきれいでした。

ツボヤンはコイボファミリーに会えて喜んでました。

でも、本当は純粋な『コイボウミウシ』に会いたいんですね。
ログブックに書いているのを見てしまいました。笑

最近講習が多かった小夏丸は
久々の辰ノ口ファンダイブにノリノリ。

辰ノ口に来ると日帰り旅行気分で、前日からワクワクが止まらないそうです。笑

1本目の帰りにカエルアンコウを見て帰ろうかと思ってたのですが、
私が道を間違えてしまいましたので、
2本目はちゃんとカエルアンコウを見に行くことになり、
珍しく西2本コース。

途中、卵と一緒にいるニジギンポに会いました。

辰ノ口はまだ水温21度もあるので、11月でもこんな姿を拝見できます。

そこから目的のカエルアンコウまで約10分。

居ました!

今のところいつも同じエリアに居てくれるので、
探しやすく高確率で会うことが出来ます。
しかし、自然の生き物なので、いつ居なくなるか分かりません。
会えるうちは是非見ておきたいレアで大好きな生物。

それをじっくり観察した後は、いろんなエビを見てきました。

オルトマンワラエビ。

ヒトデに居るエビ。

ヒトデヤドリエビ。

ウミシダに居たアカスジカクレエビ。

岩の穴の中に居るオトヒメエビなどを

頭を突っ込んで写真を撮ったりしてきました。

最後は浅いところでガンガゼ駆除。

長崎の漁師さんは今禁漁中だそうで、
来月になるとアワビ解禁され、魚介類を採取するそうです。
ガンガゼが増えすぎると、磯焼けして、魚介類が育たないので、
ガンガゼ駆除のお手伝いですね。

すごい魚たちが群がります。
釣りで人気のイシダイもガンガゼが大好き。
釣具屋さんでは時々餌としても売られています。

そこで、気になるのがそのお味。

みんなで一口ずつ食してみました。

ぱく。

口に入れた時は、あまり味がなく、口当たりも悪く感じましたが、最後にきちんとウニの甘みが口の中に広がり普通においしかったです。

そして、普段何か食べる時に、誰かにそれをを取られる心配のない陸の上ですが、海の中では魚たちとの奪い合いだったのがなんか少し面白かったです。
食べやすくて美味しそうな身の部分を殻から出す際に、ベラたちがむっちゃ奪いに来るのを払いのけ、ちょっとむきになりながら、食させて頂きました。

そう、お腹が減っていたのです。笑

伊王島温泉で温まり、
閑散とした中華街でビールと中華を堪能して
遊び尽くして帰ってまいりました。

ご参加の皆様、ありがとうございました!

11/11 レスキュー講習
2018年11月14日

最近、カメの話題で持ちきりですが、
出たのが志賀島ですから、そうなるのも
無理はありません。

そのウミガメは、
鹿児島から五島を経由して日本海を
回遊していた際、ちょっとエサ探しに
志賀島に立ち寄り、休憩中ダイバーに出会い、
初の人間とのご対面。

ひとしきりご飯を食べたら、定置網を避けながら、
日本海の黒潮に乗って、能登半島へ。

老体ですから、そんなに急いで泳げませんが、
知能は高く、幾たびの修羅場をくぐり抜け、
これからの余生をどのように
過ごすか考えています。

そして、そんなウミガメの一生に1回のダイバーとの対面が
たまたま自分だったと想像し、大自然へ想いを馳せるのがロマンなのです。

それは、ダイビングでも、サーフィンでも、
釣りでも、登山でも、自然と遊ぶ醍醐味は
ここにあります。

ロマンのない趣味は何の感動もありませんし、
何の成長もありません。

ただの、気分転換です。
(僕がごくたまにやるカラオケと同じ)

今回のウミガメが、特にロマンに満ち溢れているのは、
滅多に出会わない上に、大型爬虫類だということですが、
他の生き物でも同様にロマンはあります。

そして、生き物を見たいだけなら
水族館に行けばいくらでも見れます。

しかし、そこにロマンはありません。

釣りもそうですが、釣り堀で
ヒラマサが釣れたら、感動1ですが、
自分で調べて行った磯で釣れたら、
感動は100以上です。

そこに大きさは関係ありません。

想いをどれだけ馳せたのかというのが、
重要です。

ですので、よくダイビングショップの
売り言葉にある
「ここにはマンタがいますよ!透明度いいですよ
楽しいですよ!潜りませんか」

が嫌いです。

「マンタはいることにはいますが、
別にマンタ出なくても、色々探したら
面白いのいると思いますよ」

くらいでちょうどよく、

何なら、
「マンタいないけどここでいいっすか?」

でもOKです。

むしろ、
「その辺で潜ってきていいっすよ!
何もいないかもしれないけど」

がベストかもしれません

あと、貝殻とかで、生き物隠しておいて、
客に見せたら、また丁寧にしまうショップが
ありますが、僕は絶対にやりません。

そんな風に見せることを
僕は「海の珍獣水族館ガイド」と呼んでいます。

気持ちはわからなくもないけど、
そこは、一期一会を演出するのが
プロとしての礼儀ではないかと思うわけで
僕は基本的に、潜ったみんなで一緒に探すことにしています。

生き物達と波長が合って、海とつながれば
何か得るものは、必ずあると信じていますから。
どんな海でも。

そして、今回のカメはしょーくんへの
メッセージだったのではないかと
勝手に思っていますが、
サンライズのみんなもそう思っていたようです。

出会いに偶然はありません。

そう、前世でめぐちゃんと舞ちゃんが
夫婦だったように。

そして、僕はレスキュー講習中
見に行こうと思えば、行けましたが、
なぜか行こうと思いませんでした。

それはなぜだかわかりませんが
行く気がしなかったので、
出会うべきで時ではなかったんでしょうね。

行かなくて正解だと、今でも思っています。

さて、レスキュー講習の様子ですが、
ぬなとふじこの
テンションHIGH &LOWコンビ

僕の必死の演技も、ふじこにはスルー気味

ヌナには、適当に扱われる始末

長年の経験から、相当に洗練され、演技性が高く、
現場で役に立つレスキュー講習だと自負しておりますが、
まあそんなもんですよ。

初めて受ける方は、いいも悪いもわかりません

それより、アメフラシの方が感動するんです

オトシゴとかね

ほんとは生物みたいけど、
捜索は、真面目にするヌナ

引き上げも真面目

真面目にしないと、帰ってシャワーご飯食べれませんからね

一応、頑張る

でも、救急車呼んでないから
やり直し

ふじこはもっとやる気なし子だけど、
一応頑張る

おろるのを、我慢我慢

体力的にも、精神的にも
限界でしたが、なんとか終えました。

ヌナは、もう一回やり直して、終えましたが、
やり終えた充実感や達成感よりも、やっとご飯が食べれる
安堵感を感じたような気がしました。

でも、このスキルと知識はそのうち
必ず役に立つと思いますので、
その時まで忘れないでくださいね。

ちなみに、現在すでにAM2時。

こんなにブログ書くの遅いのかと言いますと、
めぐの誕生日だったからで、
みんなでパーティーしてました。

おめでとう。

今年は、本当の自分を見つける年に
なりそうだね。

そして、今日からお酒やめましたので
全く飲んでいません。

このまま飲んでたら、早死にしますので、
もう飲みません。

本当です。

湿疹もひどいし、頭痛もするし、
お酒は体に合いません。

ものすごい前からわかっていましたけど。

でも、今回から本当にやめようと思っています。

応援してください。

男性が、人間としての生物的価値がなくなる
50歳になるまでは生きようと思っていますので。

残り9年間
よろしくお願いします。

RIO

11/11 アオウミガメに遭遇した日。
2018年11月13日

こんばんは。マエダサチコです。

今日は海がもともとなかったので、ゆっくり出勤です。

ブログタイトルにもある通り、
日曜日に思いがけず、志賀島でアオウミガメに出会いました。

これは私の15年程のダイビング人生の中で一番驚いた瞬間でした。

2日経った今も、興奮覚めやらぬ感じですが、
SNSにアップしたところ同業者の方やゲストからの反響も大きく、それにも大変驚いています。

そんな奇跡的な出会いのことを綴ります。

この日は日曜日だというのに、RED講習生の2人と、それを担当するRIOさん。
他にゲストは無く、
おそらく初めて非常勤DMの翔君と
マンツーマンで潜ることになりました。

しかも、翔君は普段自分から『この日海行きたいです。』
と言ってくることは殆どないのですが、
この日は珍しく
『仕事なかったら、ファンダイブでもいいから潜りたい』と申し出たので、お店番も居るし、黒瀬だったし、OKしました。
最近ずっと白瀬だったので、
黒瀬の生物やウミウシも気になっていたし、いい機会だと思いました。

しかも、透視度も良くて地形がよくわかるので、
生物探しに加えて地形の勉強にもなりました。

生物は、浅いところに白瀬と同じくムカデミノウミウシが沢山いたり、

カタクチイワシの群れがキラキラと泳いでいて、

それを狙うヒラメも印象的でした。

黒瀬のメインポイントの大岩の位置や、
それに続き、点在する岩の位置や特徴を確認しながらじっくり潜ることが出来ました。

その周辺の水深12m~17m付近の岩で生物も探してみると、

黒瀬名物ツユダマガイは相変わらずたくさんいました。

しかし、珍しい生物やレアなウミウシ類は無く、
白瀬よりも生物は少ない印象で、
翔君が見つけた「ガイコツパンダホヤ風」のホヤや、

小夏丸の好きなアメフラシなどを見て、1ダイブを終えました。

2本目は生物探しはそこそこにして、大岩の西側のエリアを捜索予定だったんですが、ズレてしまい、1本目と同じ東側のエリアに出たので、軌道修正し、大岩に到着。

岩の形を確認しながら、私は岩の中層を、
翔君は岩の上の方を泳いでいたのですが、

何気なく下に目をやると・・・

岩かと思いきや!

カ・カ・カ・カメーーーーーーーーーーー!!

思わず二度見。

カメラを持っていなかった私は、
翔君に急いでこのことを伝えました。

これがその時の1枚。

躍動感がすごい。

そばに寄ろうとしたのですが、
上から私たち2人が来たことで驚いたのでしょう。

カメは猛スピードで逃げていってしまいました。

あぁぁぁ~~~~~~~。

仕方なし。

この後、普通なら地形の復習に戻るのだろうけど、
なんとなく翔君に『カメ探し』を提案。
翔君が『NO』と言うはずもなく、
そのままカメが泳いだ方向に泳いでみました。

すると・・・

そこから15mほど沖に泳いだ、

水深14mくらいのところに

居ました。

間違いなくさっきのカメ。

今度は驚かさないように視線を低くして、後方からゆっくりと近づきました。

でか!

甲羅だけで1m以上はあり、
齢50年以上は生きているんではないかという
オスのアオウミガメでした。

その後、再びカタクチイワシの群れがやってきたり、

ミノカサゴが遊びに来たり、

まるで竜宮城にでも遊びに来たかのような不思議なひと時でした。

甲羅や手足、尻尾や顔などかなりじっくり観察もさせてもらいましたが、全く動じず記念撮影にも応じてくれました。

30分以上も1匹のカメとこんなに長い時間を過ごしたのは、私のダイビング人生で初めての事でした。

甲羅にも触れさせてもらえ、
握手もしてもらいました。

その大きな甲羅には緑色のコケと大きなフジツボ2つがとても印象的な個体で、圧倒的な存在感と威厳を感じました。

そして、妙に神秘的で、
なにか感慨深い気持ちになりました。

随分長く一緒に居たので、そろそろ戻ろうかと思っていたら、そのタイミングで泳ぎ出したウミガメ。
そして、一緒に3分間ほど泳いでくれました。

徐々にウミガメの泳ぐスピードが上がり、ついていけなくなりました。

この後ウミガメは、相島の方向に消えていきました。

これまで何度もウミガメには会いましたが、
ここ志賀島でウミガメに会えるとは思ってもなかったので、
驚きや感動はひとしおで、
これまで何度も地元の海に通い、
人知れず海のことや自然のことを勉強し続け、
みんなに伝えようと努力してきたことが、
おこがましいですが、
ようやく少しだけ海とつながった気がしました。

この個体は、きっと居着きの個体ではなく、
日本海を回遊していると思うので、
もう二度と会うことはないと思いますが、
このウミガメが今まで見たどんな生物よりも
一番感動したし、一番好きになりました。

石垣島でマンタをみるより、
パラオで回遊魚を見るより、
見たことないけど、
ジンベイザメのポイントでジンベイザメをみるより、
感動は大きく、
一生忘れられない出会いになり、
自然の恩恵に
心から感謝した一日でした。
これからもっと、自然の中で遊ぶことの喜びや、
ありがたみを伝えていけるインストラクターであり続けたいと思いました。

そして、これからも、海と一つになれる素晴らしさを伝えて行こうと思いました。

11/10 素潜り基礎コース
2018年11月11日

今日、黒瀬で店長としょーくんが体長1m越えのアオウミガメを
見たらしいですが、その頃、僕は、同じ場所で
ぬなとふじこと、レスキュー講習にはげんでおりました。

志賀島に15000本潜った葉山さんでも、
ウミカメは、数回しか見たことないことを聞くと
確かにレアなんでしょう

運と巡り合わせがこの世を支配していますので、
今日、思い付きで僕が黒瀬を選ばなければ、
当然会うこともなかったでしょうし、
逆に白瀬でもっと面白い生物を見ていたかも
しれません

同じ時間に、無限の可能性が同時進行している
パラレルワールド、量子物理学的に言うと
数ある現実のどれかを選んでいるのかに過ぎませんので、
やはりこの世は誰かに支配されているようにも
思えます。

ですので、次にウミガメに会う人は、誰なのかは誰にも
わかりませんが、「タイミング」つまり運という
我々には、制御不能なものを「上げる」しかありませんが、
この方法はまた次回にでも、ご紹介します。

さて、最近の日常ですが、暇さえあれば
サイト作成、それは海や講習の隙間時間で
作り、夜は、連日のプチ飲み会、
また、腸腰筋(最大のインナーであり鍛えにくい赤筋)
を鍛えるため、波多野式ハイボルテージ療法に通い、
ジムでアウターマッスル(白筋)を鍛え、
その他、自分の遊びを追求するという
過度な行動で、日々過ごしておりますが、
そのせいか、いつまでたっても
風邪をひいた名残の咳が止まりません。

有機酸検査をして、オーソモレキュラーで
体質ごと変えればいいんでしょうが、
そこまで今、やる気がおきませんので、
ほったらかしです。

しかし、体脂肪、筋肉量(インナーアウター)をあげて
寒くなく、動けて、脳も活性化している体作りは
ものすごいやる気があります。

これは買おうか悩み中
世界最小のウェアラブルデバイス
Apple Watch Series 4 よりもおすすめです。

「見た目よりも、中身」は体にも言えることですが、
50になる頃には、自分の未知なる体の領域を
知りつくすことが最大の興味になっているんだと
思います。

話がそれましたが、昨日はDMともきとコンバットの
素潜り基礎コースの2日間バージョンを行いました。

現在は、4日間で定着していますが、以前は
2日間でした。

それを1日で全部やってしまうという
強行スケジュールでしたが、二人は
やはり「潜るプロ」なんだと実感しました。

現在、素潜り基礎コースを受けにくる
方は、ほぼ海に潜ったことがない方ばかり、
4日間をマンツーマンで教えても、
まあ、一応潜れるレベルになったね
という感じです。

もちろん、素潜りに関する知識や技術は
十二分に教えていますが、それを完全に習得するには
本人の経験によるところが大きく、
さすがに4日間では足りません。

そういったいつもの感性で
素潜りコースをスタートしたのですが、

耳抜き

水中スタティック(ちょっと怖い)

ジャックナイフ(耳抜きにコツがいる)

レスキュー(おぼれがち)

教えたらすぐに出来てしまいますので、
教えるのが楽しくなります。

プロテストには合格してない二人ですが、
いつの間にか、スキルはあがり
上手いんではないのだろうか

井の中の蛙で、平均がわからなくなって
いるのかもしれません。

僕が教えたり、見てきたイントラを
思い返すと、体力や技術があっても、
「一部分」だけだったり、知識が偏っていたり、
良識がなかったり、人間関係の構築が不十分だったりと
勉強が不足している人を多く見てきました。

物事をトータル的な視点で、俯瞰で見れるように
なっていくことが大事なのは、言うまでも
ありませんが、そこまでやる人はなかなか
いません。

逆に、そこまでやらなくても生きていけるから
やるのは大変です。

しかし、そんな視点を徐々にでも手に入れ、
「自分で考える力」を養っていくことが
サンライズにおける最大の目的です。

それは、サンライズを通じ、
遊びと経験から、自然と得ることができる
誰にも奪われない知的かつ技術的財産は
変化の多いこれからの人生には欠かせません。

コンバットもともきも、いつの間にか
ダイビングと人生が成長している
のを、実感できた一日でした。

経験に勝るものはありませんので、
ネットや人から聞いた情報でやった気になった人と
経験をした人とでは、人生の質はまるっきり違います。

僕はこれからも経験を積むため、
みなさんを詳しく取材していきますので
どうぞお付き合いくださいませ。

RIO

11/10 150分ロングダイブ。
2018年11月10日

こんばんは。マエダサチコです。

今日も志賀島に行ってきました。

連日白瀬続きで、漸く白瀬の事が少しだけ分かってきました。

知れば知るほど魅力的な海です。

さて、今日はこちらの方たちと一緒に遊んできましたよ。

半分以上がプロダイバー、わりとベテラン勢が揃いました。

おっくんやトミーにガイドお願いしようかとも思ったけど、

2人の熱い要望で私のガイドで潜ることになりました。

喜ぶトミーちゃん。

わんわん。

久々白瀬の人が多かったので、1本目は最近の面白生物たちを捜索。

おっくんんも久々のファンダイブで
じっくり写真を撮ったり、
好きな生態観察して楽しそうにしてたので、嬉しかったです。

つるっこも、好きすぎるタツノオトシゴを真剣にカメラにおさめてました。

うま!

今、オトシゴは4個体が同じ場所に居てくれてるお陰で、

レア感は全く演出できませんが、毎回あえて幸せです♡

昨日と同じ固体か分かりませんが、
今日もヒョウモンダコがおりました。

あんまり刺激すると向かってくるので、少し離れて観察したいものです。

連日観察しているマダコも1個体だけまだ卵を抱えています。

1か月食事を摂らずに卵のお世話をしているお母さんダコ。
もう少しがんばってね。
と、みんなでエールを送ってまいりました。笑

ウミウシも相変わらず多いんですが、
今日はなぜかミツイラメリウミウシがかなり群れてました。

アカエラミノウミウシもちらほら。

サガミミノウミウシもちらほら。

この子は数が減った気がします。

この子も。

この子は確実に増えています。

今年もきっとはびこりますね。

水面少しバシャバシャしてたけど、
フジリンも酔わずに潜れて一安心。

他にもみんなでベラの繁殖行動を見たりしながら
80分オーバーの奥の深いダイビングになりました。


2本目はまったり地形と群れを堪能してきました。

最近は沖の岩場が私のお気に入りエリア。

運が良ければ、小魚を狙ったブリやヒラマサ、カンパチの群れに遭遇し、
むっちゃ興奮します。

これはヒラマサではありません。

群れにアタックするザッキーです。

今日も気持ちのいい海でした。

みなさん、楽しい時間を今日もありがとうございましたー!

明日も志賀島潜ってきまーす!

Page 5 of 453« First...34567102030...Last »
  • 日々のサンライズ

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧